写メ日記で稼ごう♡指名No1風俗嬢が教える今すぐできる集客術!

  • 閲覧数:299

風俗のお仕事に欠かせないもの、それは「写メ日記」

写メ日記は女の子が自分からお客様にアピールできる唯一の方法です。

この記事では写メ日記指名一位を取ったことのある彩景が、明日からでもすぐ出来る写メ日記の書き方をお教えします!

 

えっちな文章を目指す

 

例えば、「S様先ほどはありがとうございました」

だけではあまりに素っ気ない上に、誰でも書ける文章ですよね?

そこで、「心情」「情景描写」を足してみましょう。

「S様の指がわたしのアソコを這う度にドキドキして、たくさん濡れてしまいました……(n*´ω`*n)ベッドがギシギシという音すら気持ちよく感じるなんて初めてで、どうにかなってしまうかと思いました……!本当にありがとうございました!」

どうでしょう。ちょっとえっちな雰囲気になったのではないでしょうか。

これを読むことで、「俺としたことを覚えてくれてる!」と思ってくれたり、再度興奮して「またこの子にしよう!」という気持ちを芽生えさせることができます。

ここでひとつ注意点なのですが、

あまり難しい漢字や表現は知ってても使わないようにしましょう。

 

わたしがAV女優さんを紹介するスタッフの仕事をやっていた時に言われたのが、

「どんなおじいさんでも子供でも読んでわかるエロい文章を目指せ!」

でした。

そういわれるとちょっと難しい気もしますが、頭の隅に留めておきましょう。

 

 

写真の角度は様々なものを使いましょう

 

自撮り棒や手を駆使して色んな向きの「えっちでソソる」写真を撮ってみましょう。

これは特に明日から、待機室や自宅の浴室でも出来ることです!

馴染みのお客様にお写真を撮ってもらうようお願いするのも良いと思います。

わたしが日記に今まで上げてきた写真も僅かですが上に載せておきました。

 

最近はヘブンネット限定(更にえっちな写真を上げてもいい鍵付き記事)などもあるので、

自分を知ってもらう武器として、どんどん写真は撮りましょう。

食べ物の写真やペットの写真も好物や日常を知ってもらえるのでオススメです。

特に食べ物は「差し入れは何にしよう?」と悩んでいるお客様へのヒントになるかもしれません。

もちろん顔写真も大事です。一部顔出しやモザイクで構わないので、

裸体の写真や食べ物の写真、顔の写真がバランス良く並ぶように心掛けましょう。

 

 

「似顔絵」を描いてみる

 

これは多少絵心がないと難しいので、ほんの少し上級者向けにはなりますが、

そんなにリアルな絵を描く必要はありません。

わたしは「クレヨンしんちゃん」みたいなラフな画風で描いています。

やっている方が少ないからか、これが最も反響がありました。

お客様の顔を忘れないようにたくさん見つめるので、

プレイ中も盛り上がりますし、少しでも絵心がある人にはオススメのやり方です。

1日10本は上げる

 

写メ日記をやる上で一番大事なことが、とにかく本数を上げるということです。

ヘブンネットの写メ日記一覧は1秒ごとにどんどんと更新されていくので、

1投稿程度ではすぐに埋もれてしまいます。

 

1日10件、今から出勤しますから始まり、出勤しましたお待ちしております、からの、

待機の時間お昼に何を食べたか、どういうプレイが好きか、お礼日記、ペットとの日常などなど……。

意外と探してみるとネタはその辺に転がっているものです。

待機の時間が少ない人は小刻みに写メ日記を上げるのも難しいと思いますが、

わたしは短文でも撮りためた写真を選んで「今から向かいまーす!楽しみにしています!」というのをアップしたり、

帰りの車の中でまとめてお礼などを上げていました。

とはいっても最初から10件目指そうとすると、「話題がない……。」と挫折しがちですから、

1日3件、出勤します、出勤しました、今日のお礼、などからはじめて、5件、10件と増やしていけば良いと思います。

「みたよボタン」や「マイガール」の登録人数、

またはメールや口コミなどの反響をパワーに出来ることからコツコツとやっていきましょう!

また、写メ日記ではないですが、お店に許可を取ってTwitterアカウントを取得し、

日記に載せていない写真や最速のシフトなどを上げるのもファン数を増やす上で有効だと思います。

それではここまで読んでいただき有難う御座いました!

少しでも皆様の写メ日記指名が増えることを祈っています!

彩景

20歳から友達がやっていたという理由で風俗の世界に足を踏み入れました。素人ホテヘルに始まりイメクラ、デリヘル……飲尿などが当たり前の激安店から高級店まで人生経験だと渡り歩き、体験は6年間にも及び、年齢を重ね大人のお姉さんが所属するアナル開発専門店にまで。今現在は鬼出勤で精神病を発症してしまったので緩いペースで出勤しつつ、ライターとしてコラムを執筆中。風俗のお仕事についてもっと知って欲しい、幸せな女の子が増えることを願って書き綴りたいと思います。

 
PAGE TOP