【風俗はメンヘラな女性がやる仕事ですか?】いいえ!「病む原因」は風俗店側にあるのです

こんにちは。

元・風俗嬢&風俗店スタッフの成宮♀です。

今日は風俗で仕事をする女性の心が病む原因について書きたいと思います♪

風俗嬢はメンヘラが多いそんな偏見の目で見られて苦しんでいる風俗嬢の方にも、風俗嬢の方で心が病んでいる方も…。

風俗だから病むのか?病んでいるから風俗嬢なのか?

「風俗嬢は病んでいる人が多い」とイメージを持たれる女性も多いかと思いますが一体どちらが正解なのでしょうか?

今回の記事では〝心が病む要因である風俗店にまつわるストレスについて掘り下げていきたいと思います!

あなたの心がほぐすように書いた記事ですのでどうぞご覧ください。

風俗の仕事は心が病む仕事なのか?

1.風俗は病んでいる女の子がやる仕事なのか?

いいえ、それは完全な偏見です!!

メンタル弱めの女性で午前中に体調が悪く午後から元気になる方は「午後~夕方~夜中の仕事」なら活躍できますが、「朝早い定時に出勤しなければならない」会社に勤めることが困難だったり、欠勤しがちで周りから白い目で見られて挙句の果てに昼職をクビになったり…。

体調を崩しがちで昼職に勤務できない事情があって、何かと時間の融通の利く風俗店に勤務しているメンヘラさんの風俗嬢も多いことは事実です。

実は私も最終的に風俗店の勤務をしていたのは「朝早く出勤することが出来ないから」でもありました(笑)

私の場合は元々、体質が夜型でナイトワーク向きだったので、時間帯さえずらせば普通に仕事出来ますのでこの業界への入り口が「病んでいるから風俗の道へ」だったのかは不明ですw

どちらかというと、昼職でメンタル壊れる要因があって現在に至りますので断言しますが、風俗の仕事は心が病む仕事ではないんです!

  • 心を病んでいるから風俗嬢なのか?
  • 風俗嬢だから心を病むのか?

これはニワトリとたまごの関係のようなものです。

実際、私も昼職の時に心が病んで休職した経験があり、後日しっかりと職場に復帰したもののあっさりと契約を切られたことや過去の心療内科の通院歴があるというだけで正社員になれなかったこと、また治療も済んだ過去のことなので面接のときに治療歴を話さなかっただけなのに「心療内科の通院歴を隠して入社してきた!懲戒処分です!!」とでっち上げられて会社を解雇になったこともあります。

※過去の病歴を理由に懲戒解雇されるということは本来ありえないそうです。いま思うとかなりのブラック企業だったのでなんでもありだったようです( ;∀;)

「心療内科に通院したことがあるだけで正社員にもなれないんだ」と落胆した私自身も実は病んでたから→風俗店に…という選択をした経緯もあります(´・ω・`)

ただ、風俗嬢の女性が全員、過去の私のようにメンヘラであるわけではありません。

今の時代、就職難ですから、大学を新卒で出た普通の女性でも正規雇用での就職は厳しく、誰もが高収入の仕事が出来たら、と考えていると思います。

また、保育士・介護士等、お給料が安い昼職をしている女性が「もう少し収入を上げたい」という思いで副業として内緒で風俗をやっていることも多いです。

どんなにイヤなことがあっても誰にも話せず隠し通さなければならない」という現状もまた、精神が病んでしまう要因の一つとなります。ですから風俗業界は精神的に病んでいる人が集まっている業界…というのは間違えた捉え方でしかないと思います。

では次に〝風俗業界にいると病むのか?〟という問題に入っていきます。。。

2.風俗は一体何が原因で病むのか?

風俗の仕事内容は基本的にお客さまと1対1での接客で二人きりになります。自分を気にいって呼んでくれたお客さまとの接客で喜ばれる仕事。人に喜んでもらえることはむしろ精神衛生上いいことで、心が病む要因にはなりません。

「お客様に選んでもらえた♪」といううれしさに加え「お姉さんに会えてよかった♥」「また会いたいな♪」あなたを求めている男性側からそう言われて果たして心が病むものでしょうか?

