【風俗で働くなら月100万円以上稼ぎたい!】8桁超えの貯金を目指している女性に贈る接客術③

8桁超えの貯金を目指している女性に送るとっておきのコラムシリーズをお送りします♡

①働き方についてのコラムはこちらから

②働くエリアについてのコラムはこちらから

今回は実際に風俗で8桁(1000万円以上)の貯金を達成した女性が実際に行っている接客術を取材してきました!

意外と、皆さんが意識せずに行っている接客方法が、実は接客術の1つだったりするかもしれません。

でも、接客術だと知らずにやっているのと、意図してやるのでは、結果が全然違ってきます!

「1000万円以上の貯金なんて想像できない…」
なんて考えてしまう方も、ぜひご参考程度にお読み下さい。

「接客」ってどういう意味か考えたことはありますか?

普段、何気に「接客」という言葉を使っていますが、この「接客」の意味を考えたことのある方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

私も今回のコラムを書くにあたり、接客について改めて調べてみました。その中には色んな定義がありましたが、一番すんなり入ってきた言葉が「接客とは何かの目的を持って特定のある場所にやってきた人を受け入れ、お互いの心と心をつなぐ行為」というものでした。

この言葉を風俗業界に変換すると「射精を行う、もしくは女性と触れ合うことで癒しを求めに来た男性を受け入れ、お互いの利害を一致させる行為」というふうに置き換えることができると思います。

つまりは、お客さまから高額のサービス料を頂く代わりに、プレイ時間内だけはその男性を気持ちよく受け入れる姿勢を見せなければなければならない、ということですね。

多くの方が、分かっているようで分かっていなかった部分なのじゃないかなと思います。

どんなお客さまでも受け入れるべき?

どんなお客様でも、上記のように考えれば接客しなきゃいけないということになりますが、中には難しいお客様もおられますよね。

  • 体臭や口臭がキツい不潔なお客さま
  • プレイがハードなお客さま
  • 生理的に合わないお客さま

毎日接客をしていれば色んな男性とお相手することになります。

「その男性を全てを受け入れて接客しなければいけない!」なんてことははっきり言って無理だと思います。そんなことをしていたら8桁の貯金を達成する前に、自分のメンタルが崩壊してしまいます。

では、そんなお客さまが来店された際はどのようにすればいいのか…?

自分の評価が下がるようなことだけはしないように意識をしながら、最低限の接客だけはする!

これが、人気嬢が実際に心がけている接客意識です。

「えっ?当たり前じゃない?」なんて思った方は、もう人気嬢の一歩仲間入りしているってことですよ!

風俗を利用する男性が遊ぶ店舗を探す時の流れとして、ほとんどの場合「口コミ」をチェックします。みなさんがご飯を食べに行く時に「食べ○グ」などの口コミサイトを見るのと同じ感覚です。私たち風俗嬢も何気なく気になってしまう「掲示板」を男性もチェックしているのです。

自分が生理的に苦手なお客さまがいらっしゃった際にあからさまに態度に出てしまったりしてしまうと、これが「悪い評価」として各種の掲示板に名指しで「悪評」として書き込まれてしまう可能性があります。掲示板に書き込まれてしまうと、未来のネット指に影響が出てしまうのです。

掲示板に悪口を書かれたこと、たくさんの方が経験したことがあるのではないでしょうか?
それをたくさんのお客様が実際に見ているのです。それが、ネット指に影響するっていう部分は意外と見過ごされているかもしれません。

さらにはプレイ後にアンケートがあるような店舗だと未来のフリー客に影響が出ます。アンケートは、女の子をお客さまに勧める立場であるスタッフからの評価に影響が出るからです。

「もう2度とこの客にはあたりたくない」そんな場合でも表面上には決して出さないようにする(心の中ではプレイ時間のカウントダウンでもして嫌な気持ちを少しでも和らげる)のがプロのお仕事なのです…嫌な気持ちは死ぬほどよくわかりますけどね!

本指名に繋がりやすい攻めの接客術

「このお客さまにはぜひまた来て欲しい!」と思えるような好意的なお客さまが来店された場合は、本指になるようにガンガン攻めましょう。

毎月100万以上の稼ぎがある女の子3名(シリーズ①参照)に、チャンス客の場合は何を意識して接客をしているか聞いてみました!

