【チャットレディって本当に稼げるの!?Part①】風俗とチャットレディの共通点と相違点




こんにちは!

切れ痔になった「いろは」です・・・。

お尻に切れ痔ができたということは、しばらくチャットレディでのアナル露出を控えなければいけないということ。

流石に客に切れ痔見られたくない・・・。

最近Twitterや質問箱で「チャットレディって稼げるんですか?」という質問を頂きます。

チャットレディ歴1年のいろはが、チャットレディは本当に稼げるのか?というのを検証して行きたいと思います!!

風俗とチャットレディ

まず最初に稼げる・稼げないではなく、風俗とチャットレディの共通点と相違点からお話をしていこうと思います。

共通点と相違点、メリットとデメリット全てを理解した上で、自分にチャットレディという仕事が合っているのかというのを考えて頂きたいです。

まずは共通点から。

風俗とチャットレディの共通点

今回は私がアダルトチャット(以下アダチャ)しか経験がないので、アダチャについてお話します。

裸になるお仕事

風俗との最大の共通点は「裸になる仕事」ということです。

チャットが始まって直ぐに脱衣を要求してくる人もいますが、会話から始めて徐々に脱いでいくというお客さんもいます。

基本的にお客さんが文字で女の子が会話、というお仕事の仕方が多いのでチャット画面に送られてきたお客さんの指示通り要求に答えて行きます。

アダルトグッズ

風俗の仕事ではオプションとして登場するアダルトグッズですが、アダチャでは毎回登場します。

画面越しでの接客になるので、いかに上手くオモチャを使いこなし、お客さんに視覚と聴覚のみで快感を与えられるか。

たった2つの感覚のみで快感を与えるのはとても難しいですが、オモチャとカメラのアングルを使いこなせば誰でもできるようになります。

会話が命!

風俗でも最初はお客さんとの会話からプレイがスタートしますよね。

アダチャでも同じで会話から始まり、徐々に服を脱いで接客が始まります。

多くのお客さんが文字でのやりとりになるため、ネット回線の都合で少し会話に間が空くこともあるのが難点ですが、笑顔でノリ良くしておけば大抵のお客さんは喜んでくれます。

しかし例外もあり、チャットに入ってきて早々服を脱げと言い、自分が脱いたらさっさとログアウト・・・。

そういうお客さんがいるのも風俗と共通している部分ではないかと感じます。

しっかり会話をしてくれるお客さんもたくさんいるので、しっかり心を掴んで常連さんにしましょう!

素人感が重要!

風俗店の中でも「素人感」を重視しているお店がたくさんあります。

素人の女の子とエッチなことをしたい!!!というお客さんの需要が高まり、素人系のお店が増えています。

アダチャでも同じで露出度が高い服を着て、濃いメイクに派手髪という女の子は正直ウケが良くありません。

暗めの髪の毛に清楚な服装。

恥ずかしいけど、気持ちいことがしたい////」みたいな、エッチなことに興味のある素人がウケます。

ちなみに私は金髪で露出の高い衣装でチャットをしていますが、ド変態ドM痴女で売っているので髪色が変わろうとお客さんは増えています(笑)

風俗でも自分をどう売るのか、という自分をブランディングすることが必要ですが、アダチャでも自分をどう売るのかという試行錯誤は必要です。

新人期間がある!

初めて登録したチャットサイトなら、新人期間というものがあります。

サイトによって何時間分のチャットが新人期間になるのか変わって来ますが、お客さんを掴むのには十分な時間です。

新人期間中のチャットはお客さんが払う1分当たりの料金が半額になることが多いので、お客さんは好みの新人に目星をつけてチャットをします。

結構お客さんがログインしてログアウトしてを繰り返して忙しないですが、新人期間中に常連客を掴むと後々仕事がしやすいです。

お客さんとサイト上で連絡が取れる

風俗では姫予約がありますが、チャットでもお客さんが「この日時にチャットしたいな♡」とチャット予約を女の子に送れる機能があるサイトもあります。

またチャット後のお礼メールや、久しぶりログインした時などにお気に入りしてくれているお客さんに一括送信でメールを送るなど、メールでのやり取りでも少しの報酬が入るのでお客さんとの連絡は怠ってはいけません。

完全歩合制

風俗と同じでアダチャも完全歩合制です。

お客さんが1人もチャットに入ってこなかったら、その日のお給料は0。

待機時間に応じてポイントを付与してくれるサイトもありますが、スズメの涙程度です。

風俗とチャットレディの相違点

一切触られない

風俗とアダチャの最大の相違点は触られないことです。

もう男の人に触られるの疲れた!!という人や、男の人に触られるのに抵抗を感じる人にはとてもいい仕事だと思います。

画面越しに裸を見られるだけなので、乳首をこねくり回されて痛い、という事態には絶対になりません。

日払いではない

これは自宅でチャットをするか、事務所に所属してチャットをするかによって違います。

事務所に所属し、通勤してチャットのお仕事をした場合はその日のうちにお給料がもらえますが、自宅の場合は申請して1.2日後の振り込みになるので直ぐに稼いだお金が手元に入る訳ではありません。

待機中は休めない

風俗の待機中はご飯を食べたり、少し仮眠をしたり。

休憩のできる時間が待機ですが、チャットでは違います。

待機中はお客さんに見られている状態、品定めされているので常に笑顔でいるのが基本です。

ずっと笑顔で手を降っている女の子もいますが、私は事務的に見えるので、たまにニコッと笑って手を振っています。

1度にたくさんの人を接客できる

風俗は基本的に1対1での接客が多いですが、アダチャでは1回のチャットでたくさんのお客さんを接客できます

ノーマルのチャットをしている女の子のチャットルームに、お客さんは何人でも入れるので人気のある女の子のチャットにはたくさんのお客さんが入ります。

私は1回のチャットで5人お客さんが入ったのが最高でした。

私のチャットサイトでは1人のお客さんの1分当たりの料金が75円なので、3人だと分給は225円になります。

1度だけ1人の女の子のチャットに105人のお客さんが入っているのを見て、びっくりしました。

計算したらその女の子は1分で7,875円稼いだことになります。

このように常に1対1という訳ではないので、パフォーマンス次第ではお客さんをいくらでも増やすことができ、給料も無限に増やすことができるのがチャットです。

次回はメリットとデメリット

今回は風俗とチャットレディの共通点と相違点を紹介しました。

チャットレディという働き方はとても自由度が高いように見えますが、とても苦労の多いものでもあります。

見せ方の研究やカメラ映えするメイクなど、勉強しなければいけない点も風俗と共通していることです。

次回はチャットレディのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

オススメコラムはこちら!

【売れっ子になるには心がまえが必要】目指せ!毎回受付終了!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

下記の友だち追加バナーをクリック!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

友だち追加

いろは

NAISHOメディアディレクターをやらせて頂いております。17歳から援助交際を始め「セックス依存症」になった私は18~22歳までの4年間デリヘルで働き続けました。無理な働き方により体を壊し、今でもストレス性の喘息と蕁麻疹と共存しています。現在は風俗ライター・相談員・業界の様々な事情を取材しつつ、メンエスの内勤さんもしています。現役を引退して2年、この業界にまた戻って来たのは、ただただ好きだから。たった1人で悩む女の子のために活動を続けていきます!