【悩める風俗嬢に会いに行く⑫】現役看護師が抱える職場の闇とは一体…。

私の大切な「時間」と「お金」を果たしてこの求人サイトに託していいものだろうか…。

私が現役風俗嬢として働いていた時、より良い店舗の情報を得るために風俗求人サイトを見ていつも思っていたことです。

実際にどれぐらいの女性がこのサイトを使っていて、他の紹介会社スカウトと比べてもいい店舗を紹介してくれるのか?果たしてどこまでこの情報を信じて大丈夫なのか…?

など「店舗選びを失敗したくない!」という気持ちが前面に出てきてしまい、ましてや過去に騙された経験もある中で、どうしてもサイトをイマイチ信用しきれず、面接に行くのをためらってしまった記憶があります。

あれから5年。

いまとなっては、私が店舗を探していた時と比べても

  • 風俗求人ポータルサイト
  • 仲介業者サイト
  • TwitterなどのSNSスカウト
  • 掲示板などの口コミサイト

と、比較しなければならない対象が多すぎて、風俗で働く女性の皆様は「本物の情報」を探すのに随分と時間を費やしていることだと思います( ;∀;)

挙句の果てには調べまくって逆にパニックに!なんてことも面接の中でよく話題となります。

情報が溢れかえっていて、お店を選ぶのが難しい世の中になりました・・・と。

お金が必要な状況下で風俗を初める方が大半な背景を踏まえて考えると、みなさんが本当に欲しい情報というのは「より稼ぎにつながる本物の情報」だと私たちは確信しています。

その辺は他のコラムでもお伝えしていくとして、それ以外にも「私と同じ状況の子は一体どうしているんだろう?」ということも気になりませんか?

そこで「悩める風俗嬢に会いに行く」シリーズでは「NAISHO」にはこんな女性が相談に来てくれています!っていうことをご紹介させて頂きます。

このコラムを見ている方が少しでも勇気付けられればいいな♪

という気持ちでこの面談コラムを書いています。

※面談コラムは本人から許可を頂けた場合のみ掲載させて頂いております。

それでは今日も面談してくれた悩める女性をご紹介していきますので是非参考にして見てください♡

看護師、女だらけの職場は陰険なことがいっぱい

まずはプロフィールから

風俗経験年数:9ヶ月
経験業種:デリヘル・ホテヘル
年齢:30歳
身長:162センチ
体重:51キロ
カップ数:Dカップ
傷やtattoo:ヘソ下15㎝
相談内容:在籍している店舗が閉店するので他のお店を探して欲しい

やりがいだけでは生きていけない事実

以下、ゆなさん談

小学生の頃に一度死にかけた経験があります。

その時に「看護婦」という職業を知り、22歳で国家資格を取得し夢を叶えることができました。過去に私自身が命を救ってもらったということがあるので「誰かに感謝されたい」という気持ちが強く、そういった意味で言えば私にとっては看護師という職業はやりがいしかありません。

が、私の勤務している病院は8割が女性の職場でお局さんも多くいる環境なので正直、ドクターには見えない裏の部分で看護師だけの派閥みたいなものも存在します。

負けん気が強い私は好きでもない先輩にペコペコすることができません。

そして今も絶賛職場でイジメられていますw

—–ゆなさん。いきなりDeepな業界の裏話をありがとうございます。やっぱり女性だけの職場になると大変なことも多いですよね…。風俗を始めたきっかけはなんだったんですか?

風俗を始めたきっかけは、将来的には看護師を退職して南の島でのんびりしたいんです。

そのためにいま必死で貯金をしていますが…全然貯まらなくて困っています(笑)

—–看護師の給料とデリヘルの給料を合わせると月に貯金できるぐらいは稼いでますよね?お金は何に使うことが多いのでしょうか?

