メンタル対処

風俗嬢とメンタルヘルス③

  • 閲覧数:25

女の子の闇は凄く深かった

心の病気は色々あります。
うつ病、適応障害、統合失調症。心が壊れてしまったら知らぬ間に、
こんな病気たちが、自分を侵略してきます。
自覚症状がある人も、無い人も、同じように苦しいです。
心の病気は、他人にから確認することは難しく、
治してあげるには、自分が病気と自覚する事が大切になってきます。
うつ病や適応障害、統合失調症これらの病気は、
年齢性別は関係なく、
どんな人にも発症してしまうかもしれないんですが、
精神疾患の1つで、難病指定もされている、
女の子が発症しやすい病気があります。
摂食障害です。
知っている方も多いと思いますが。
これは凄く厄介な病気です。
何故かというと、
摂食障害を患うと、心配してくれる人を敵だと思ってしまいます。
治療をさせるため、病院に連れて行こうとしたら、
火を噴いたように怒り出したりもします。

きっかけは、些細な事

摂食障害のきっかけは、些細な事と言われています。
しかし、ある日突然の些細な事という訳ではありません。
『何か』がある女の子に、些細な事がきっかけになるのです。
思春期になると、女子は肉付きがよくなってきます。
『太った?』『顔がパンパンになってきた?』
子供から、女性の体に変わっていくとき、
体質にもよりますが、女の子は太ってきたように感じたり、
実際、太ったりします。
『太った?』
そう、言われた女の子が、全員摂食障害にはなりませんよね。
そこで言われているのが、100パーセントではありませんが、
母親との関係家族との関係が
大きく関係していると言われています。原因が母親の場合、
大人になりたくないそんな気持ちがある事が多く、
最も身近な女性である、母親としてのあり方が関わっています。
たとえば両親の関係が、ぎくしゃくしていて、
母親が女性として幸せそうでなかったり、
いつも苦労していると感じていたり、
父親に優しくされていなかったり、
仕事と家事で辛そうだったり、
そうなると、自分の女性性を否定したくなります。
女性らしさを示す体になっていく事を拒否したくなり、
結果、脂肪を憎むようになります。
もう一つあります。
母親に認められなかった子が、拒食にいたることもあります。
子供の頃に自分を認めてもらえず、自己肯定感が低い場合です。
痩せる事によって、自分で自分を認めていきます。
『私、痩せた!』
母親が認めてくれない場合、こうやって自分を褒めていきます。
家族が原因の場合、家族の中に摂食障害の患者がいたり、
アルコール依存症、薬物依存症、
ギャンブル依存症の人が居てる場合や、
両親の不仲が継続している場合です。
家族が家族として機能していなかった場合
それがストレスや不安となって
摂食障害を引き起こすケースが多いようです。
厚生労働省の調査結果では、50人に1人が摂食障害となっています。
思春期の時期をどれだけ大切に過ごせるか…

摂食障害のまま大人になって

私が風俗業界で仕事をしている時、
摂食障害の女の子達は直ぐに見分ける事が出来ました。
そして、家庭の事情を抱えていたり、
複雑な環境で育った女の子が多い業界ですから、
疾患を抱えている女の子の絶対数も多いです。
風俗業界は、寮が用意されている事も多いので、
家族の協力で治療出来る事も少ないんですね。

食べる事が止められない過食嘔吐

食べないだけの摂食障害も恐ろしい病気ですが、
摂食障害の中で一番怖いのが過食嘔吐です。
精神的なストレスを感じると、
ドカ食いをしてストレス解消しようとする人は少なくありませんし、
女の子にとっては有効なストレス発散方法です。
でも、女の子の場合、ドカ食いをすると太ってしまう。
それは絶対に避けたいと思ってしまい、
食べた物を自分で嘔吐をするようになるんです。
痩せたい願望が強い人もそうですね。
食べた事を無かった事にしてしまおう!
そんな思考回路で、過食嘔吐が習慣化していき、
自分でもやめられなくなってしまうのです。
間接的な原因は、完璧主義な性格、依存的な性格、ストレスに弱い、
自己肯定感が著しく低い、家族関係。
だいたいが、そんな事情が複雑に絡み合っています。
過食嘔吐をしている人は、
いつも不安そうな表情をしている場合が多く、ソワソワしています。
栄養も足りていないので、顔色も悪いはずなんです。
分かっているから、自分でもやめたい…
過食嘔吐をしている事に対して、そんな自分に嫌気がさしています。
『こんな自分は大嫌い』
常にそう思っていますし、過食嘔吐している事を恥ずかしいとも
思っています。

このままじゃいけない…そう思ってほしい

寮生活をしていると、当たり前ですが
自宅では一人になります。
一人だから勿論自由です。
誰も文句を言わないですし、誰も見ていないですし、
誰も止めてきたりはしません。
そこに孤独感が襲ってきて、過食嘔吐を繰り返してしまいます。
寂しさを紛らわすのにも過食嘔吐が有効だと錯覚をしてしまいます。
そんな事をしているうちに、
1人前の普通の食事量が分からなくなって、
友人との食事も行けなくなります。
過食嘔吐は食事だけ普通じゃなくなるんでは無いんです。
大好きな友人との時間も、大切にしてくれる彼との時間も、
そんな大切な時間さえも失っていきます。
風俗業界で仕事をしていると、稼げる条件として
健康である事が必要になってきます。
今日の自分も大切ですが、数か月先の自分を見据えて、
その先が、今日よりも良くなっている様に…
過食嘔吐を繰り返している女の子には、そう思って欲しいなと思います。

若くして二児の母になった私は風俗の世界に飛び込む決断をしました。夜の世界の「光」と「影」を自身で経験しました。家族を守るため、風俗とともにがむしゃらに駆け抜けた6年間の濃密なコラムが皆様の元気に変わればと思い執筆活動を続けて行きますのでよろしくお願いします♪ Rie♡"

 
PAGE TOP