【風俗求人の内容は大半が悪質!】その根拠をズバリこちらの記事で暴露します

元・風俗嬢&風俗店スタッフの成宮♀です。

年末年始のドタバタが過ぎ何か新しいことを始めようかな?とお考えの女性は多いのではないでしょうか?

また、これから春の新生活やお子さんの入園・入学に備え「手っ取り早く風俗の仕事でも始めよっかな…」と検討される女の子も増えてくる時期です。

特に小さなお子さんがいる中でのパートや就職はとても大変です。限りある出勤可能な曜日や時間帯に合う求人をやっと見つけて応募をするも

電話→履歴書送付→面接→不採用…という流れをたくさん見て来ています。

人生なんでこんなに上手くいかないんだろ( ;∀;)

仕事を探すにも2週間~1ヶ月はかかりますから上記の流れを繰り返すうちにさっさと風俗店で効率よく稼いだほうが話は早い!と考える方も多いはず。

そこで今回は、私が経験してきた中で「こういう風俗店は避けるべき!」という注意点を書こうと思います(`・ω・´)

悪質な風俗求人の見分け方

ウソの風俗女性求人広告

ネットで「風俗 女性 高収入」とググッて見てください♫

「バニラ」「イチゴナビ」「ガールズヘブン」「ぴゅあじょ」などなど、風俗店の求人掲載されている媒体が出てまいりますね。

私はその中で「ガールズヘブン」の求人担当を行なっていましたが…

広告に偽りあり!

今だから懺悔します!私も求人担当の時にウソ・大げさ・誇大広告やってました(-_-;)

本当に同じ女性の方たちに申し訳ないことをしてしまったと思ってます。

「短時間で高収入稼げます♪」というのは全くの嘘というわけではありませんが毎日・全員が短時間で必ず稼げるとは言えません。

  • 雰囲気のいいお店です♪
  • スタッフみんな優しいです♥

↑白々しいウソをつく毎日で心折れてました(/ _ ; )

職場のスタッフ全員がイヤな人間で多少の雰囲気の悪さがあったとしてもこの手のウソは書いていたかもしれませんが、風俗の求人で「雰囲気良好」「スタッフもキャストもいい人」「アットホームでみんな仲良し」何の信ぴょう性もありません。性格がよくてチームプレイが良好な人が集まり嫌な人が一人もいない風俗店なんてほとんど存在しません。

「安心・安全に稼げます」これも100%真実とは言えません。。。

「知人バレ対策」を掲げている風俗店求人も多いですが、地元を離れた出稼ぎ以外絶対に知り合いに会うことなく誰にもバレないで稼ぐ」なんて不可能です。

どんなに風俗店が徹底した顧客管理システムを使用していても、知り合いの方が普段使っていないヒミツの携帯電話から予約の電話をかけてくるとか想定外の出来事は起こりえます。そもそも風俗求人に記載してある内容として「絶対に」というのが嘘です。

そんな嘘大げさな表現が当たり前の風俗店。

経営者や勤務しているスタッフの中にも色々な人がいます。

ビジネスとして真摯に風俗業を取り組んでいる経営者もいますが、残念ながら少数派です。

大半の風俗店は「短時間で高収入」と求人に記載しておけば簡単に稼ぎたいと思っている女の子が引っかかると勘違いしています。そして入店した女の子のことはお店の商品として稼がせる道具としかみていないのです。

女の子がいないと成り立たないのに、女の子を大切に出来ない風俗店。お客さまのことでさえ大切になんて考えず「そのときに稼げればいい」とバカにして風俗の仕事をしているスタッフも多いんです。

果たしてそんな風俗店で自分は安心して稼ぐことができるのだろうか?

ここまでの記事では風俗店が一切信用できなくなりますよね…。

  • コース料金が高めで女性キャストバックも高め。
  • 電話の鳴りも良好で休みなく予約が回ってくる。

そんな風俗店でしたら、求人の記載に書いてある通り間違いなく1日3万円~5万円は軽く稼げます。

しかしそんな風俗店が実際にはどのくらい存在するでしょうか?

風俗業界は天候や曜日、時間帯、季節などでお客さまの波があります。それなのに「どの時間帯でも短時間で高収入が稼げます♪」なんてうまい話はリアルにどこにも落ちてません。

稼げない風俗店

風俗店勤務を経験したことがある女の子の多くは稼げない風俗店が存在していることを知っていると思います。また、これから初め風俗業界にチャレンジしてみようと色々と風俗求人やスカウトサイトなどで下調べしている未経験者さんは「本当に求人に書いてある通りに稼げるのか?」と心配だと思います。

逆にもし何も心配しておらずに風俗求人に書いてあるまま信じ込み「風俗ってこんなに稼げるのか♪」と思っている女性がいたらそうではない事をここではっきりとお伝えしておきます。

風俗は今までに手にした事がないような金額が稼げますが、それはそのお店が持っている集客のチカラ女性本人の努力が必要になります!

