【新ライター自己紹介!】波乱万丈人生!2年半不動のNo.1嬢のこれまでと今から




はじめまして。現役デリヘル嬢のちよです。

NAISHOでこれからコラムを書かせていただけることになりました!

お仕事で悩んでいる女の子が、コラムを読んで直ぐに使えるテクニックや、どうしても嫌なお客さんに当たってしまった時のかわし方や対処法など、私の経験を元に書いていきたいと思います。

今回は初のコラムなので、私の自己紹介をさせてください。

プロフィール

97年生まれのB型で、現在20歳です。

趣味:AV鑑賞・トリップ鑑賞・デスマッチ鑑賞・1人行動・お酒・漫画・アニメ・料理・断捨離・家事全般・読書

かなり多趣味で、気になったことは全部性格です。

年間の読書量は200冊ほど。

特技:1人で出掛けた先で必ず友達を作る

経歴

母子家庭の長女として育ち、物心ついた頃からつい最近まで、母親との確執を抱えていました。

5歳でのぼり棒とイスの角を使ってのオナニーが、毎日のルーティン。

クラスの男子が「うんこ~」と教室を駆け回っている間、私は人間がどうやって生まれたか理解していて、同年代の子がセックスを覚え始めてニヤニヤしていた頃には、69という楽しみ方知っていて、常に1歩先の性知識を持っていました。

9歳でバイセクシャルを自覚しています。

14歳で援交をし始め、15歳で躁うつ病を患いました。

股を酷使しすぎて子宮頸がんに片足を突っ込見ましたが、奇跡的に復活。

17歳で過食症になり、公立高校を卒業後18歳で晴れてデリヘル嬢になりました。

入店から2ヶ月でNo.1になることができ、2年半たった現在もランキングはキープしています。

18歳の時に入店してからずっと同じ地元の大衆店なので、この業界はデリヘルのみの経験です。

失うものは何もないので、顔出し全開で身バレしまくってます(笑)

今は大好きな友達との出会いがきっかけで、心身ともに落ち着き過食症も完治しました。

今日も明るく楽しく、幾千本ものチ〇ポをさばいております。

風俗嬢になった理由

風俗嬢になりたくてなったというより、私の中に選択肢が風俗以外に浮かびませんでした。

ビッチな母(同業)を見て育ち、中高生でアホみたいに援交に明け暮れていた私は、身体を売って稼ぐ事しか知らなかったのです。

風俗を選択した具体的な理由は4つ。

  1.  時間の融通が利くから
  2.  生活費や独立資金のため
  3.  接客がとにかく大好きだから
  4.  自分の努力の成果がダイレクトに返ってくるからやりがいがある
  5.  コミュニケーション力、トーク力、メンタルが鍛えられる

努力した分稼げる風俗のお仕事は、私の性格にとても合っていました。

やりたい趣味がたくさんあるのに、お金に縛られて何もできないことは、多趣味な私にとって苦痛です。

風俗のお仕事は、テクニック・トーク力・メンタル力全てが必要になります。

たくさんのお客様を接客することで、たくさんの経験を積むことができるメリットにも、私は魅力を感じました。

なぜ水商売ではダメなのか

私は水商売も一通り経験しています。

たまに「稼ぎたいなら水商売でもよくない?」と言われることがありますが、私には水商売ができない理由がありました。

  1. 過食症のせいで人と飲食ができない(できなかった)から
  2. 協調性がなく、個人プレイが得意だから
  3. 同じ時間働くなら風俗の方が効率いいから
  4. 勤務時間以外に仕事をしたくないから
  5. ドレスやヘアメや高いヒールが嫌いだから

数年過食症を患っていたため、他人と一緒に飲食ができませんでした。

風俗と違って、水商売のお仕事は飲むこともお仕事に含まれます。

そのため私にとってお客様とお酒を飲みながら、お仕事をすることは難しかったのです。

そして元々1人行動が好きな性格のため、1対1のお仕事の方が性に合っていたため水商売は自分に合っていないのだと判断しました。

これから

これまで風俗で働いてきた2年半で、私は自分なりのテクニックやスキルのメモをたくさん残してきました。

そのメモを元にお仕事で役立つテクニックなど、私と同年代で悩んでいる女の子にとって役立つコラムを書いていきたいと思います!

よろしくお願いします!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)