【悩める風俗嬢に会いに行く⑨】実家からの仕送りがゼロに…そのとき彼女がとった行動とは?

私の大切な「時間」と「お金」を果たしてこの求人サイトに託していいものだろうか…。

私が現役風俗嬢として働いていた時、より良い店舗の情報を得るために風俗求人サイトを見ていつも思っていたことです。

実際にどれぐらいの女性がこのサイトを使っていて、他の紹介会社スカウトと比べてもいい店舗を紹介してくれるのか?果たしてどこまでこの情報を信じて大丈夫なのか…?

など「店舗選びを失敗したくない!」という気持ちが前面に出てきてしまい、ましてや過去に騙された経験もある中で、どうしてもサイトをイマイチ信用しきれず、面接に行くのをためらってしまった記憶があります。

あれから5年。

いまとなっては、私が店舗を探していた時と比べても

  • 風俗求人ポータルサイト
  • 仲介業者サイト
  • TwitterなどのSNSスカウト
  • 掲示板などの口コミサイト

と、比較しなければならない対象が多すぎて、風俗で働く女性の皆様は「本物の情報」を探すのに随分と時間を費やしていることだと思います( ;∀;)

挙句の果てには調べまくって逆にパニックに!なんてことも面接の中でよく話題となります。

情報が溢れかえっていて、お店を選ぶのが難しい世の中になりました・・・と。

お金が必要な状況下で風俗を初める方が大半な背景を踏まえて考えると、みなさんが本当に欲しい情報というのは「より稼ぎにつながる本物の情報」だと私たちは確信しています。

その辺は他のコラムでもお伝えしていくとして、それ以外にも「私と同じ状況の子は一体どうしているんだろう?」ということも気になりませんか?

そこで「悩める風俗嬢に会いに行く」シリーズでは「NAISHO」にはこんな女性が相談に来てくれています!っていうことをご紹介させて頂きます。

このコラムを見ている方が少しでも勇気付けられればいいな♪

という気持ちでこの面談コラムを書いています。

※面談コラムは本人から許可を頂けた場合のみ掲載させて頂いております。

それでは今日も面談してくれた悩める女性をご紹介していきますので是非参考にして見てください♡

親からの仕送りがついにゼロになりました。

まずはプロフィールから

風俗経験年数:1年
経験業種:デリヘル
年齢:21歳
身長:162センチ
体重:55キロ
カップ数:Dカップ
傷やtattoo:なし
希望業種:掛け持ちソープ

頼る人がいないから自分でなんとかします!

以下、さおりちゃん談

大学に行くために広島の田舎から上京してきて2年目になります。

最初の1年は「東京」っていう都会の環境に慣れることや、友達を作ることに必死でした。
大学1年の頃は「親からの仕送り」プラス「ケーキ屋」さんのバイトでなんとかやりくりしていましたんです。

—–ケーキ屋さんでバイト…かわいすぎる♡”
さおりちゃんの第一印象にぴったりな
アルバイトですね。何故、そこをやめて風俗をすることになったの?

ありがとうございます(笑)

親は地元(広島県)で会社経営をしています。

もう何十年もやっている町工場みたいなところなのですが、簡単に言えば会社の経営が全然うまくいかなくなっちゃったみたいです。

私が高校生ぐらいの時から会社の赤字が続いていたのはなんとなく知っていましたが「東京の大学に行きたい!」っていう私のわがままも聞いてくれて、しかもなけなしのお金を毎月送ってくれていたのを知っていたので「少しでも親への負担を減らしたい」っていう気持ちがだんだん強くなって行きました。

そこから1ヶ月ぐらい悩んで自分でなんとかしようと決めて風俗のアルバイトを始めた感じです。

—–さおりちゃんのような女の子は年々増えて来てます。親に頼りたくても頼れない。かといって友達や彼氏にはお金の相談はしたくない。だからなんとか一人で頑張んなきゃ!ってことで風俗をスタートする感じね。

そうです!まさにそれです!

お金ってそんなに簡単に人に借りるものじゃないって言うのが私の中にあって…。自分でやれるとこまでやってみてそれでもダメだった時に友達とか彼氏に相談するって順番で私もいきたいので。

それに家族以外に人に「お金がない」って思われるのもなんかイヤなんですよね(T . T)

てかやっぱり私みたいな女の子って増えてるんですね。

私の大学の友達も私と同じような環境でセクキャバやってます。

でも私は人見知りだから、キャバクラとかでは働きたくなかったのでお客さんと1対1で仕事ができる風俗を選びました。

—–最初のデリヘルはどうやってお店を選んだの?

