【ゲス嬢いろはでもNo.1になれた訳】たった5つの事を続けただけで結果が目に見えてくる!




こんにちは!

最近寝起きと就寝前にヨガマットの上でストレッチをするという、フォトジェニック感満載の生活を送っています「いろは」です。

特に痩せたとかは無く、運動する体づくりをしているので、痩せるのには時間がかかりそう・・・。

現在体重が●6キロある私でも、現役の時は43キロとなかなか痩せてました。(ドヤァ)

スタイルいいね!」とお客さんに言われていたのですが、今では彼氏に「大きな背中だ!!」と言われます。

これでも元No.1嬢だったんです(泣)小さいお店だったけど・・・。

私は意識高い系ではなく、むしろ意識低い系。

面倒くさがりで、ガシマン客のアナルを無理矢理ほじくっていた私でもNo.1になれた訳を今日はお話したいと思います。

ゲス嬢がNo.1になれた訳

私情は仕事に持ち込まない

風俗のお仕事を3年間ほぼ週5.6出勤して病まないはずがありません。

クソ客ばかりの日もあれば、良客ばかりの日もある。

プライベートで嫌な事もたくさんありましたが、私情を仕事に持ち込むのはいけません。

これはどんな仕事にでも言える事だと思います。

イライラを表面に出したまま接客すると、お客さんはすぐ分かりますし、人の感情って移るのでお客さんも不機嫌に・・・。

どんなクソ客でも笑顔で迎えて、笑顔で見送る。

NGにするかしないかは少し考えてから決めて、NGにするならするでOKだと思います。

シフトには責任を持つ

当欠という言葉がありますが、私は風俗のお仕事で当欠したことはありません。

普通のお仕事なら数え切れないほどありますが・・・(笑)

提出した出勤予定は絶対に休まない。

これだけでお客さんが予約を取りやすくなります。

風俗の出勤は基本自由出勤です。

しかし私は自分で週に何日か固定の出勤日を作っていました。

あとは自分の予定や体調に合わせて間に休みを入れていきます。

これだけでお客さんに「この子はこの曜日には絶対に出勤している」というイメージがつくので、お客さんも予約を取りやすくなります。

当欠をしたくなる気持ちはよく分かります。

私も「行きたくない〜」って時は代表に電話して家の前まで迎えに来てもらっていました(笑)

メンタルを削られるお仕事なので、無理は禁物です。

しかし仕事は仕事。

今の風俗業界はシビアになりつつあるので、仕事意識を強く持たなければ後々損をすることになるのは自分です。

もし無理なシフトを出している人は、一度見直すことをオススメします。

アナルをほじれ!

ガシマンをされたら、客のアナルをほじくっていましたが、この制裁が思わぬ方向に・・・。

大体のお客さんが「ケツなんてやだ!」と拒否をするのですが、一部のお客さんはアナル中毒に大変身しました。

少し前までガシマンクソ客だったのが、月日を重ね「アナルほじって♡」と、それはもう大人しくなります。

触られなくなるので、体の負担も痛みによるメンタルもノーダメージ。

最初は8割受け身プレイでしたが、2年目を過ぎた頃から攻め6割くらいの割合になっていました。

最初からアナルに指をねじ込むのは流石に切れて痛いので、少しずつアナルを慣らして飼い慣らしましょう。

※超自己流接客術のため、試すのは自己責任でお願いします。

写メ日記は毎日

写メ日記の更新自体面倒だと感じなかったので、毎日更新することに苦痛を感じたことはありません。

自分の食べたいものを載せてお客さんが差し入れをしてくれるのか?という実験をしていました(笑)

甘いものが苦手なので、ジャーキーが食べたい!!と書いてみれば、差し入れにジャーキーが♡

一時期ジャーキーばかり載せていたら、家にストックが大量にできました。

当たり前ですが、写メの使い回しはしません。

毎回自撮りをするのは確かに面倒でしたが、予約が入るならそれで良し!!

プレイを楽しむ

おっさんとプレイを楽しむって簡単にできることではありません。

私は性欲発散のために働いていたようなものなので、プレイを楽しむことは簡単でした。

気持ち良ければいいし(笑)

最初は自分の性欲発散で始めた風俗も、いつの間にか「楽しくプレイ出来るから」と指名してくれるお客さんも増えていました。

ただただエロい雰囲気を終始作っているよりは、笑いありエロありの方がまだ気が楽です。

それに肉体的にスッキリさせるだけより、2人で笑って心も軽くさせる方が満足度は上がり、お客さんからの指名率も上がるのではないでしょうか?

当たり前のことプラス

客のアナルや尿道をほじり、嫌な客にはトコトン嫌がらせをしてきた私でも2年間不動のNo.1でした。

在籍1人とかあったけど・・・(笑)

毎月80万をコンスタントに稼げた理由は、当たり前のことを当たり前にやったからです。

ただそれだけ。

当たり前のことを当たり前に出来る様になったら、プラスで自分の接客術だったり、プレイテクを入れていきましょう。

風俗のお仕事は環境と努力次第で、必ず結果が目に見えてくるお仕事です。

周りがこうだからと言って自分らしさを捨てないようにしてください♡

オススメコラムはこちら!

【月曜から夜更かしで話題沸騰!】スパルタダイエット!SMジムに行ってみた!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

下記の友だち追加バナーをクリック!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

友だち追加

いろは

NAISHOメディアディレクターをやらせて頂いております。17歳から援助交際を始め「セックス依存症」になった私は18~22歳までの4年間デリヘルで働き続けました。その結果、残ったものは「過度の不眠症」と「ストレス性じんましん」。現在はチャットレディと風俗ライターとして風俗関連のコラムを始め自分が本当に好きなことをして生きています。風俗のことをもっと知ってもらいたい。悩んでいる同性の女の子に少しでも私のコラムがチカラになるよう日々奮闘中!