【100%リアルな風俗面談記事②】22歳の学生はなぜ風俗ではなくAVを選択したのか?

私の大切な時間とお金を果たしてこの求人サイトに託していいものだろうか…。

私が風俗店を探している時に風俗求人サイトを見ていつも思っていたことです。

実際にどれぐらいの女性がこのサイトを使っていて、他社と比べてもいい店舗を紹介してくれるサイトなのか?果たしてどこまでこの情報を信じて先を考えていいものなのか?

などと、店舗選びを失敗したくない気持ちが全面に出てきてしまい、どうしてもイマイチ信用しきれず、求人サイトから応募するのをためらった記憶があります。

今となっては私が店舗を探していた時と比べても

  • 求人ポータルサイト
  • 仲介業者のサイト
  • 個人のブログやSNS

と、比較しなければならないサイトが多すぎて、風俗で働く女性の皆様は「本物の情報」を探すのに一苦労されていることだと思います( ;∀;)

このNAISHOというサイトはしっかり動いているよ♪

ちゃんと他の女性もリアルに相談に来くれてますよ♪

ということをしっかり女性のみなさまに伝えて行くことでNAISHOがインチキなサイトではないと言う信頼が獲得できればればいいなぁーって思っています👩‍🎓

※面談記事は本人がご了承いただいた方のみとなりますので予めお伝えしておきます。

それでは面談してくれた女性をご紹介していきますのであなたも参考にして見てください(^^)v

風俗ではなくAVを希望したあーたん

まずはプロフィールから

  • 風俗経験年数:1日
  • 経験業種:ピンサロ
  • 年齢:20歳
  • 身長:164センチ
  • 体重:56キロ
  • カップ数:Dカップ
  • 傷やtattoo:なし
  • 希望業種:AV

何故、風俗を始めようと思ったのか?

以下、あーたん談です。

今、現在都内のH大学に通っていますが他の大学に編入しようと考えています。もともと、親の反対を押し切って今の大学に入学したのでこれ以上は、親からお金を出してもらうことはできません。6月末までに70万円貯めたいのですが、カフェのバイトだけでは足りず、昼間の時間しか働けないので思い切ってアダルトの業界に飛び込みました。

何故、最初の風俗でピンサロを選択したのか?

ピンサロという業種はもう二度とやりたくありません。もともと、ピンサロをやりたくて入店したのではなく「ガールズバー」の求人で面接に行ったらそこがピンサロだったというオチです。本当はその場から逃げ出したかったのですが、やっぱりその場で断るのが怖かったので言われるがままに一日だけ働きました。それからデリヘルとか考えましたが、また一人で探して騙されるのが怖くて今回相談の連絡をしました。

AVは映像に残るのでリスクがあることはご存知?

はい。リスクがあるのはもちろんわかりますが、風俗で働くよりは彼氏に対しての罪悪感が少ないと感じています。AVと風俗ってどっちの方がバレる可能性って高いんですか?

A:風俗の方がバレる可能性は低いと私は考えています。

風俗で仕事をしていてバレるタイミングは…。

  • ホテル街で知人に見られた
  • たまたま知人を接客した

この2点がほとんどです。HPの写真でバレると考えている女性もたくさんいますが私が過去に担当していた女性がHPで身バレしたケースは1度だけしかありません。

【解説☝︎】

彼氏がデリヘル店のスタッフで同じエリアのデリヘルで仕事をしていた際に「薄いぼかし」しかいれてなかったためバレてしまったというもの。完全に女性側の油断が原因の顔バレです。きっと彼氏さんのお店と違うエリアで仕事をしていればバレることはなかったと思います。

たまたま知人を接客する確率は⇩

働いているエリアの風俗店数×そのエリアで働いている女性の数

で算出することができ、かなり低い数だということがお分かりになると思います。

ましてや、風俗は働いている期間だけバレなければその後は、過去に風俗歴があることを自分の記憶だけに封印していればバレることはありませんが、AVの場合になると、半永久的にリスクがつきまとうのです。

それでもAVで勝負をするのか?

う〜ん。ちょっと悩んできましたね( ̄^ ̄)

どちらの方が確実に6月末までにお金が貯まりますか?

A:一撃でボーンと大きなお金が動くのはもちろんAVですが(単体、企画単体、また仕事の内容によって大きな変動があります)仕事が入らなければゼロです。6月末という期限があるのであーたんの場合であれば風俗の方が確実にお金は貯まります。

AVは即金ではありません

【解説☝︎】

AV未経験の女性は勘違いしやすい部分ですが、所属するAVプロダクションによってはその日にお金をもらうことができません。

《風俗店の場合であれば》

  1. 面接
  2. 講習
  3. 撮影
  4. デビュー

という流れが一般的で面接→デビューまで一日ですることができ、その日にいくらか持って帰ることも簡単です。

《AVの場合は》

  1. プロダクション面接
  2. 撮影(プロフの作成)
  3. AVメーカー周り
  4. 撮影

という流れになります。

女性によってはすぐに仕事も決まるのですが、そうではない女性も多く、メーカーさんからプロダクション側に入金があってその後、女性に入金ということもありますし、単体やせめて企画単体にでもならない限りはみなさんが思っているような大金は稼げません。

大手のプロダクションさんであれば事前入金や整形費用の立て替えなども行なってくれます。シビアな話、その女性のスペックによってご紹介できるダクションが違うのです。

最終的に…。

あーたんはAVという選択肢を辞め、いま住んでいる地域から電車で1時間ぐらいの距離がある箱ヘルにご紹介する流れになりました。すでに面接も終えて3日前にデビューしております♪

でっかく稼げるならAV!!って発想は確かにわかります。

風俗で何本も接客するぐらいなら一回で大きく入ってくる方が…って現役で風俗をやっている女性ほとんどの方の頭をよぎっている内容だと思います。

ただ、業界には裏があります。

求人広告の内容とは異なった実態がココにもあることをお忘れなく。

今回は結果的にAVではなくヘルスの紹介となりましたが、もちろん

  • 有名になりたい
  • テレビに出たい
  • 大金を稼ぎたい

という女性も後を絶ちません。

こういった女性に関しては関東の大手プロダクションは全て紹介することができます。

2月にも当社で担当した女性がコンビニのエロ雑誌コーナーに並びました!

風俗店を決めるのとはまた違う難しさがあり、そして風俗店みたいにぽんぽんとはプロダクションを変えることはできませんので、まずは一番大切なプロダクション選びから一緒に始めましょう☺︎

btn_line

ご相談はお気軽に24時間受付中♪

らぶ
【NAISHO】副編集長のらぶです。地方出身のわたしは広告代理店の営業を経て風俗の世界に24歳で飛び込み現役の時は「高級デリ」で自分を磨いておりました。わたしの得意技は「色恋術」で本指名からパトロンに発展させるのが得意でした。普通の人生とは少し違う人生を歩んだ良し悪しを面接で後輩嬢に伝えて行ければ。そんな想いで今日も山手線を駆け回ります!