ひたすらググりましたっ(笑)

まさか私が風俗をやるとも思ってなかったし、周りにそういう友達もいなかったし、どうやって探せばいいのかも最初はわからなかったので「HPの雰囲気がいいところ」っていう理由だけで今のお店に面接を申し込みました。

とても不安な気持ちを抱えながら面接に行ってみると、意外と店員さんが丁寧に細かく話をしてくれたのでなんとなく安心してしまって、その日のうちに撮影までして流れで入店が決まった感じです。

—–最初っから変なお店にあたらなくて良かったですよね。さおりちゃんの日頃の行いが良かったんじゃないかな(笑)

今回ソープを始めるきっかけと目的は何ですか?

デリヘルでアルバイトをし始めてから半年ぐらいの頃、金額は少なくなりましたがまだ仕送りをもらっていました。それが2ヶ月前から完全にゼロになってしまったんです。

それで、もう少し稼がなきゃ!ってなったんですが、これ以上デリヘルの出勤を増やすと朝起きれなくて学校に行けなくなっちゃうんですよね(汗)

なので、夜22:00ぐらいまでのアルバイトで稼げる風俗ってことでソープを選びました。

風俗もやっちゃったし、いまは彼氏も別れたばっかりだし、お金稼ぎたいし…。

って感じだったのでソープに対しての抵抗感はあまりありませんでした(入れるか入れないかだけの差で内容はそんなに変わらないと思っているので)が、ソープもお店がたくさんあって「自分がどのくらいのバックのお店に行けるのか?」が全くわからなかったのでご相談させてもらいました。

—–たくさんあるサイトの中からNAISHOを選んでくれてありがとうございますm(_ _)m

いえいえ(笑)

相談するにしてもいろんな所がありすぎて相談のLINEを入れるまでどこにするか悩みました。

検索をしているとスカウトを名乗る男の人たちのTwitterとかもたくさん出てきましたが、サイト内のコラムを読んでいてNAISHOさんだったら私の今の状況をちゃんと理解してくれてベストな方法を提案してくれそうだったので勇気を振り絞ってLINEしました。

今日、ちゃんとこうやってお会いできて良かったです。

—–ネットだと相手のことがなかなか見えづらいから「まともな人なのか?」って不安はどうしても出ちゃうよね…ここは(NAISHO)安全だよ〜ってみんなにわかってもらえる方法があればいいのにww

もし、私の友達がセクキャバ辞めて風俗やりたいってなったらすぐにらぶさんに紹介しますね(笑)

どんな状況でも前向きな彼女たちに元気をもらいます。

ありがたいことに日々、色んな女性の方と面談させて頂く機会があります。

何のために風俗で仕事をするのか?」は人それぞれの理由があるのですが、そんな中でも今回のさおりちゃんみたいな女の子に会って話をするといつも「もっと頑張んなきゃ!」って気持ちになります。

周りの友達は親に学費払ってもらって、お小遣いももらって、好きにお金使えて…いいなぁ〜!!!

が連発するお年頃のはずなのに、苦しい姿や、弱い姿など一切見せることはないんです。

常に前向きだから私も自然と応援したい気持ちになります♡”

今回は、ソープが未経験だったこともあり、マットに少し不安があったため、まずはマットが緩めのソープを提案させて頂きました。エリアもあえて吉原や川崎は避けたエリアでなおかつ地元の集客が強い「大宮」の店舗をチョイスしました^ ^

店舗選びや、今後の人生相談、過去の女性の経験談や単純な風俗に関する悩みなどがあればいつでもご相談お待ちしていますね。

btn_lineご相談はお気軽に24時間受付中♪

らぶ
【NAISHO】副編集長のらぶです。地方出身のわたしは広告代理店の営業を経て風俗の世界に24歳で飛び込み現役の時は「高級デリ」で自分を磨いておりました。わたしの得意技は「色恋術」で本指名からパトロンに発展させるのが得意でした。普通の人生とは少し違う人生を歩んだ良し悪しを面接で後輩嬢に伝えて行ければ。そんな想いで今日も山手線を駆け回ります!