【パイパン嬢は人気が出やすいって本当?】パイパンのメリットとデメリットをまとめてみた

こんにちは!

ホストの潜入捜査以来、イケメンを探して夜な夜なネットを放浪している「いろは」です。

好奇心旺盛な性格ゆえに出張ホストも経験してみたくなって、検索していたら元彼を見つけ腹筋が爆発するほど笑いました。

そんなことは置いておいて、今回のテーマは「パイパン」です。

女性の皆さんはムダ毛を脱毛やカミソリなどで綺麗に処理することが当たり前になっています。

1度は自分の陰毛を綺麗に整えたことはあるでしょう。

綺麗に整えるだけの人、夏限定でパイパンにする人、年中パイパンの人。

VIO脱毛はメジャーになっていて、ひと昔前に比べるとパイパンは身近な存在になってきています。

パイパンにすること自体は簡単ですが、その後処理し続けることが面倒だったり、パイパンにしてからまた毛を生やすまでがチクチクして不快なので良いイメージを持つ人は少ないです。

そこで今回はパイパン推進派のいろはが、パイパンのメリットとデメリットについて紹介したいと思います!!

パイパンの魅力

脱毛サロンでVIOが出てから、女性がデリケートゾーンの毛を処理することは今では当たり前になりつつあります。

毎日ムダ毛をお風呂で処理するのは面倒臭いし、肌にも負担をかけてしまうのでVIO脱毛をしている人は過半数の割合でいるそうです。

その中でパイパンにしている人は3分の1ほど。

昔に比べると増えたようですが、まだまだ少ないです。

まずはパイパンのメリットから紹介します。

病気の可能性が減る

風俗嬢さんにとって最も魅力的なメリットではないでしょうか?

カンジタ膣炎は、仕事の疲れやストレスから来る菌が膣内で繁殖するのが原因の場合もあります。

その他にも陰毛を処理していないことで、お尻から大腸菌が毛を伝って陰部に付着して膣炎を起こす原因にもなるのです。

毛と言うのは大切な場所を守るためにある印象ですが、陰毛は病気を運んで来る可能性が高いので、パイパンにしなくても短く整えるくらいはする事をオススメします。

毛と病気を聞いてもう1つ思い浮かぶのは毛ジラミです。

日本の男性は陰毛を処理している人がほとんどいないので、風俗で毛ジラミ対策をするにはパイパンが1番です。

職業柄不特定多数の人と接触するので、病気の対策は無駄にはなりません。

生理中ムレない!!

毎月来る生理の度に、陰部がムレて痒くなる。

こんな悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

私も肌が強くはなので、ナプキンを使っていた時は毎月股間のムレと戦っていました(笑)

じゃあタンポンにすれば解決じゃん、と思うかもしれませんが、夏場や梅雨時期は生理中だけでなく、陰毛があるだけで陰部はムレています。

ムレは臭いの原因になり、風俗のお客さんや彼氏からいい顔はされないでしょう。

風俗客の中には嬢の悪いところを掲示板に書く人もいるので、マンコが臭いと言うくだらないことで自分の評判に傷が付くくらいなら、パイパンにして清潔にしておいた方がいいです。

ハミ毛ゼロ!!

もちろんパイパンにすることで、パンツから毛がはみ出ることがなくなります。

新規で来たお客さんに陰毛フェチがいましたが、私はパイパンだったので舌打ちされたことがあります(笑)

男性の好みは様々ですが、パイパンにエロさを感じている男性は多いので、パイパンの需要は十分にあると言えるでしょう。

「彼女の陰毛が剛毛&量が多すぎて、クンニする時とか手マンする時、ジャングルでトレジャーハントしてる気分になる(笑)」

いろはの男友達談。

男友達に「彼女との性生活での悩みは何」と質問すると臭いや陰毛の話を聞くことが多いです。

未処理の女の子はそうそういないと思いますが、陰毛を伸ばしっぱなしにしていると、挿入時に陰毛がチンコに巻き込まれて痛い思いをします。

先ほども言いましたがせめて綺麗に整えることで、お客さんや彼氏からの印象は抜群によくなるので陰毛の処理は面倒臭がらないでください!!

トレジャーハンターの男友達は、頑張ってジャングルをかき分けクンニしたら、喉チンコとチンコに毛が絡まって後処理が大変だったそうです。

パイパンのデメリット

パイパンは手軽にできますが、自分ですると毎日カミソリで処理するのが面倒なのがデメリットです。

1番綺麗になるのは永久脱毛や定期的に脱毛に通うことですが、温泉に行くときや子供が生まれたときに「やっぱり残しておけばよかった。」と後悔する人も多いようです。

また「遊んでそう」や「変態っぽい」など、男性からの印象を気にする人もいるようですが、メリットにもあったようにパイパンは男性にとって嬉しいものなので、気にする必要はないどころかそういう会話になった際はさりげなくアピールして行くぐらいでいいのではないかと思います。

陰毛の処理は相手のためにも自分のためにもなる

私が現役の頃は、パイパンに喜ぶお客さんはたくさんいました。

もちろん「いろはちゃんはエッチなんだね」とエロ娘の烙印を押されましたが、商売上エロさは武器なので願ったり叶ったりです。

女性の毛の処理は当たり前の風潮ですが、私は男性にも陰毛の手入れの習慣が浸透したら良いな、と思います。

毛が口に入るなんて男性だけでなく、女性だって思うことですからね(笑)

パイパンや陰毛の処理についての悩みや相談は随時受け付けていますので「いろは」までお問い合わせくださいね♪

ではまた次のコラムで会いましょう(^^)/

btn_line今すぐClick!!お店探しの相談は24時間受付中♪

いろは
17歳から援助交際を始め「セックス依存症」になった私は18~22歳までの4年間デリヘルで働き続けました。その結果、残ったものは「過度の不眠症」と「ストレス性じんましん」で現在はチャットレディと風俗ライターとして風俗関連のコラムを始め自分が本当に好きなことをして生きています。風俗のことをもっと知ってもらいたい。悩んでいる同性の女性に少しでも私のコラムがチカラになるよう日々奮闘中!