【待機の時間で収入が増えるって本当?】人気嬢はみんなやっている時間活用術4つ




こんにちは!

成宮さくらです!

閑散期が過ぎてもなかなか稼げずに心細くなってきた皆さんに待機中を活用して出来ることをアドバイスできればと思います!

 

閑散期を過ぎても稼げない

2月の閑散期を終え3月も終わろうとしていますが、

段々稼ぎが少なくなってきた

「予約があまり回ってこないけど自分だけ?」

とお悩みの風俗嬢の皆さんが増えてきています。

 

わたし自身もキャストとして在籍していた事があり、2月の異常なまでの稼げなさを経験してきましたが、
スタッフ時代は在籍のキャストさんからも

このまま稼げない日が続くのかな…」

と相談を受けていた時期でもあります。

 

風俗店は1年間を通じて繁忙期と閑散期の波がありますから、それを理解して稼げるときに稼ぐのが一番!

とは言っても自分に指名や予約が入るのを待つだけも辛いですよね。

 

また、今年は今まで以上に稼げないという声も上がっています。

出来ることはきっちりとやりつくして、少しでも自分の予約に結び付けていきましょう!

2月は一般的に風俗利用される男性のお財布の紐が厳しい時期です

風俗店を利用される男性は、家庭持ちの方も多いです。

すると年末年始の家族イベントで散在して…
春にはお子さんの進学などの費用、自分自身の趣味などにお金を費やさなければならない男性も多く

風俗業界が全体が1年の中で1番の閑散期を迎えてしまう時期が2月~3月なのです。
最近では、閑散期はGW前の4月まで差し掛かっているエリアも増えています。

 

そんな閑散期の2月ですが、勿論、風俗店を利用される男性が全くいないわけではありません。

大好きな風俗嬢に会うために時間もお金も都合して通ってくれるリピーターさんだっていますが繁忙期に比べると少ないのが現状。

 

そこで待機中の時間が年末年始に比べ増えて来た女性の方にはその待機中の時間を利用して、より自分に予約が回ってくる努力と自分磨きの時間に有効活用して欲しいと思います。

写メ日記を1日3回以上は更新する

女性キャストの皆さんはきっともう既にやっているかもしれません。

写メ日記を更新するのは大変かもしれませんが、プロフィール写真を「パネマジ(パネルマジック=写真の修正)」だと疑ってかかるお客さまも多いため、写メ日記はそんなお客さまを安心させ「写真指名」を増やす大切な要素です。

・出勤しました

・お礼ブログ

・一日の総括したお礼ブログ

・次回の出勤予告のお知らせ

このぐらいの内容は稼ぎたい女性は当たり前にみんなやっていることです。

「写メ日記はどれぐらい書いていますか?」という質問に対して

写メ日記面倒くさいから書いてない

というような女性は非常に多いです。

 

確かに毎回写メを撮って文章を考えて、それが1日に何回もとなると大変ですよね。

 

でもこの写メ日記は、お客さまからの目をひく広告ツールでもあるので

写メ日記は女性側からお客さまに仕掛けることが出来る唯一の営業手段

と言えます。

 

しかし「1日何枚も写メ撮るのも大変」という意見も多いですが、

そんな方こそ、待機中にどんどん写メの撮り貯めをしておきましょう!

 

ご予約が入らないときもあれば、出勤してから上がり時間まで休みなくご予約が入る時もありますよね?

 

写メ日記用の写メは撮り貯めして困ることはありませんので、待機中の時間こそ、有効活用して自分を売り出す営業にどんどん使っちゃいましょう♬

 

写真の内容も胸や裸を露出する写真ばかりである必要はありません!

例えばお客さまから差し入れをいただいたときはその写メを撮っておいてお礼ブログに使うとか。

 

待機中があまりに暇でおやつなんかを食べていたら、おやつのパッケージなどで自分の顔を一部隠しつつ

「こんなチョコに今はまってます」

とあなたのちょっとしたプライベートや好きなもの、考えていることなんかを待機中に写メ日記1件書くだけでも予約の入り方は違ってきます。

 

風俗サイトに掲載されているプロフィール写真だけでは伝わらわないことを伝えるツールが写メ日記なのです。

「暇だなあ…」と時間があるときこそ、写メ日記を更新しましょう♬

暇な時こそ写メ日記にすぐ使える写メのストックを作りましょう!

写メ日記用の撮り貯めは非常に効率的です。

 

「出勤してから写メ日記更新しよう」

そう思っているときに限って、予約が相次いで写メ日記を書く時間がない日もありますよね?

