メンタル対処

【自分の心を失わないように】精神バランスを上手に保つたった3つの方法

こんにちは!毎日寒いですね。
でも夏より断然冬が好きなセイラです。
風俗業界で働いていると精神バランスを保つことの難しさに遭遇します。
365日前向きに頑張れる人なんて滅多にいません。
ある程度お店にも慣れてきて、そこそこの本指名のお客さんもいて、周りを見る余裕が出てくると業界やお店のブラックな部分に目がいきやすくなったり、人気が出てくると色んな方面から心もないようなこと言われたりして精神バランスを崩しやすいです。
人気嬢としての責任やプレッシャーを感じる人もいるでしょう。
そのようなとき、どう対応したらよいのか。
私なりの解決方法を共有したいと思います。

また前を向くために

気づく

自分の精神バランスが崩れかけ始めたとき気付くことが大切です。
気付いたら取り返しのつかないところまで病んでいた。
なんてことにならないようにしてほしいです。
精神病の中には1度発症してしまうと完治は見込めず、その先ずっと病と付き合っていかなければいけないものもあります。
初期段階で気付き対応すること。
ふっと思ったら実はすでに末期の状態だったというのは避けたいところです。
でも「ちょっと自分ヤバいかも」と気付いた時には時すでに遅しでその段階にいることがあります。
少しでも異変を感じたら自分の精神に注目してあげること。
ストレスに対する身体の反応がいつもと違うとか、普段はできないところに蕁麻疹ができるとか、やたら頭が痛いとか、なんでもいいのです。
いつもと違う反応が出たら見過ごさずに気付いてあげること。
自分の身体の異変に気付いてあげましょう。

休む


身体と精神は表裏一体です。
風邪をひくと精神まで病んでくる。
精神が病むと身体にまで変調がでてくる。
どちらかが崩れると両方崩れます。
とりあえずどちらかを回復することに集中する。
精神は難しいので身体面へのアプローチから始めるとよいでしょう。
「休む」
単純明快ですが、なんだかんだこれが1番効果的だと思っています。
休む=寝るではないです
寝ることが一番休まるという人はそれでいいと思います。
たくさん寝ましょう。
身体が回復すれば不随して精神も前を向いてくれるようになります。
睡眠だけでなく、好きなことをするのも休むに含まれます。
スポーツをするでもよし、映画をみるでもよし、旅行に行くでもよし。
自分の身体が喜ぶことをしてみましょう。
ちょっとした気分転換でもいいと思います
普段はコーヒーしか飲まないけど紅茶にしてみるとか、いつもと違う道で帰ってみるとか。
私は出勤時はいつも決まった曲を聞いてお店まで歩いていたのですが、気分が落ちているときは違う曲にしてました。

相談する


1人で考えているとどんどんネガティブになりがちです。
とりあえず人に話してみましょう
話しているうちに自分の中で整理ができて、解決策を自分で導き出せることもあります。
相談相手が提案してくれることもあります。
即効性のある解決策が見つからなかったとしても、話すことでスッキリすることもあります。
なんて意味のないことで悩んでたんだとわかることもあります。
身近に業界のことなんて相談できる人いないという場合には、ぜひNAISHOまで相談してください。

私から伝えたいこと

私も現役時代は「人生でこんなにもストレスを抱えることなんてこの先ないのでは?」と思うくらいにストレスを抱えていました。
しかし今それ以上のストレスを背負って生きています。
まさか業界から離れたほうがストレスフルな生活だったとは、当時は想像していませんでした。
何のためにお部屋にベッドがあるのかわからないくらいにベッドで寝れていませんが、貴方にはぜひベッドで寝てほしい。
疲れたら休みましょう。
雨が降ったら傘をさす。
同じ原理です。
原因に対して適切な対処をして精神バランスを保っていきましょう。
365日ひたすら頑張り続ける必要はないと思っています。
そんなに苦しんで働いてほしくない。
疲れたときには休んでそしてまた前を向いてほしい、と私は思っています。

PAGE TOP