純粋に仕事内容が原因で心が病む女性は決して多くはありません。

風俗業界には心に傷を負って病んでしまう要因が別に潜んでいます。

風俗店スタッフとの人間関係

風俗店のスタッフは男性も女性も一癖二癖ある人が多いです。

  • 人の好き嫌いが激しい
  • いない人の悪口をしゃべりバカにして楽しむ
  • 匿名掲示板に悪口など書き込む

こういうスタッフたちが「お店を管理してる」や「仕事を回してやってる」と上から目線でいる風俗店に勤務してしまうと、いらない心配事やストレスを抱えてしまいがちです。

それに加え、何かあったときにスタッフが相談相手になってくれない環境だと悩みや辛さを1人で抱え込む状況となり、心が病んでいくのです。

孤独、不安、心配…それを分かち合える相手がいない孤独との闘いが続くと心が悲鳴をあげ結果的に病んでしまうのです。

他の風俗嬢との関わり

女性が集まる職場は、風俗店に限ったことではなくどこでも派閥やいじめ、悪口が蔓延しがちです。

それを防ぐため、個室待機など風俗嬢同士がなるべく顔を合わせないように考慮している風俗店も多いです。女性同士の連絡先交換禁止、派閥禁止を徹底している風俗店もあります。

それだけ、女性の集まる職場は精神的に病む原因が潜んでいるということです。

実際、私が昼職時代に精神的にやられた原因も女性同士の妬み・僻みからのストレスが大きな原因です。

女性同士は仲が良ければ話をしやすい反面、風俗店ではみんながライバルなのでみんなが和気あいあいと出来る雰囲気ではありません。

集団待機のお店では、古株の女性、新人の女性、人気のある女性…。

待機室や送迎車でキャストが顔を合わせると気まずい雰囲気になることも多いです。

誰に予約が入っているか筒抜けのため、予約が入らない女性の視線は人気嬢に冷たく向いていくこともあります。中にはあいさつすらしないツンツンした女の子もいます。

女性特有のひがみや妬みにあることないこと悪口を吹聴したりのマウンティング…。

この感情が強い女性が集まる風俗業界が病んでいく原因のひとつなのです。

強引だったり不潔だったりNGを出したいくらいのお客様への接客に当たった時

接客でメンタルをやられる要因は本来ないはずなのですが、生理的に合わないお客様や言葉の暴力を受けたりすると凹みますよね。

高級店や人妻店など客層が良好な風俗店を選択すれば避けやすい問題ですが、中には強引、乱暴、不潔、生理的にきつい…などのお客さまに当たってしまう場合もあります。

「こんな嫌な思いをしているのにたったの〇万円しかもらえないのか…」と冷静に考えてしまうと落ち込みのドツボにはまってしまいます。

お客さまも決して女性に嫌な思いをさせるために時間とお金を使うわけではないので、その時間は極力我慢することが接客業としては正解ですがあまりにひどいときは「お店に電話しますよ!」と少し強気な態度になっても大丈夫です。

※割合的に、嫌なお客さまよりもいいお客さまの方が圧倒的に多いんです。

「こんな嫌な仕事でこの給料か…」と深く考えてはいけません。

風俗の仕事をしていることを卑屈に考えてしまったり自分を責めてしまうことも心が病む要因になってしまいます。

嫌なお客さまに当たって自分の尊厳も傷つけられるような出来事があった時には、お店に事情を説明しそのお客さまにNGを出して次回から予約が入らないように身を守ることも出来ますので自分が病まないように工夫して行きましょう!

3.根本的に精神的に病む要因

ざっくりと風俗店スタッフ・他の風俗嬢からの対応・嫌なお客さまに当たってしまった場合のご説明をしました。

ここからは風俗嬢が病んでしまう根本的な要因をお話ししたいと思います(`・ω・´)

私の経験上、ズバリこの3点が絶望的だとメンタルをやられるのだと思います。

  1. 職場の人間関係
  2. 信頼して相談できる相手がいるかどうか
  3. 自分を守ってくれる人がいるかどうか

によると思っています。

  • 人間関係が劣悪で悪口を言われていても、自分の味方がいるか?
  • 精神的に辛い時に話を聞いてくれる相手がいるか?
  • 何かあったときに助けてくれる人がいるか?