短い移動時間やプライベートタイムを利用して簡単に写メ日記を更新する為にも写メの撮りだめをしていくことをお勧めします。

 

これは個室待機の方ではないと厳しいかもしれませんが、写メ日記を更新するときに使える写メがないでは困りますよね。

 

個室待機でソファなど背景としておしゃれな空間の待機室であれば、どんどん利用して何十枚でも写真の撮り貯めをしておきましょう♬


NAISHOではグループ撮影会を定期開催しておりますので、ぜひお問い合わせください♪
http://naishowork.com/g-satueikai


もし集団待機などの風俗店で、他の待機嬢の目がある場合は…

 

接客で呼んでくださったお客様に何枚か撮ってもらうのも一つの手段です。

 

「この写メ、〇〇さんにお礼ブログ書くときに載せるから見てね♡」
とアピールしておけば、そのお客様もどんなお礼ブログを書いてくれるか楽しみにしてくれてアクセスしてくれます。

 

お礼ブログは、呼んでくださったお客様へのラブレター。

そして「この子また呼ぼうかな
と次の指名につながるツールなのが写メ日記なのです。

 

そんな写メ日記を書こうとして載せられる写メがない、ではお話になりません。

予約が入るか入らないか大きく左右されるのが写メ日記です。

 

最低限の回数は更新するようにしましょう。

その為にも写メの撮りだめは非常に重要です。

 

また、お客さまは興味のある、気に入った風俗嬢が日常的にどんな過ごし方をしているとか考えとかも興味があったりしますので、業務的な連絡だけでなく、たまには自分の日常も垣間見せる内容もがオススメです。

 

SNSなどで書くような感じでいいんです。

いかに自分にお客さまが興味を持ってくださる写メ日記を書けるように、暇な時期こそ、自分を売り込む努力をしましょう!

 

この女の子、文章が面白いから話も面白そう♫」と期待されて予約して下さるお客様もいるんですよ。

 

風俗店に求められることはエロさやテクニックだけではなく会話や雰囲気で癒しを求めるお客様も多くなっています。

人気嬢の写メ日記を参考にしてアクセスランキングupを狙う!

待機中で暇なときは何をしていますか?

研究熱心な女性は、常にお店の人気嬢や、他の店舗で人気がある風俗嬢の写メ日記も参考にしていますので人いいところはどんどん真似しちゃいましょう♬

 

暇な時に
「どうせお金なんて発生していないから」

とのんびり過ごすのももちろんありですが、待機時間が長かったり、同じ店舗でも待機してる女性がたくさんいるとなるといつ自分に予約が回ってくるか分かりません

 

自分からどんどん発信していかなければ、自分を売り込んでいる女性に勝てるわけがありません。

自分だけ予約が入らないことも心が病んでしまう要因になってしまいます。

 

「どうして自分だけ選ばれないんだろう?」と思う前にまずは、出来ることはやってみましょう♫

 

もしスランプに陥ったときは、私たちNAISHOスタッフが相談にのりますので安心してください。
これまでに何百人もの写メ日記の記事を見て来ていますので私たちの経験上からも、ある程度あなたに合わせたアドバイスは可能です♫

 

同じ店舗の人気嬢の真似があからさますぎると、その本人の気分を悪くしてしまう場合もありますので、出来れば同じようなレベルで他店の人気嬢を真似するのが無難です。

また、同じお店の女性が書いている写メ日記の内容や回数の様子をみて、自分だけ下手に目立たないように気を付けましょう。

 

変に浮きすぎると女性特有のひがみ・妬みにあってしまいますので、真似もほどほどに…。

気分転換に他の風俗店の求人も見てみる

とはいえ、いくら頑張っても2月3月(プラスして4月)は客足が遠のく風俗店も多い時期です。

日本海側や北陸など雪が降るような地域ですと、天候にも大きく左右されます。

・自分の写メ日記は万全

・他の人気嬢の写メ日記も参考にいろいろ見てみた

・写メ日記に使う写メも使い切れないくらいたくさん撮った

という女性は写メ日記を更新したついでに「ガールズヘブン」などの求人など気休めに見てみましょうか。

・どんなお店が求人出しているのかな?

・今いるお店より稼げるのかな?

 

風俗求人の多くはウソの羅列ですが「今のお店より待遇いいところあるのかな?」と探してみるのも気分転換になっていいかもしれません。

 

隣の芝生は青く見えるもので…もしかしたら今のお店よりも待遇が良さそうな求人もあるかもしれません。

 

しかしそこでよく見るべき部分は更に待機中の女性が多かったり、求人内容が胡散臭くお給料が安い場合もあります(´・ω・`)

・バック率65%以上可能!

・会員さんが多いため、女の子が足りません

 

…本当でしょうか?

バック率が高くても、自分に予約が回ってくるか分かりません。

 

会員さんが多い常連さんが多くお客様層が良好な場合が多い

ですがだったらそんな良好(であるはずの風俗店)な店舗に女性キャストが足りないのは本当なのでしょうか?

 

そんな「胡散臭い」求人を参考程度に見るのも暇潰しになっていいかもしれません。

もし、今の在籍店舗よりも魅力を感じる求人であれば、今はSNSで問い合わせを受け付けている風俗店も多いので、お問い合わせして感触を見てみるのもひとつの手段です。

NAISHOにご連絡頂ければ、その店舗の内部事情を皆様にお伝えします!

