男性向けコラム

【セクキャバ好きな男性は必見!】セクキャバ嬢の彼氏はこんな男だ!!

こんばんは、アダルトライターの百花繚乱です。
これを読んでくれている男性読者の中には、セクキャバが大好きな人も多くいるかと思います。
いつかセクキャバ嬢が落ちてくれるかもしれない、1回くらいセックスさせてくれるかもしれない…。
などと淡い期待を持ってセクキャバに通い詰めている人もいるでしょう。
しかしセクキャバ嬢は若いですし、可愛らしい子も多いですから、残念ながらたいてい彼氏がいるのです(笑)。
では、セクキャバ嬢たちはいったいどんな男に落ちているのでしょうか?
この記事で解説していきたいと思います。

セクキャバ嬢の彼氏っていったい?

もちろん夢を売る商売ですから、お客様に訊ねられても店内では「彼氏いないんです~」ということになっているでしょう。
でも、若い女の子なら恋愛をしていて当然ですし、出会いもチャンスもなくはありません。
そして、セクキャバ嬢たちは総じてイケメンが大好きなのです。
夢を壊してごめんなさい(笑)。

イケメンホスト


セクキャバがある場所は繁華街なので、ホストクラブも多いです。
そしてセクキャバ嬢は、高確率でホストクラブに行く機会があります。
みずから通ってお気に入りを指名している子もいれば、お店友達に連れられて行くこともあります。
ホストの彼氏にセクキャバで稼いだ金品を貢いでいる子も、少なくはありません。
いつもいやらしいおじさんを、嫌というほど見ているセクキャバ嬢たちが、話を聞いてくれて、疲れた心を癒してくれるイケメンホストに落ちてしまうのは、ある意味ごく当たり前のこと。
でも、ホストはそう簡単にセクキャバ嬢に落ちてはくれません。
付き合っていると思っているのはセクキャバ嬢のほうだけで、ホストの都合いいように利用されている子もかなりたくさんいるのです。

お店のボーイ

このパターンはとってもありがちです。
セクキャバのボーイたちの中にはおじさんも紛れていますが、たいていハタチそこそこの見栄えがよくて若い男の子がやっていることが多いです。
女子高の中に若い男性教師をひとり送りこんだら、モテますよね?
あの原理です。
もちろん、商品であるセクキャバ嬢に手を出すことは「風紀」と言われ禁じられてはいますが、若い男と女が同じ職場に長くいて、デキないほうが不思議です。
わたしのいた店では、風紀がバレたら男女それぞれ100万円という高額罰金が定められていましたが、なんのそので「デキちゃってる」子たちはたくさんいました。
見た目や愛想のいいボーイがある日突然消えたら、セクキャバ嬢との風紀がバレたのだと思ってほぼ間違いないでしょう。
セクキャバの若いボーイはお店の女の子、2~3人は食べている可能性が高いです(笑)

お客様


最後に希望の持てる話も書きます。
セクキャバ嬢が、お客様に惚れてしまうことも少なくはありません。
実際にわたしもお客様とアフターに行き、そのままお付き合いしたことがあります。
単に遊ばれただけでしたが…(苦笑)。
セクキャバ嬢に好かれるためには、「イケメン」「嬢と年が近い」「お金をそこそこ持っている」という三拍子がそろっていなければ難しいですから、お客様の一割もいらっしゃいません。
そして一番大切な条件は、「紳士的である」ということです。
セクキャバ嬢たちはエッチなことには食傷気味で、少々うんざりしているもの。
わたしも、「お話をしているだけで楽しいんだ」と、セクキャバに来ているのにもかかわらず、エッチなサービスをさせてくれなかったお客様にコロッと落とされたのです。
単純ですか?
もちろん、「イケメン・同年代・お金持ち」の三拍子はそろっていた男性でした。
セクキャバに行って、女の子に指一本触れられないなんてもったいないじゃないか!
と思われるかもしれませんが、セクキャバ嬢に惚れられてアフターに連れ出して、もっともっとイヤラシイことをしてもらったほうが絶対にお得だと言えるのではないでしょうか?
もしあなたが若さやルックスにそこそこ自信がある男性ならば、ぜひ一度セクキャバで紳士的に振る舞うことを試してみることを本当におすすめします。
ガツガツしている男性は、セクキャバ嬢にもモテませんよ♪

まとめ


セクキャバ嬢の彼氏について、現実的なことをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
世の男性の夢を打ち砕いたのだとしたらごめんなさい(笑)。
でも、セクキャバ嬢たちも男性が好きなひとりの女の子ですし、仕事を忘れて普通の恋愛だってしたいと思っています。
絶対に落ちてくれない、難攻不落の女性とは違うのではないでしょうか。
もしもあなたがイケメンホストや、かわいいボーイを押しのけてもセクキャバ嬢の彼氏になりたいのなら、まずはお店に行ってあげてください。
高価なプレゼントなんて持って行ってはいけません、それでは「カモ客」と認識されてしまうだけです。
紳士的に優しく振舞う」これにつきます!
落としたいセクキャバ嬢がいるのなら、ぜひ試してみてくださいね。

アダルト・風俗ライター。お下劣ショークラブからはじまり、出会い系での援助交際、アダルトライブチャット、セクキャバ、デリヘル、ホテヘルなど多種多様な風俗を経験。元メンヘラで、現在は旦那大好きな幸せな人妻。自分の経験を通じて、現役でがんばる女の子たちの力になることができればと精力的に執筆中。

 
PAGE TOP