風俗業界の知識

出稼ぎ風俗での写メ面接で気を付けること5つ!

  • 閲覧数:6

出稼ぎ風俗に何度か行ったことのある女性なら経験した事がある女性も多いと思います。

「実物と写メが違いすぎるので保証はなしになります」
「事前にいただいていて写メと違いすぎるので不採用です。お帰り下さい」

このようなトラブルにあってしまうと、本当に時間の無駄です。
気を付けて頂きたいことをまとめました。

出稼ぎの写メ面接で気を付けること

標準カメラアプリで撮影する

絶対に標準がいいというわけではありませんが、プリクラの様な修正や加工をしていては現地入りした際にトラブルになる可能性があります。
「写メと明らかに違うので不採用です。」
となる可能性があるということ。

スッピンで撮影しない

接客する時と同じく、しっかりお化粧しましょう!
写メで面接している ということを忘れずに。

背景にも気を配る

大量のごみが写り込んでいたり、ぐちゃぐちゃな部屋での撮影は避けましょう。
例えご友人の家で撮影し、ご友人が掃除をあまりしない方だったとしても同様です。
あなたの部屋だと思われ、綺麗な部屋で撮影されているのと比べて、悪印象になります。
最低でもカメラに写り込むばしょぐらいは綺麗にしましょう!

修正や加工をしない

綺麗に撮影できるカメラアプリの中には、目を大きくしたり、身体を細くしたりできるものもあります。
先程も説明した通り、現地入りした際に”別人が来た”と思われてしまう可能性もありますのでご注意を。
体型は姿見またはセルフタイマーを使って撮影する
自分の体型を自撮りするのはなかなか難しいです。
体型を送るという事は、あなたが細いのか太いのか普通体型なのか。傷やタトゥーはないのか。などを見ています。
自撮りでは体型をしっかり確認することができません。
体型のわかりやすい下着になり、姿見またはカメラを置いてセルフタイマー、または友人に撮ってもらうなどにしましょう。

角度をつけすぎずに正面から撮影しましょう

斜め上から撮影したり、手で顔の一部を隠すなどはせずに、免許証の証明写真同様、正面からわかりやすく撮影しましょう。

まとめ

自分では盛り写メを撮っていないと思っていても、店舗側が”盛り写メだ”と感じていれば一緒です。
その判断ができない場合はお気軽にnaishoまでご相談くださいね!
※過去に似たような記事も書いていました!
もっと詳しく知りたい女性はこちらもご確認ください!

出稼ぎ嬢として5年以上働いてきました。私の性格的に様々な情報収集をし、数百人以上の出稼ぎ女性と話したり私の知識を伝えてきました。NAISHOではトラブル相談も乗っておりますのでちょっとした悩みや質問でもお気軽に!女性の皆様がトラブルに合いませんように!

 
PAGE TOP