【外側ではなく内側から肌を綺麗に保つ】肌を酷使しがちな風俗嬢さんにとってほしい栄養素

こんにちは!

実は料理が意外とできる「いろは」です。

よく見た目で料理とか無理そうと言われますが、一応これでも栄養士の学校に通っていました。

まあ中退しましたが・・・(笑)

今回のコラムは趣向を変えて料理系です。

ただでさえ乾燥肌なのに、1日に何回もシャワーを使っていた現役時代、肌の乾燥に悩まされました。

毎回保湿をしていましたが、忙しい日だと保湿している時間もなくカサカサして、最終的には肌が荒れてしまいます。

肌トラブルに悩む風俗嬢さんは結構いると思うので、スキンケアと一緒にオススメしたい「肌にいい栄養素」を紹介したいと思います!

肌の材料は脂質とタンパク質

 

蕁麻疹やアトピーなどの治療で薬を塗ったりしますが、慢性化してしまうと肌に痕が残るので、肌が綺麗な人を見ると羨ましくなります。

肌が綺麗な人は、バランスの良い食事を習慣にしていて、無理なダイエットはしていない人が多いのではないでしょうか。

ファスティングという絶食系のダイエットが流行っていますが、毒素を体内から排出できても、タンパク質や脂質を摂っていないため肌はガサガサになります。

肌を綺麗にする為には、ミネラルやビタミンでしょ!

というCMをよく見ますが、確かに肌を綺麗にする栄養素としてミネラルとビタミンは必要です。

しかし肌を作るのには脂質とタンパク質が必要なので、ミネラルとビタミンのみでは肌は綺麗になりません。

タンパク質はお肉、脂質は魚で!

お肉や魚聞くとカロリーの心配をする人もいるでしょう。

肌を綺麗に保つには必要不可欠なので、食べてください!

大豆などの植物性タンパク質はカロリーが低く、女性には人気がありますが、肌を作る材料としては不完全なので、動物性タンパク質を摂るようにしましょう。

お肉にはタンパク質だけでなくビタミンAビタミンB群が含まれています。

ビタミンAは肌の健康維持に、ビタミンB群はニキビなどの肌トラブル予防。

タンパク質と一緒に肌にも必要な栄養素が取れるので、お肉はたくさん食べましょう。

脂質はお肉の方が多そう、と思うかもしれませんが、実は魚の方が豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸」と言う血液をサラサラにすることで有名な成分が、美容と健康にも効果があるのです。

また肌の老化を抑制する作用もあるので、お肉だけでなく魚も摂取することをオススメします。

何を食べればいいの?

簡単にビタミンAだとか、ミネラルだとか言われても何を食べたらいいのか分からないと思います。

  • 主食(炭水化物)
  • 主菜(肉や魚、卵)
  • 副菜(野菜・きのこ類・海藻類)
  • 乳製品・果物

この4つを基本にバランスの良い食事を毎食していれば、肌は健康に保つことができます。

ニキビなどにいい食べ物

ニキビの原因は油分や糖質の多い食事です。

ビタミンB2とB6はニキビの原因となる皮脂の分泌を抑える効果があります。

B2はアーモンド、卵、牛乳など。

B6は緑黄色野菜や魚類に含まれます。

例えば、ナッツを散らしたサラダと、目玉焼き、焼き魚、牛乳の組み合わせで食べると効率よく脂質とタンパク質と一緒にビタミンが摂取できるでしょう。

乾燥肌にいい食べ物

乾燥肌に悩む風俗嬢さんは多いはずです!

保湿にはヒアルロン酸を多く含む軟骨やフカヒレがいいですが、あまり日常的に手頃に食べれる食材ではありません。

鶏手羽や鮭、野菜ですとオクラやもずく、納豆などのネバネバ系がお手軽に食べれるのではないでしょうか。

新陳代謝が良くなると肌の乾燥にもいい効果をもたらしてくれますが、ダイエットにも有効です。

亜鉛を摂取することで、新陳代謝を活発にすることができます。

牡蠣やホタテ、卵や納豆などがオススメです。

新陳代謝を良くするには、血行を良くしなければいけません。

冷え性の女性は血の巡りが良くないので、冷たい飲み物を良く飲む人は常温に切り替えることをオススメします。

お酒も体内から水分を奪う原因なので、お酒を良く飲んだ日には水分補給とともにバランスのいい食事を摂るように心がげてください。

肌トラブルの回復を妨げる食べ物

体を冷やすことだけが、肌トラブルの妨げになるわけではありません。

コーヒーを良く飲む人は注意が必要です。

カフェインは抗酸化作用をもつビタミンCを破壊します。

ビタミンCが破壊されると、肌の新陳代謝を遅らせる原因になるので、飲み過ぎは控えましょう。

ちなみにコーヒー大好きなんですが、1日10杯飲むと尿がコーヒーの匂いになります(笑)

もちろん脂っこいものもNG

揚げ物やスナック菓子、ファーストフードは、肌の酸化させ老化の原因になります。

コラーゲン生成の妨げにもなるので、辞めろとは言いませんが頻度は控えた方が良いです。

先ほども言いましたが、冷たい飲み物や生野菜などは内臓温度を下げて、血行不良になり老廃物の排出しにくくなります。

常温の飲み物や温野菜など、体温と同じか暖かいものを食べるといいです。

肌トラブルは内側から改善

現役の時はニベアがないと、肌がピリピリするくらいの乾燥肌でした。

ストレス性のじんましんが慢性化してから、肌を見せることに抵抗があり、肌トラブルが原因で落ち込むことも良くありました。

肌トラブルを避けるための食事は、基本的にバランスのいいものなので、肌だけでなく体にいいものです。

日々のスキンケアは行なっている人が多いと思いますが、食事にも気をつけてみてください。

btn_line今すぐClick!!お店探しの相談は24時間受付中♪

いろは
17歳から援助交際を始め「セックス依存症」になった私は18~22歳までの4年間デリヘルで働き続けました。その結果、残ったものは「過度の不眠症」と「ストレス性じんましん」で現在はチャットレディと風俗ライターとして風俗関連のコラムを始め自分が本当に好きなことをして生きています。風俗のことをもっと知ってもらいたい。悩んでいる同性の女性に少しでも私のコラムがチカラになるよう日々奮闘中!