【風俗未経験の女性には必ず読んでほしい!】風俗で稼ぐ鉄板ルール3つ

春から新生活が控えているのにその準備をするお金が…ない。

引っ越しの資金に家具、洋服に、旅行などなど何かとお金がかかってしまうのに、そのお金を一気に準備する手段が…ない。

この時期になるとこんな内容のご相談も増え始めます。

そこで今回は、風俗未経験者の女性に少しでも役に立てたらと思い「風俗」という手段を使ってうまく稼ぐコツについて暴露したいと思います(`・ω・´)

2月、3月の閑散期に移籍や掛け持ち、出稼ぎを検討されている風俗嬢の皆さまにも是非、改めて参考にしていただけるとありがたいです。

風俗で稼ぐために必要なルール3つ

「ルール」と言うと身構えてしまいそうですが〝風俗=楽して稼げる仕事ではない〟のが現実です。

「脱げば稼げる」時代は10年以上も昔の話で、ここ数年の働く女性の増加と共に競争が激しくなってきています。

「風俗をやっている意味がない」ぐらいの稼ぎではめげてしまいますよね?

皆さんが「風俗の仕事を選んでよかった」と安心して豊かな生活を送り、1日でも早く卒業するためにも「風俗で稼ぐ」ことに対してストイックに追求していきましょう♪

1日に稼ぎたい金額の目標を持つ!

これいきなり重要なことなんです!

  • なんとなく稼げればいいかな~
  • ちょっとでもお小遣いの足しになれば十分

そんな女性もいらっしゃるかと思いますが、風俗の仕事を希望する女性の大半は「1日いくら以上稼ぎたい」と目標を持っていることと思います。

或いは、風俗高収入求人サイトをご覧になって「本当に毎日そんなに稼げるのかな」と疑心暗鬼になっている方もいらっしゃるかもしれません。

せっかく勇気を出して、恥ずかしい思いとか大変な思いをして風俗業界で働くからには、高収入を短期間で稼ぎたいですよね!むしろ高収入に繋がらなければこの仕事を選択した意味が全くありませんよね?

内緒で風俗の副業をされる女性も、学生さんでお小遣いや学費を稼ぎたい方も「出勤するからにはいくら以上稼ぎたい」と明確な目標を持ってください。

目標がある女性とない女性ではモチベーション貯金のペースが大きく変わります。

目標がない女性は今まで自分が手にしたことのないような金額がどんどん入ってきますので気持ちも緩くなり、また「これだけカラダ張って頑張ってるんだからこのぐらいいいかな…」と財布のヒモもどんどん緩くなってく傾向が強いです。

もちろん自分にご褒美を与えることも大切ですが〝風俗を始めた意味や目標〟を見失わないように。

本当に必要かわからないものやアクセサリーばかり増えてしまうようでは風俗の魔のループにはまってしまい、いつまで経っても卒業できなくなりますので注意してください!

自分が出来ることは全力を尽くす!

  • 風俗の仕事は脱げばそれなりの高収入が稼げる♪
  • 特に自分が努力をしなくてもお店から仕事は回ってくる

と思われている女性は多いのではないでしょうか?”(-“”-)”

何もしなくても予約が回ってきて1日を終えてお給料がもらえる♬

それはまさに理想的ですが、正直現実はそんなに甘くはありません。

出張型風俗店(デリヘル)はどんどん増え、風俗の仕事を選択する女性の数も右肩上がりの昨今。

風俗業界は店舗も風俗嬢も競争に打ち勝った人しか満足に稼げなくなっています。

※もちろんお昼間のアルバイトやOL職よりは数倍も稼げる可能性はありますがあくまで自分が満足だと思う稼ぎ方ができる女性は年々少なくなってきているのは事実です。

風俗をやるからには徹底的に稼ぎたいと思いませんか?

私は現役のときはそういう想いで日々お仕事に夢中になっていました。

  • 一度呼んでいただいたお客さまにまた呼んでいただけるよう100%の接客
  • スキンケアやメイク、ファッションなど外見だけでなく内面の自分も磨く
  • 写メ日記の更新

この3つを留意してスキのない接客・仕事への姿勢で他の風俗嬢に差を付けましょうd( ̄  ̄)

お客さまが「また呼ぶね」と思ってくださる接客が、次回のあなたの稼ぎと店舗の信頼につながるのです。

  • お客さまに好かれる接客術
  • お客さまに合わせたトーク術
  • 効果的な写メ日記の投稿術

などわからないことがあれば何でも私たちNAISHOスタッフに聞いてください!いつでも携帯握りしめてお待ちしております♡w

自分が安心して稼げる風俗店を見つける!

自分が稼げるかどうかは、お店選びが一番重要になってきます。

せっかくルックスやトーク術も雰囲気も良好なのに「予約が回ってこない風俗店」に入店してしまったら稼げませんよね?

お魚のいない池ではお魚を釣ることはできないのです!

ではどんな店舗が稼げないかをピックアップします。

  1. 在籍女性や出勤人数が多い
  2. 新人入店が相次ぎ、自分が目立たない
  3. スタッフの対応が悪くお客さまが定着しないお店

どんなに電話が鳴っていても、待機中の女性がたくさんいたり、新人さんが多かったりすると自分が目立たなくなってご指名が入りにくくなります。

また、中には固定客の定着が少なく、新規客を狙うことが中心のスタイルの店舗ですと、電話の鳴り自体が少ないので要注意です。

店舗の正しい選び方については風俗で働く女性にとって大事な項目ですのでこちらの記事も参考にしてみてください。

最後に

風俗店の多くは、在籍数を増やしたいがためにとにかく高収入求人を出しています。

※店舗側は在籍の女性を増やすことが集客の近道なのです。

しかしその中に記載されている「日給〇万円以上可能」は果たして本当に稼げる金額でしょうか?

ウソ偽りの求人が多い中、物理的に可能な手取り金額を求人に記載している良心的な店舗も存在します。

みなさまもネットで色んな情報やお店を検索したと思いますがもはやカオス過ぎて何が本当で何がウソなのか」判断が難しいと思います。

誰かに相談しようにも〝風俗の仕事をしようと思うんだけどどの店舗がいいかなぁ〜?〟なんて気楽に相談できる相手がいない女性が圧倒的に多いのが現状で1人で悩んでしまいがちですがそれは結果的に孤独で辛い自分との戦いになり、多くの場合解決しません。

もし、この記事を読んでくださった女性に相談相手がいないのであれば是非、貴女にぴったりの風俗店と働き方をわたしも一緒に考えさせてください♡

btn_line今すぐClick!!お店探しの相談は24時間受付中♪

成宮さくら
風俗嬢経験と風俗店スタッフ(求人担当からドライバーまで)経験あり。風俗店での”女性を騙す”ような求人方法に嫌気が指しNAISHOでのライター&相談業務を開始。働く側と雇う側にいたこれまでの経験を「とにかく女性の役に立ちたい!」という強い思いで活動しております。