風俗店の多くは完全歩合のお仕事。

自分にご予約が入ってお仕事に入って始めてお給料が発生します。

いくら1日12時間出勤していても、自分に予約が1本も入らなければその日のお給料はゼロです。

業界ではお茶を引く」とか「ボウズ」などと言いますが、せっかくあなたの貴重な時間をお店のために費やしたのに丸一日待機して、すぐにお仕事に行けるように準備していてもお給料はゼロ。

これではめげちゃいますよね。

そんな努力しているのに「出勤した日に全く稼げなかったら困る」と言う女性のことを考えて待機保証を用意している風俗店もありますが、ごくごく少数ですのであてにしてはいけません。

風俗店の大半は「仕事に入ってサービスしたらその分がお給料に反映」される仕組みだからです。

本当に高収入を自分が稼げるのか、不安で悩みますよね。

では「稼げるお店」と「稼げないお店」はどうやって見抜いたらよいでしょう?

風俗店はお客様商売ですから需要(ご予約・お客さま)に対する供給(女性キャストの数)のバランスが良好なお店なら安心です。

いくら高収入を掲げていても、在籍している女の子がやたら多く、自分が希望する時間帯に出勤人数が多いお店はそれだけお仕事が回ってくる確率が減ってしまいます。

シティヘブンやデリヘルタウンなどお店がお客様用に掲載しているサイト(店舗HP)のキャストの在籍一覧は確認するようにしてください。

その風俗店の中で「自分のレベル」が釣り合っているかどうかも稼げるかどうかに関わってきます。

在籍している他のキャストを見て、年齢や容姿、キャラクターや出勤時間帯で差し引きして、自分がそこのお店で張り合っていけるかどうかも重要なポイントです。

※HPのパネル写真は男性客からの見栄えを良くするために必ず修正をかけています。一見すると「みなさん超美人」と思ってしまうかもしれませんが実際はそんな事ありません。

また、自分が入店するタイミングに他の新人さんが多いお店は要注意です。新人期間は稼げる時期なのに、同時期に5人も6人も新人さんが入店していたらどうでしょう?

自分が目立たなくなります(゚Д゚;)

新人さん狙いのお客様をそれだけ確保できる営業力のあるお店でしたら別ですが、数には限界があります。

新人期間は一番稼げるチャンスの時期なので、うまく活かせる風俗店でなければ意味がありません。

自分のキャラクターと他の在籍キャストとのバランス、そして店舗の営業力が稼げるか稼げないかに関わってきます。

風俗店にはギャル系・人妻系・ぽっちゃり系など容姿や年齢層でのお店のカラーがありますので、自分のキャラクターに合った風俗店を選択することも収入に関わる大きなポイントになってきます。

自分が高収入を稼ぐには

  1. 自分のキャラクターが活かせる
  2. 店舗の固定客(会員)も新規顧客もバランス良く多い
  3. キャストも顧客も大切にする、サービス業としての基本が出来ている

↑この3項目が重要となってきます。

「稼げるお店=人を大切にするお店」でもあるのです。

これらが当たり前に出来るお店なら安心です。逆に言うと、働きに来てくれる女の子やお客さまを平気で騙すような風俗店では安心して稼ぐことは厳しいです。

風俗をやる上で稼げるか稼げないかを左右する一番大事なことが店舗選び!しかし、それが一番難しいのが現状のみなさんの悩みです。求人サイトには載っていない内容を私たちは全て把握してますので店舗選びは任せてください♪

女性キャストを大切にしない風俗店

女性キャストはお店にとっては大切な商品です。

「商品」という表現がイマイチよくないですけど、女性キャストがいてくれるおかげで風俗店はビジネスが成り立つものです。当たり前ですが女性がいなければビジネスにはなりません。

故に、女性キャストが仕事しやすいよう、女の子を大切にすることは風俗店の基本です。

それを認識していない風俗店はもってのほかです。

意外に多いパターンが俺たち(私たち)が予約を取ってやってるから稼げるんだと上から目線の風俗店スタッフ(-_-;)

↑いやいやいやいやこれ完全に逆です。

女性キャストが入店してくれた、出勤してくれたから、お客様のご予約が入るんです。その女の子に感謝する気持ちを持てない風俗店スタッフは残念ながら結構います。

風俗店勤務のスタッフの多くは、何かを勘違いしている人も多いです。

送迎スタッフや女性キャストに対しても業務内容的に「指示している立場」と錯覚し、自分がえらい人である勘違いをしているちょっと痛めな人です。風俗店は「女性キャスト」と「スタッフ」それに「送迎ドライバー」も含めた二人三脚で、優劣の関係はない協同作業で成り立っています。

強いていえば、女の子ありきでの商売ですから店舗の受付スタッフが立場的に上!ということは絶対にありません。しかし実際のところは「女の子が働きに来てくれているか自分たちもお給料がいただける」ということを認識していないスタッフ(特に男子)は多いです。

私は女性だからという訳ではありませんが〝風俗業界も立派なサービス業〟でお客様も大切ですが、働いてくれているキャストあっての風俗店だと思ってます。

女の子を大切に出来ないお店が、売上を伸ばすことが出来るでしょうか?