「お酒」に一番お金を使っていると思います。

職場でイジメられてるからものすごくストレスが溜まるので、友達に誘われちゃったら必ず飲みに行っちゃいます。今、住んでいるのも新宿からタクシーですぐなのでついつい深酒してしまって気付いた時には財布が空っぽに…なんてことがよくあります。

—–私もお酒大好きだからその気持ちはよく分かりますよ。ストレスが溜まる女だらけの職場だったらなおさらですよね。南の島に行くにはいくらぐらいあれば行けますか?

いま考えているのは「石垣島」なんですけどここなら家賃も3万円ぐらいでお金も月に10万〜15万ぐらいしか使わない予定なのでバイトだけでなんとか生活はできるんです。

でもせっかく風俗を始めたので500万ぐらいは貯金して移住を考えています。

—–500万だったら月に15日の出勤で1年あれば貯まっちゃいますよ。

え…本当ですか?

どうやったらそういう計算になりますか?

【解説☝︎】

今回のケースは「看護師」と「風俗」を掛け持ちしていて看護師のお給料だけで生活費は全てまかなっています。

風俗で稼いだお金をまるまる貯金に回したとすると…。

勤務日数15日(1日6時間)×30000円=450,000円

450,000円×12ヶ月=5,400,000円

単純計算でこれぐらいの数字にはなります。

面接をしていてよく思うのが「500万とか1000万とかそんな大金を貯金するのなんてムリ!」って思っている女性が多いのですが、いざ紙に書いて見ると意外と高いハードルではないことにみんな気づくんです。

問題は、モチベーションをキープしながら継続して勤務できるかどうかです。

本当に叶えたい強烈な夢や目標がある女性はこれが2年でも5年でもやる続けることができますが、そうでない女性は目の前に壁が出てくると挫折してしまいます。

そんなに高いハードルではないはずなのに…。

目標の金額を達成できるかどうかは「その貯めたお金を何に使うのか?」という目的にかかっています。

目的がないのに貯金額が増える人は「貯金」が趣味な人だけです(笑)

お金を稼ぐのも大事ですが「なんの為に稼ぐお金なのか?」という部分を明確にすることをおすすめします♪

ほんとだ。

このペースを守れば1年後にはキレイな海を眺めながらの生活ができますね(╹◡╹)♡

—–はい。1年間このペースを守れるようにしっかりして行きますね。石垣島で素敵な男性を見つけることができればいいですね♡

あっ。わたし、実はこの年でもうバツ2なんで結婚はこりごりなんです(笑)

たま〜に遊んでくれる若い男の子でも捕まえて適当に遊んで暮らしますよ〜。

今回の最終結果はこうなりました。

看護師の仕事で夜勤なども入ってくるため風俗でお仕事をする時間帯は不定期になる。という理由から「ホテヘル」と「デリヘル」両方を運営している店舗に決めました。

  • 職場からの距離
  • 変態コンセプト
  • 昼間〜夕方の時間帯でも入る

ということを考えてエリアは「池袋」にしました。

ゆなさんは60–9000円ぐらいのバックの店舗を希望していましたが、新人がバンバン入ってくるエリアでできるだけ埋もれないように、また、フリーがつきやすいようなお店のポジションをキープできるように8000円のお店をチョイス。

写メ日記が得意ということだったので、エロ売り全開のプロフで勝負です♪

自分が働く店舗を決めるのに必要な項目(エリア×業種×バック×コンセプト)などで掛け算していくと、たった1店舗決めるのに10000通り以上の選び方があるんです。

自分でお店を決めるのが不安な女性はお手伝いさせて頂きますので下記のLINEからお気軽にお問い合わせください♡”

btn_line今すぐClick!!ご相談はお気軽に24時間受付中♪

らぶ
【NAISHO】副編集長のらぶです。地方出身のわたしは広告代理店の営業を経て風俗の世界に24歳で飛び込み現役の時は「高級デリ」で自分を磨いておりました。わたしの得意技は「色恋術」で本指名からパトロンに発展させるのが得意でした。普通の人生とは少し違う人生を歩んだ良し悪しを面接で後輩嬢に伝えて行ければ。そんな想いで今日も山手線を駆け回ります!