【出稼ぎ風俗での交通費やチケット問題について】あなた自身が出稼ぎで損をしない方法!

この記事は出稼ぎ風俗での交通費チケットに関することを書きました!

交通費は自腹なのか出稼ぎ先が負担してくれるのか。飛行機や新幹線に乗ったことがない方。などなど、出稼ぎの移動問題についてよくわからない女性は是非読んでみて下さい!

  • 交通費は出稼ぎ先が負担してくれるのですか?
  • チケットでどうしたらいいんですか?
  • 出稼ぎ先に行く交通費も持っていないんですがどうしたらよいんでしょうか?
  • 飛行機や新幹線のチケットはどうやって取得するのですか?

NAISHOにはこのようなご質問も多くいただきます!

この記事ではそんな質問に対して基本的な部分を回答していきます!

出稼ぎ風俗での交通費について

交通費は自腹ですか?

出稼ぎ先(出稼ぎ先の店舗)の方針によってまちまちです。

あなたが出発する場所から店舗までの距離にもよりますが基本的には7日間勤務~14日間勤務以上をする女性には、店舗側が負担してくれるケースが多いです。

7日間以上の勤務で片道支給10日間以上の勤務で往復支給が全国のスタンダードですが、距離によっては3日間で片道支給してくれたりする店舗もあります。そう言った意味でもやはり店舗によりまちまちです。

例えば、大阪から東京に出稼ぎに2日間だけ行くとします。

この場合、出稼ぎ先の店舗が交通費を負担したら利益はぜんぜんでないので自腹になるでしょう。

基本、料金や働く期間によって、自腹になるか、出稼ぎ先負担になるかが決まります。

求人広告に”交通費は全額店舗側負担!”と書いてあったとしても、必ず「交通費はどうなりますか?」と確認しましょう。

交通費は本当に出稼ぎ先が負担してくれる?

出稼ぎ先側が「交通費は当社で負担しますよ☆」と言ってくれたとします。

それでも実際には負担してくれず自腹というケースもよくある話なので注意が必要です。

出稼ぎ先に行く交通費がない・・・

持ち金が3000円しかない女性が「沖縄から東京に出稼ぎ」に行くのは現実的に難しいですよね。現実には持ち金がまったくない女性もいます。

その場合はにとるべき行動は…

  • なるべく近場の出稼ぎ先に行く。
  • 新幹線や飛行機を利用せずに深夜バスを利用する。
  • 出稼ぎ先からチケットを送ってもらうなどで対応。

※もちろん手持ちがないと伝えると相手にしてくれない出稼ぎ先や、”地元で交通費を稼いでから来て”と言われることもあるでしょう。風俗店側が女性にお金を事前に振り込んでバックれた!なんて話も信じられないでしょうがザラにある話なので、店舗が先にお金を貸してくれること(交通費のバンス)はあてにしてはなりません。

飛行機のチケットの買い方

GoogleやYahoo検索で「飛行機 チケット 格安」などで検索すると良いでしょう。

買い方がわからない場合は「飛行機 チケット 買い方」などで検索してみましょう。時期や人気の地域の場合、混雑しており、あなたが行きたい日時に行けないというケースもありますので早めに取得しましょう。

新幹線のチケットの買い方

週末や連休などのタイミングでなければ、当日、駅のチケット売り場や窓口で購入可能です。チケット売り場ではよくわからない方は、窓口で「東京まで行きたい」など伝えれば購入可能です。

自由席または指定席を購入

新幹線に乗る際は、自由席または指定席にしましょう。

グリーン車には乗らない

グリーン車に乗ると、料金が通常よりも高くなります。

グリーン車の料金は出稼ぎ先側は負担してくれないのでご注意を。

※自腹でもいいからグリーン車がいいという方はもちろんOKです。

チケット購入時に領収書のもらい忘れにご注意

領収書がないと出稼ぎ先のスタッフはきっとこう言います。

領収書がない交通費は負担できない」と。これは本当にもったいないケースなので「領収書はお金と同じ」だと思ってください。

領収書のもらい方

無人チケット売り場であれば、発券時に領収書を発行するボタンがあります。もしも発行を忘れてしまった場合は、窓口で「領収書をもらい忘れてたので発行してください」と伝えれば対応してくれます。

窓口で購入の場合は、「○○駅までのチケットと領収書をください。」と伝えればOKです。その際に「領収書の宛名はどうしますか?」と聞かれます。

出稼ぎ先には事前に「交通費の件ですが、領収書の宛名はどうしたらよいですか?」と確認しておきましょう。

新幹線のチケットをなるべく安く買う方法

金券ショップなどが少し安く購入できることがあります。

ご自宅の近くに金券ショップがないかGoogleやYahoo検索「金券ショップ ○○(地域)」で探してみましょう!

まとめ

出稼ぎ風俗に行く一番の理由は”稼ぎに行く”なので、なるべく金銭的な負担は減らしたいですよね。なので理想は、出稼ぎ先に全額負担してもらうことです。交通費はもちろんですが、その他もしっかり確認しておかないと、損をしてしまうケースもあるので、交渉が苦手な方はNAISHOスタッフまでご相談ください!

btn_lineご相談は24時間お気軽にどうぞ!

KIKO
主に出稼ぎ風俗関連の情報を書いています。過去の出稼ぎ相談件数2000名以上。トラブル相談にも対応しております。ちょっとした悩みや質問でもお気軽にどうぞ。女性の皆様がトラブルに合いませんように!