出勤してくれた女の子が辛い思い、イヤな気持ちを抱えながら接客に入ってお客さまのリピーターが付くでしょうか?女の子が安心して笑顔で接客に入れる環境づくりは大切です。

そんなことも出来ないで「嫌なことを我慢しなければ稼げないから!」なんて発言をする風俗店は避けてください。

「女性キャストに嫌な思いをさせない」ただそれだけのことも出来ないお店が、年がら年中、風俗サイトに求人を出していることを知っておいてください。

ちょっとだけヒント☆

ガールズヘブン(ヘブンネットの女性風俗求人)に掲載されている「店長ブログ」には、お店やスタッフの雰囲気を伝える要素があります。

「高収入」「高待遇」「スタッフがいい人で雰囲気がいい」などはまずウソだと思ってください(・∀・)

ブログの役割は、誇大広告を載せることではなく、ブログを書いている人の気持ちや人柄を伝えることが目的でもあります。「とりあえず適当に高収入とか稼げるとか書いたブログ更新しておけば高収入のキャッチコピーに騙されて女の子どんどん入るでしょ」程度に考えているスタッフがいるような風俗店は、真剣に稼ぎたくて悩んでいる女の子をバカにしているとしか思えません。

ブログを回数多く更新していれば求人広告が目立つ位置に上がるため、記事の質より量しか考えていないような風俗店は特に要注意です。風俗の求人を探している女の子の目線に立ったら、適当に回数多くブログ更新するだけとか、そんな適当なことはできないはずです。

求人の時点で女の子をバカにしているのですから、入店後にどのような扱いをされるかは想像できますよね。店長ブログを毎回、スタッフが真剣に考えて更新している風俗店は、よく見ると意外に少ないです(笑)

「このお店、いいこと書いてあるし、書いている人もいい人そう♪」と安易にそのお店を判断しないでください。20記事くらいたどって読んでいると使い回し記事を使っているだけという事実も発覚します(笑)

店長ブログは、真剣に女の子のことを考え、みんなが安心して稼げるように配慮できるお店かどうか、スタッフや店長の人柄を見抜く材料にはなりますので、是非、ご参考にしていただけると幸いです。

まとめ

「働きに来てくれている女の子を大切にしたい」そんな思いが実現できない店舗で管理スタッフを続けていくことに嫌気がさして、このNAISHOでのお仕事に巡り合えました。

もし、そこの風俗店が、女性キャストを一番大切にするスタンスのお店であれば、そこのスタッフを辞めることもなく、私はNAISHOと出会うこともなかったでしょう。

前述でお話しましたが、私は風俗店のブログを担当していてウソの求人内容で風俗経験のなかった未経験者さんを騙してどんどん入店させてしまいました。いざ、自分の求人ブログを見て入店してくれた女の子が、他のスタッフからの失礼な対応などで困ったときにメンタルフォローも出来ませんでした。

それは、私がいた店舗は年功序列が強く

  • うちの店に入ったばかりのくせに
  • うちの店のコト何も知らないくせに

と私が意見を言う余地がなかったことが理由です。

自分より先に入社した人たちがえらそうにし、どんなに意見を言っても改善出来なかった風俗店…。

そんな無力な自分にも店舗にも嫌気がさして現在に至ります。店舗に所属していない今だからこそ中立的な立場で風俗店の裏事情を暴露できるようになりました。風俗店が多い中、皆さんには嫌な思いを一切せず、安心して稼いで欲しい。

一人でも多くの女の子の力になりたいという思いでこの記事を書いています。

目先の高待遇に騙されて後悔してしまう女の子が一人でも減りますように…。

これからの時期、風俗業界は移籍ラッシュに入ってきます。前述の新人期間を利用して短期間で高収入を…と検討されている風俗嬢の皆さま♡

そして風俗未経験だけど安心して稼げるお店を…と不安な初心者さんも♡

風俗店の裏側を見てきて、騙されてきた女の子を多数見送ってきたからこそお話できることもあります☆風俗店は悪質なお店もある中で、女の子のことを大切に思ってくれて、本当に短期間で高収入を稼げるお店も存在します。

安心して稼げるお店、一緒に探しませんか?

btn_line今すぐClick!!お店探しの相談は24時間受付中♪

成宮さくら
風俗嬢経験と風俗店スタッフ(求人担当からドライバーまで)経験あり。風俗店での”女性を騙す”ような求人方法に嫌気が指しNAISHOでのライター&相談業務を開始。働く側と雇う側にいたこれまでの経験を「とにかく女性の役に立ちたい!」という強い思いで活動しております。