嫌なことと払拭できる材料が天秤に乗せられればきっと乗り越えられると思います。

逆に言うと、誰にも相談できない・店舗に信頼できる人が1人もいないという状況は非常に危険で精神的にもろくなってしまいます。

私が過去に勤務していた「出張型風俗店」でも心が病む一歩手前でメンタル崩壊寸前の女性もいました。

  • 夜寝つけなくて寝不足で疲れが取れない
  • 顔にヘルペスが出来た
  • とにかく出勤するのが嫌
  • 毎日憂鬱

送迎の合間にしか話を聞くことが出来ませんでしたが彼女たちに「何がストレスです?」と聞いたところ

  • 店長がストレス!
  • お話にならないし
  • 何言ってもわかってもらえない!

ストレスの原因が店長の性格にあったようです。

私自身も「この人間性どうなの?」と思いながらも「根は悪くない人だから」と言い聞かせ、店長とコンビを組んでいたつもりですが、眠れないとかヘルペスが顔に出来るとなるとこれは確実にストレスが原因です。

私は当時、女性ドライバーという立ち位置で、送迎の合間にはなるべく彼女たちの話を聞くようにし、心の負担を1人で抱え込むことがないよう努めていましたが、私も何の権限もない下っ端状態で、根本的な解決に至らないまま私自身も店長と口論をしてクビになりました(笑)

余談ですが、私がクビになった一番の原因は女性側から「匿名掲示板に叩かれているんです」と相談を受けたことが発端です。その女性はかわいく男性受けもよく、匿名掲示板で悪口を書かれる要因が分からないし、何を書かれているのか気になっちゃって…私も見ちゃったんです。

見なければよかったパンドラの箱(゚Д゚;)

その女の子の悪口ばかりが羅列されていました。しかも内部(店舗スタッフか一緒に働いている風俗嬢)にしか分からない情報まで書かれていました。

1人の人間が複数を装って書いているのか、何人も寄ってたかって書いているのかはわかりませんが、その風俗嬢ひとりの悪口で延々と話が引っ張られていて

こんなの見たら誰でも病むわ(´・ω・`)と思いそれを店長に話したところ…。

「あの匿名掲示板の書き込み、スタッフかキャストか内部の人間ですよね。よってたかってリンチみたいなことして許せません。本人、悪口書かれていることが原因でストレスが体調不良に出ているんです。書いている人間を特定してやめさせてください!」

この内容に対しての返答が…。

「匿名掲示板なんて見なければいいだけ!大体、見たってことはさくらちゃんが書き込みしたってことでしょ?」働いてくれている女の子が言うように、ほんとにお話になりませんでした(笑)

匿名掲示板を見るなまでは分かりますが、私が書き込みの張本人と濡れ衣まで着せられるとは・・・。

風俗店勤務のスタッフの実態はそんなものです。心から相手を思いやる気持ちもない、話を聞く耳も持たない、表面的に話を聞き流す…。それでは心に闇を抱えた風俗嬢の辛さは溜まっていく一方ですよね。

ズバリ!

風俗嬢の心が病む要因で一番大きいのは、匿名掲示板に悪口を書くような相手が周りにいることだと私は結論付けました!!

「匿名掲示板をなくすことは不可能だから見なければいいだけ」ですか?

私は違うと思います。根本的な解決にはなっていません。確かに匿名掲示板さえ見なければ、知りたくなかったことを知らずに済みます。ただ、自分を嫌っている人が存在していることを知らないけど、何か空気を感じることすらもストレスになります。

  • 周りにどう思われているか不安
  • あの子、私に冷たいんだけど嫌われているのかな?