 

「このままで閑散期を耐えしのげるかな?」と不安な方はいつでもご相談ください♪

 

今の在籍店舗で収入が期待できない場合は〝コッソリ出稼ぎ〟に行く手段もあります。

今いる地域の在籍店に見つからないよう、少し離れた地域に出稼ぎに行けば、見つかるリスクはほぼないと思って大丈夫です。

 

風俗業界は「掛け持ち禁止」のお店も多いですから、今のお店で在籍を残しつつ店舗には迷惑をかけない&バレないように掛け持ち店舗に行けるようお手伝いいたします(笑)

 

出稼ぎは、保証金額によって「最低○○円は持って帰ってこれる!」という金額が明確になりますので、安心して今のお店にバレないように収入をガッツリ稼いで帰ってくることが出来ます。

満足いく収入を持って地元の在籍店舗に戻ってくれば「お金が…」という不安材料もなくなり、精神的に安定し今までより接客のレベルや仕事に対するモチベーションが上がるはずです。

最後に

今回は閑散期を迎えた風俗店で、暇な待機時間にやるべきこと4つをご紹介させていただきました。

1.写メ日記を1日3回以上は更新する

2.暇なときこそ!写メ日記用の写メの撮りダメ♫

3.人気嬢の写メ日記を参考にしながらアクセスランキングUP!

4.気分転換に他の風俗店の求人も見てみる(あくまで気分転換程度に)

 

「待機中はどうせ時給も出ないし、予約入るまではゴロゴロのんびりすごしたい」気持ちもよくわかります。

 

でもどうせなら、出来ることをやり尽くして、お客さまからの指名が増えることや自分がどうしたらもっと稼げるようになるかを考えた方がお金に繋がります。

 

ただ、この季節は学生さんのアルバイトが増えたり、稼げなくなって移籍や出稼ぎに行かれる方が非常に多く、どこの風俗店も新人さんが増えています。

 

せっかく移籍や出稼ぎに行っても、同じ時期に新人さんが大勢入店されているところに自分も紛れ込んでしまうタイミングですと、せっかくの新人期間が目立たなくなってしまうリスクもあります。

 

この時期を迎え、1年間の中でも閑散期であると分かっている風俗嬢の皆さんは移籍や内緒の出稼ぎも検討される方が多いため、全体的にどこの風俗店も新人入店ラッシュなんです。

 

新人期間はとにかく予約が入りやすいですから、みんな考えることは同じなんですね。

しかし、本当に女性キャストが足りなくて、希望の保証金額通りに稼げる優良店もございます。

 

今のお店を辞めずにコッソリ見知らぬ土地で1週間ほど出稼ぎに行ってみるのもオススメです。

 

今回お話しした待機中に出来る努力に関しても、出勤人数や自分より目立つ新人さんが多く入店して来てしまった店舗に関しては厳しいかもしれません。

人相手の仕事ですから、出来ることにも限界があります。

 

自分が今のお店で粘って閑散期を乗り切れるか。
或いは心機一転、お店を掛け持ちか出稼ぎで「新人期間」として利用して稼ぐか…。

 

1人で悩んでても答えは出ません!

それにほとんどの女性が同じことを言いますが、こんな仕事だからこそ相談相手がいないって辛いですよね…。

 

私たちNAISHOはそんな皆さまからの相談窓口です!

一人一人、女性の環境や要望は違います。
その女性にあったベストな方法で必ず今よりも収入を増やしてみせます!

・収入の不安がある方

・風俗経験がなくてどうやってお店を探したらいいかお悩みの方

・出稼ぎ風俗に興味があるけどどういうシステムなのか知りたい方

その他、風俗のお仕事に関するお悩みは遠慮なくどしどしどうぞ♪

@NAISHO

NAISHOへのご相談はLINEからどうぞ!
(女性からのご相談のみお受けしております)

※2019/4/10に移行しました※
以前ご利用になった方は再度の登録をお願いいたします!

以前のアカウントは使用停止となっておりますのでご注意ください
⬇️⬇️⬇️
【新】相談総合窓口
↓↓↓

LINE ID:@eny5477t)


優良店情報(求人関係)に関するご相談は、下記の「優良店情報相談デスク」のLINEからメッセージをお送り下さい。
↓↓↓友だち追加(LINE ID:@ieb3128k)

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

成宮さくら

風俗嬢と内勤スタッフ兼ドライバーを経験。ところがブラックすぎる店舗に嫌気がさし、スタッフとしてデリヘルを転々とし求人担当&面接も行なってきました。しかし半年で20名の入店の実績を出すも評価されず年功序列・男尊女卑の店舗に嫌気がさし休業中。。。ブラック店舗スタッフだからこそ暴露できるNAISHO話を提供しブラック店舗に引っかかってしまう女性を未然に防ぎたい・困っている女性の助けになりたい一心でライター活動をスタートしました☆