【風俗嬢はSとMのどちらであるべきか?】これが理解できれば本指は確実に増える!

こんにちは!

性癖が多彩な「いろは」です。

男女問わず、人の性癖は十人十色。

危ないプレイに魅力を感じる人、至ってノーマルなプレイが好きな人、マニアック過ぎて人には理解されないプレイが好きな人。

人類の数だけ性癖が合ることが普通です。

色々な性癖の持ち主がやって来る風俗は、性癖の宝庫と言っても過言ではありません。

たくさんの性癖の人を接客する風俗嬢は、果たしてS」M」どちらであればいいのでしょうか。

今回は性癖と風俗嬢の立ち位置を私なりに紹介します。

あなたはSですか?Mですか?

SとMどちらが風俗では人気があるのか

SとMというのは生まれてからの経験や体験の中で形成されていくものだと思います。

ちなみに私はSとMどちらかと聞かれると、根っこの部分はMです。

デリヘルのお客さんは私個人的にはSの人5割、Mの人2割、ノーマルの人3割の印象です。

もちろんSM系ですと偏りはあるでしょうが、私の在籍していた風俗は一般的なお店でした。

私Mだから人気が出るのね

と思ってもらってもいいでしょう。

確かにSとノーマルの人を接客する確率の方が多いので、嬢がMでもお客さんは満足します。

一般的に女の子はMという風潮が強いので、それに伴って男性はSの人が多めです。

しかしMのお客さんがきた時、いつも通りMとして接客を続けていてはいけません。

風俗嬢の仕事は「お客さんを満足させること」です。

SでなくてもMのお客さんを満足させるため、私たち風俗嬢はSとM変幻自在に使い分けなくてはいけません。

M客とノーマル客が鍵?

Sのお客さんは私にとって楽なお客さんです。

だってありのままのMでいればいいから。

Sの人は攻めていることに興奮を覚え、女の子の感じている姿を見て満足してくれます。

Mのお客さんは嬢が主導権を握り、男性を圧倒的に支配しなければいけません。

慣れていないと、お客さんが何に興奮するのか見つけることができずリピートに繋ぐことはできないでしょう。

Mは男女問わず「わがまま」です。

満足させてくれるまで通うことはせず、次のお店に行ってしまいます。

しかし自分を満たしてくれる嬢に出会うと、長期的に指名をしてくれるので指名本数や給料を上げるいいお客さんになります。

ノーマルのお客さんをリピートに繋げるのはなかなか難しいです。

こだわった性癖がないため、基本的に抜ければいいので嬢は自分の好みから大きく外れていなければ誰でもいい人が多いと思います。

もう一度呼びたい

と思わせるには強烈なインパクトか、忘れられないほどの快感を植え付ける必要があります。

SやM、ノーマルのお客さん全てのジャンルに対応できる嬢こそ、私はプロの風俗嬢だと思っています。

MがSを演じるポイント

Mのお客さんは先ほども言ったようにとってもわがままです。

主導権をただ握って、永遠とお客さんの上で腰を振って素股をしているだけではM客は満足しません。

M客のことを知るにはMになるのが手っ取り早いです

自分がされて嬉しいことを色々試していると、どこかでお客さんの性癖にフィットする部分があるはずなので、M客を満足させるテクニックを身につけるには場数を踏みましょう。

ちなみに私は根っからのドMなので、M客の気持ちはよくわかりました。

リピーターの半分がM客になった頃には、男性が快感で悶える姿に興奮を覚えて、両刀使いにレベルアップしました(笑)

ノーマル客の心を掴め!秘技誘い受け

ノーマル客さんはとりあえずエロいことをして抜きたいだけなので、接客は難なくこなせますが、次に繋ぐことがとっても難しい印象です。

しかし!

私が4年のデリヘル人生であみ出した技なら、ノーマル客さんを満足させる1つの手段になるかもしれないので是非参考にして頂きたいです。

誘い受け」というテクニックなんですが、これを知ったのはBL漫画です。

しかも結構性描写が多いやつ・・笑

簡単に説明すると、誘って相手の興奮を煽っておき、最終的には受けになる手法です。

ノーマル客さんは自分がSかMかを分かっていないわけではなく、プレイが普通でいいと言う人がほとんどだと思います。

ただ抜くために風俗店を利用しているので、かなり大胆に行かないと印象を残せません。

嬢にプレイを丸投げする人には、とりあえず攻めましょう。

キスからの全身リップで下に行き、手コキとフェラのあとは素股で煽ります。

男性の上になって素股していると、表情がよく見えます。

この反応でお客さんがSなのかMなのかを見極め、Mならそのまま見下しておきましょう。

Sならさらに見下してS本能を煽ります。

ただ普通に抜くだけに来た人のプレイに色をつけることで、きっと印象に残ること間違い無いでしょう。

その他大勢ではなく「価値のある1人」に

風俗嬢はお客さんの頭と体に自分の記憶と快感を植え付けた人が勝ちだと思います。

次に呼ぶ時「誰でもいい」と思われてしまったら、数多くの中の1人で終わってしまいます。

お客さんにとっては風俗嬢は選びたくても選べないほどの数がいますが、嬢にとってそのお客さんは1人だけです。

お客さんの記憶に残るたった1つの存在になることを常に意識して、変幻自在に自分を操ってください。

SにもMにもなれるとまた新しい世界が見えて、プレイにも幅が出るでしょう。

btn_line今すぐClick!!ご相談はお気軽に24時間受付中♪

いろは
17歳から援助交際を始め「セックス依存症」になった私は18~22歳までの4年間デリヘルで働き続けました。その結果、残ったものは「過度の不眠症」と「ストレス性じんましん」で現在はチャットレディと風俗ライターとして風俗関連のコラムを始め自分が本当に好きなことをして生きています。風俗のことをもっと知ってもらいたい。悩んでいる同性の女性に少しでも私のコラムがチカラになるよう日々奮闘中!