【AbemaTVに泡典子が出演】Wの悲喜劇-年末年始スペシャル-ぜひ見てね♪




お久しぶりです。

NAISHO編集長泡典子です!

お陰様で、とてつもなく忙しい日々を送らせて頂いております。

2月にこのNAISHOがオープンし早10ヶ月経ちましたが、200名以上の方々とお会いすることが出来ました。

その結果、ランチ食べ過ぎて2kg以上太ったのですけれども…(笑)

それほど多くの方に愛され、頼りにされるようなサイトに急成長出来たのも、読者である皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

NAISHOが遂にテレビ出演!

そんな慌ただしい毎日ですが、弊社ライターいろはの告知記事(こちらからご覧ください!)にもあったように、11月30日に行われたAbemaTVの収録に参加して参りました!!

【Wの悲喜劇「セックスを仕事に選んだけれど・・」】

SHELLYさんがMCのトーク番組です!

私が日頃お世話させて頂いている3名の女の子を引き連れ、泡典子も収録にお邪魔してきました。

身バレしたくないだろうに、出演を引き受けて下さった3名には感謝してもしきれません。

本当にご協力ありがとうございました!

収録当日レポート

さてさて本題の収録についてですが。

会場入りは11:15。

すぐにヘアメイクです。

収録なんて、AVの出演以来ですよ(笑)

なーんて、ヘアメイクさんと話しながら準備。

出演者全員のヘアメイクが終わったらすぐにスタジオ移動。

展開早すぎて色々ついていけず、あわあわしてました(汗)

これがスタジオです!

泡典子は左側の真ん中に座りました。

一番奥にSHELLYさん。

収録は90分。

私はゲスト側ではなく記者側での出演だったので、風俗嬢の女の子が話す内容に、解説を入れる形で喋りました。

 

次スタジオ。

エロい雰囲気抜群ですよね。

このスタジオを選んだ方はマジでセンスある!と一人で感動してました。

収録内容については、触れませんが(ぜひオンエアをご覧ください!)収録自体は90分でしたが、オンエアは50分ちょっと。

編集でどこが削られてしまうのかわからないのですが、

主に【地上波で触れられないようなキワドイ内容・・の中でも、私たち風俗嬢にとっては一番ライトな内容】になるのかな?と思います。

私たち風俗嬢にとっては常識でも、知らない人が大部分なのですよね。

デリヘルとソープの違いさえ知らない人が多いわけです。

セックス産業は沢山のお客様が存在する業界であるのにも関わらず、それに関わる人間は社会から排除されてしまう。

そういう現実に、たくさんの女の子が違和感を感じていることは紛れもない事実です。

そのような状況で、多くの人が触れようとしない、もしくは避けているような社会の裏側で私たちは必死に働いている、生きようとしているという姿が、今回の番組で少しでも垣間見て貰えたらいいなと考えています。

そういう意味で、世の中に一石を投じるような番組になるのではないかと感じました。

私たちに目をかけて下さった、AbemaTVのスタッフの方々には感謝しております。

収録を終えた感想

最後に、出演させて頂いた率直な感想としては・・!

話し足りなかった!!!

です(笑)

おそらく、番組を見た業界関係者に言われるでしょう。

もっと踏み込んだ内容話せよ、と。

はい、申し訳ありません!次回がもしあるなら、もっと踏み込んでみせます。

風俗で働くという選択が、社会からのドロップアウトだと思われないような社会を目指して。

泡典子は水商売を通したキャリアアップをこれからも支援し続けます!

放送日については、追って告知いたします。

ぜひご覧ください!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

泡典子

NAISHOの編集長。
風俗のほぼ全ジャンルを10年かけて経験。マットを愛するアラサー。卒業して3年目に突入。昼職ではマナー講師、営業、秘書として勤め、起業経験も。離婚歴ありのシングルマザー。
現在はNAISHOのレンジャー陣と共に、波乱万丈な経験を生かして女の子の相談に乗り、接客指導からお店選びまで対応中。卒業後の自立・起業・再就職サポートもしています。

風俗デビューする理由は人それぞれ。でも大金の動く夜の世界を一度経験してしまえば、卒業後もワンランク上の生活を維持したい!と願ってしまうのは当然のこと。アメリカンドリームらしからぬ、たくさんの女の子の風俗ドリームの実現を目指します!