  • キスは多めに!
  • とにかく言葉に出して褒める!
  • たくさん笑顔!
  • 好意的に思っていることを匂わす!
  • この女落とせそう!と思わせる

などその女性たちによって攻め方は様々ですが、共通してみんながやっていたことは

まず最初にその男性が何を一番に求めているのかを探るという事でした。

お客さまの趣向パターンは大きく分けて2つに分かれています。

1:プレイ重視(フェチ系な内容も含む)

2:癒しを求めている

プレイ重視の男性にたくさんの言葉で攻めたところで「そんな会話いいから早くやってよ!」という気持ちになられるだけですし、逆に癒しを求めている男性に会話少なめでプレイだけガッツリやっても「心が満たされなかった…」という結果に終わってしまいます。

これは、接客経験が必要になりますがコース時間の最初の段階で、どちらかを見極めその方向への接客を行う事で本指につながる確率を大きく上げることができます。

私の場合は自分のタイプの男性や、性格が合う男性との行為は正直あまり苦にはなりませんでした。

好みのタイプのお客さまに当たった時の幸せったら…(笑)1日の仕事の中で嫌な事や、苦手なお客さまに当たってもそんな男性の仕事が入るだけで心が回復します♡

そういう女の子からの好意は、男性もダイレクトに感じて気づきます。そして見事に本指名につながったりするわけです。

積極さが最大の武器になる

「う〜ん。このお客さまは一体どっちのタイプなんだろう…プレイ?それとも癒し?」とお客さまによっては迷うことが多々あると思います。

例え、お客さまのニーズが判断できない時にでもあなたの印象を確実にUPさせるのは他でもない「積極性」です。風俗の接客における意識の中で一番単純で最も必要なことだと私は思います。

決して美人なわけでもなく、ましてやスタイルがズバ抜けて良かったわけでもない私が毎月100万以上稼げていた最大の理由は積極性が他のキャストよりもあったからなのじゃないかなと自覚していました。

【☝︎解説】

実際に私がやっていたお客さまから喜ばれたこと

120分のコースで2回戦が終わり、残り時間15分なのに3回戦をおねだりする。

これは完全にパフォーマンスです!3回目の射精ができないこともわかってやっています。5分間だけでも途中まで3回戦目を始めます。中途半端な感じで終わることがほとんどですが、他のキャストとよりも印象が残る結果となり指名に繋がることが多かったです。

即尺のお店ではないのに、相手を見て負担にならなさそうならあえて即尺をしてみる。

まず、無理そうな人にはやりません(笑)自分の第一印象で好感が持てたお客さまだけに行います。みなさんも感じていると思いますが、男性はなんだかんだ言って会話よりも早くプレーに入りたい方がほとんどだと思います。それでも一応こちらに気を遣ってか、それとも、いい格好をしようとしてくれる方が多いですよね?でも本音は違うので、その気持ちを汲み取り、こちらから即プレーに入って上げるという流れを作ることで強烈な印象を一番最初に与えることができます。

入り口の段階でそれを行うことによって、男性側は自分の欲があらわになるので、男性のタイプが判断できるようになるので本指客に繋げやすくなるというメリットもあります。

年齢が自分よりも明らかに下であれば痴女を装う

年下キラーの私が年下君を虜にしたのがこの方法です。たくさんの数を接客させてもらううちに各年代の男性が何を求める傾向があるのか?などもわかるようになって来ました。20代前半ぐらいの男の子は「年上のお姉さんに犯されたい」みたいな願望があります。でも男のちっぽけなプライドみたいなものがあるのか素直に「お姉さんに犯されたいです!」なんて初対面から正直に言ってくれることは少ないのです。なのでこちらから徹底的にリードしてあげることが圧倒的に喜ばれます。

年齢が自分よりも上であれば不倫感をだす。

30代〜50代の男性は結婚されている方も非常に多いです。自分の嫁さんとはセックスレスに陥ってしまっているケースも非常に多く、そういう方のほとんどは「不倫願望」があります。なので、その不倫している空気感を演出することで本指名が1年以上続いたケースもありましたので皆さんにもオススメです。

一番大事なことは、相手を満たすこと

今回は「接客」についてコラムにさせて頂きました。

「接客」と一概に言っても、自分の得意なやり方や得意な客層は人によって様々だと思います。私が上記の内容で成功したからみなさんも同じやり方でうまく行くとは限りませんし、逆も同じです。

本当に大切なことは「プレイ内容」ももちろんそうですが、お客さまを受け入れる心がまえと「お・も・て・な・し」の気持ちが一番大切だと思います。

ココロもカラダも満たしてあげる!
そんな接客を続けてください。

きっと、自分の好きなお客さまだらけになり、ストレスもなく8桁の貯金が近づいてくるはずです!

次回の100万シリーズ④は「店舗スタッフとの付き合い方」をお届けしますのでお楽しみに♪( ´θ`)ノ

btn_lineご相談はお気軽に24時間受付中♪

らぶ
【NAISHO】副編集長のらぶです。地方出身のわたしは広告代理店の営業を経て風俗の世界に24歳で飛び込み現役の時は「高級デリ」で自分を磨いておりました。わたしの得意技は「色恋術」で本指名からパトロンに発展させるのが得意でした。普通の人生とは少し違う人生を歩んだ良し悪しを面接で後輩嬢に伝えて行ければ。そんな想いで今日も山手線を駆け回ります!