【元風俗嬢らぶのプロフィールを大公開】不安なあなたに私のことをもっと知って欲しい!

風俗業界の皆さまこんにちわ^ ^

ここ最近一気に冷え込み、「爆弾低気圧」なんて言葉がニュースで飛び交ってます。わけわからん爆弾で被爆したキャストさんも「肺炎」になったとか「喉が腫れた」などの報告を受けています(T ^ T)

この時期はインフルにヤられてしまうパターンも十分にありますので女性の皆さま、体調管理はくれぐれも気を使ってくださいね。

さてさて、今日もテンソンMAXでブログを更新していくわけですが、昨日このようなLINEが「NISHO」を見てくれた女性から頂きました。

IMG_1493

私たちはいくつかの風俗求人サイトを男女混合のチーム8人で運営していますが「NISHO」自体は歴史が浅いにも関わらず、こんなに早い段階でしかも、思いっきり前向きなLINEを頂いたことに感無量な…らぶ(31♀)です♡

LINEの本文中にも「どんな方なのかわからないとイマイチ信用ができません」と書いてありますのでこれを機に、しっかりとプロフィールを書いてみようと思うのです٩( ‘ω’ )و

らぶのプロフィール♡♡♡

まずは基本情報から

【出身地】新潟県

【現在お住まいの地域】千葉県

【部活】運動は大嫌いなので帰宅部

【趣味】おしゃべり、仕事、見聞を広げること

【性格】男っぽさがあるのかな!仲良しちゃん達には「おせっかい」と言われますし、自分でもそうだなと思うことがあるwしっかりしていない子達ばっかり周りにいるから全部心配になっちゃうんだもん(_ _).。o○

【既婚・未婚】未婚のバツイチです(結婚は一生致しませんw)

【子供】アメリカ人の元旦那との間に授かった3歳のハーフ女子

【休日の過ごし方】子供のパシリ。担当している女の子達とお茶。PC。

【最終学歴】都内の4年制大学卒業

【一般の就職経験】広告代理店で「営業」と「人材教育」を兼務

【風俗経験】大学3年生の時(かれこれ12年前)に悪友のなっちゃんに誘われて興味本位でスタートしたのがきっかけ。池袋のホテヘルでデビューしてそこから新宿の箱ヘル、からのデリヘル(都内の色んな地域)やソープ(吉原、川崎の高級店)出稼ぎは全国各地に30回ほど、さらに交際倶楽部(青山、六本木)とピンサロ以外はほとんどの業種を自分で経験しています。

【風俗を辞めた理由】昼間の会社と風俗の掛け持ちを数年間していたが、子供ができたことを機に国際結婚をしたため両方の仕事を辞め少しの間アメリカへ移住。アメリカンな元旦那がFreedomすぎで他の女性とあやまちを犯し速攻で旦那を捨て帰国。

NAISHOの一員として

 

【得意な女性】10代〜20代後半までの女性は親しんでもらえることが多いです。

おせっかいな性格がこの仕事にあってるのか、10代の女の子には「お母さん」とか20代の女性には「お姉さん」と言ってもらえます。田舎育ちの私はのびのび育ったので人見知りも一切しません。

どんな女性に対してもポジティブに話しをすることができますので元気をもらいたい方は是非絡んでください(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

【業務内容】女性の相談全般です。

保育園が休みの日以外はほとんど毎日、山手線のどこかのCafeで女性と会って情報交換しているか電話で相談を受けているか、今みたいにこうやってブログを更新しています

「一緒に仕事の衣装を選ぶ」「写メ日記用の写メをラブホで一緒に撮りだめる」「不動産を探す」「人生計画をたてる」「励ます」「しっかりと叱ってあげる」「プライベートの男性の話をする」「結婚相談を受ける」「子育てについて話す」などなど、とにかく女性のためになりそうなことで私ができることは全力で取り組んでます!