そんな心配を抱えながら誰にも相談出来ない環境が、精神衛生上よくないのです。

あまりここを指摘する人はいないかと思いますけど、風俗でお仕事をされている女性が抱えている問題の大きな点は、匿名掲示板で悪口を書かれている事実と、それを擁護したり守ってくれる人がいないという2点が重なった場合が問題です。

風俗店側も「匿名掲示板見るのも禁止」と言ったりしますけど、悪口を書かれ続けているのをただ我慢していなければならないなんて相当辛いですよね。

「見るな」と言われても、「また何か書かれているんじゃないか」と余計に心配になります。

「見なければいい」と強い気持ちを持てるならベストですが、ついつい気になってのぞいて、見たくないものを見てしまったら「次は何を書かれるんだろう」と常に匿名掲示板のことが気になって仕方なくなったら相当なストレスになると思います。

匿名掲示板はその名の通り、誰もが誰かのふりをして匿名で悪口を書いています。

  • 同じお店で働いているライバルの風俗嬢
  • お店のスタッフが面白半分にキャストの特徴などの悪口を書いている場合
  • 風俗嬢を褒めるようなことは書き込みされず、悪口の羅列。

自分が接客したお客さまではないことは確かです。

見てみぬふりをすることは辛いことですが、自分への悪口に負けないよう病まない心を持つには…

「悪口を言われるってほど人気者なんだ♪」と発想の転換をすることだと思います。

あとは自分が信頼できる人がいる場所で働くことも大事です。

女性の心は繊細ですから「いつでも前向きに元気に」いられる方が無理な話ですので、辛いときに話を聞いてもらえる相手がいるかどうかが重要になってきます。

自分の味方が1人もいない職場は、風俗に限ったことではなく、どこでもメンタルが病んでしまいます。

いくらお客さまとマンツーマンの仕事とは言え、他の女性との接触も少ないにしろ、店舗スタッフとの関わりは避けて通れません。

自分が精神的に病まないためには、まずは信頼できるお店、相談できる相手を確保することが一番大事なことだと私は過去の実体験からそう思います。

最後に・・・

余談ですが、風俗店スタッフの時に「店長がストレス」だと何人かの女の子に相談されていた私ですが、私も雇われの身で、店長と女の子のことで口論した勢いで「もう明日から来なくていい!」とクビにされ、助けたかった女の子を1人も救えず…

私が退店したのち、数ヶ月で5人もの人気キャストが辞めてしまったようです(´・ω・`)

私が人気キャストのメンタルを保つお手伝いが出来ていたかどうかは不明ですが、話し相手、愚痴をこぼして共感できる相手がいなくなったからかもしれません。

滅多に退店者が出ない風俗店で、且つ、その人気キャストたちも同業他店に移籍したりで「単純にそこのお店を辞めたくなった」からの結末だと思っています。

「雇われの身だと何の力もなくて誰も救うことが出来なかった」という現状を踏まえ「店舗に属することなくフリーで風俗嬢の皆さまのサポートをしたい」という思いでNAISHOのお仕事に巡り合いました。

これも何かの縁かと思って引き続き頑張りたいと思います!

風俗の仕事って心が病むほどしんどくて嫌なことが多いのかな?」と不安な方♪

心が病む原因は、決して仕事内容ではなく職場の人間関係が大半です。

職場の人間関係や悪口、そして理解者や心許せる相手、自分を守ってくれる人がいない孤独さが心が病む大きな原因なのです。自分が病まないようにするには、自分を大切にしてくれて守ってくれるお店選びさえしっかりすれば大丈夫です。

せっかく高収入を得ても、ストレス多大で働けなくなっては風俗で仕事をする意味がなくなってしまいます。また「ストレスによる衝動買い」や「メンタル関連の治療費」など出費もかさんでは、せっかくカラダを張って稼いだ収入も無意味と変わります。

皆さまが安心して優良な風俗店に巡り合えるよう、私なりにサポートしていきたいと思っています。

  • 優良な風俗店などうやって探すの?
  • 安心して働けるお店を見つけたい?
  • メンタルが病むことなく風俗の仕事をしたい!

お店選びに迷っている方♪

誰にも話せない悩みや不安…

ひとりで抱え込むことも限界が来ちゃいます。

私のようにメンタルが病まないように…

孤独と戦う前にわたしとお話しませんか?

btn_line今すぐClick!!お店探しの相談は24時間受付中♪

成宮さくら
風俗嬢経験と風俗店スタッフ(求人担当からドライバーまで)経験あり。風俗店での”女性を騙す”ような求人方法に嫌気が指しNAISHOでのライター&相談業務を開始。働く側と雇う側にいたこれまでの経験を「とにかく女性の役に立ちたい!」という強い思いで活動しております。