【大切にしてること】昼職で営業をしていた時からの私のモットー。それは「絶対に損はさせないこと!」です。

何かの「縁」で全てが必然のタイミングで私とあなたの二人が繋がったのだからこの「縁」を絶対にマイナスで終わらせたくないし、終わってほしくない。って気持ちは常にあります。

体育会系な性格では全くないのですが、変に熱い気持ちはありますのん♪

【この仕事について】はっきり言わせて頂きます…感動がある仕事です。普通に生きているだけでは「心の底から感謝を伝えられること」ってあまりないと思います。

この仕事はどちらかというと社会の闇の部分に密接しているだけあっていまの生活や過去闇を抱えていたりする女性が多い分、眩しすぎるほどの光を与えることができます。

めちゃくちゃ臭いセリフだなwって書いていて思いますが、本気でそう思います。「らぶさんに出会えて私変われた!」とか「らぶちゃんがいなかったらここまで頑張れなかった!」って目をうるうるさせながらそういう言葉を伝えられるとそりゃーもうこっちだってうるるんとしちゃいまっせw

【今後の活動について】今後もこの会社でお世話になっていくわけですが!(勝手に宣言w)いつも社内でみんなが言う通り自分の価値を高める」と言うところに力を入れていこうと思います。

いい変えればこれからも女性の「感謝の言葉」を自分なりの方法で集めながら自分を磨き生きていくと言うことです。もう20代の頃のようなギラついた欲望みたいなものは一切なくなり、30代を母として迎えたので自分の子供に恥じないよう男性に頼ることなく立派に生き抜いてみせます。

最後に皆さまへ

ここまでダラダラダラダラとわたしのくだらないプロフを書かせて頂きました。このプロフの記事も冒頭で申し上げた女性からのLINEが届かなければ実現しなかった記事かもしれません。

29歳、ソープ嬢の方、良いきっかけを本当にありがとうございました♪

また、この記事をここまで読んで頂いた女性の皆さまへもご精読いただきありがとうございます。

この風俗業界と言うものは本当に特殊な業界だなーと常々思いながら仕事をしています。

その特殊な内容とは

  1. 相談できる人が限られる、もしくはいない
  2. 正確な情報の見分けがつきにくい
  3. 基本的にやりたいと思ってやる仕事ではない

主にこの3点からそう感じます。

特に「相談できる人が…」と言う点が特殊の代表で実際にわたしも現役の時には悩まされました。

同じ業界の女の子の友達は何人かいたけれど相談しても「本心なのか、同調しているのかわからない」と言うことが何回もおき、店舗のスタッフに相談しても「うまく言いくるめようとしてるんじゃないか?」と言う気持ちになり解消されませんでした。

同じような想いをされている女性もたくさんいるはずです。

中でも「相談できる友達すらいない」と言う方は心のモヤモヤ感…半端ないですよね。

そんな方は孤独感に苛まれてしまいます。

ここで私たち「NAISHO」が登場するんです。

救う!なんて言葉を使うと大げさな表現にはなりますが、少なくとも話をしっかりと聞いてあなたの気持ちをラクにしてあげることはできるんじゃないかなぁーって!

これ以上はくどくなるのであえてこの記事では書きませんが私たちが言えることはただ一つ。

絶対に損はさせないから!

いまの段階で少しでも悩みを抱えている女性がいれば「LINE」から何でもお気軽にご相談ください♪

btn_line

ご相談はお気軽に24時間受付中♪

らぶ
【NAISHO】副編集長のらぶです。地方出身のわたしは広告代理店の営業を経て風俗の世界に24歳で飛び込み現役の時は「高級デリ」で自分を磨いておりました。わたしの得意技は「色恋術」で本指名からパトロンに発展させるのが得意でした。普通の人生とは少し違う人生を歩んだ良し悪しを面接で後輩嬢に伝えて行ければ。そんな想いで今日も山手線を駆け回ります!