【これから風俗で働こうとしている女の子へ】風俗の悪いイメージって本当なの?




こんにちは!

せりにゃんです。

皆さんは初めて風俗業界に飛び込んだ時の事を覚えていますか?

私はまだ風俗のお仕事を初めて1年立っていないので、ついこの間の事のように覚えています。

今日はこれから風俗を始めようと思っている女の子に向けて、風俗業界で働く前と働き始めてからのイメージの違いについてお話したいと思います!

意を決して飛び込んだ風俗業界

風俗で働こうと思っている女の子の多くは、

  • どんな所か分からないし怖い人がでてきたらどうしよう
  • 面接の応募したけど行く勇気がでない
  • 初出勤が怖い!

という気持ちが少なからずあると思います。

現役風俗嬢さんの大半が、こんな思いを持ちながら意を決して風俗業界に飛び込んだのではないのでしょうか?

私は風俗嬢になる前は、風俗業界に対して怖いというイメージが強くありました。

面接と初出勤の時の怖さと緊張は今でも忘れられません。

右も左も分からず「怖い人が出てきて、嫌なことされたらどうしよう。」と心配ばかりしていましたが、面接で出迎えてくれた人は“普通の人”でした。

もちろん、店によって違いますし、すべての店がいいお店とは言えません。

大抵のお店は皆さんがイメージしている怖い人ではなく、昼のお仕事で働いている人となんの変わりもない人達がスタッフをしています。

風俗業界1本のスタッフもいれば、昼職と掛け持ちをしているスタッフもいます。

ドライバーさんの中には学生アルバイトだったりもします。

昼職と風俗、昼と夜のどちらも経験して風俗業界に飛び込んだ私にとって、風俗店のスタッフさんは昼職の職場の人より優しかったです。

噂とは違う世界

私はヘルスサービスのみで本番行為は一切しない、デリヘルで働いています。

風俗業界に飛び込む前は、

  • 無理やり挿れられちゃうらしいよ!
  • 本番するのが当たり前らしい!

などなど、様々な噂をネットなどで目にしていたので、それなりの覚悟で働き始めました。

しかし全くもってそんな事はありません。

万が一、お客さんに挿れそうになったり挿れられてしまった、なんて事があればスタッフさんがすぐに駆けつけてくれます。

緊急事態に備えているお店の中には、ボタンを押せばすぐにスタッフさんに緊急事態を知らせてくれる、防犯グッズを揃えているお店もあるくらいです。

注意して頂きたいのは、自分の身を最も守れるのは自分ということ。

緊急事態にスタッフさんが駆けつけてくれるかもしれませんが、スタッフさんが来るまでに自分を守るのは自分です。

無理やり挿れられそうになったり盗撮された時の対処法など、緊急事態にどのような行動を取るべきなのかを知っておいてください!

風俗業界は怖くない

風俗嬢になる前は風俗のお仕事に対して、マイナスなイメージしか抱きませんでした。

お店のホームページや求人を見ても全部嘘にしか見えないし、これ本当なの?女の子は本当に在籍している子達なの?などなど、心配な要素ばかりが自分の頭の中を埋め尽くしていました。

不安要素ばかりなので、なりなか踏み入れる事ができず、でもお金が必要だから働かなければいけない、でも怖い・・・

この繰り返し。

しかし実際に働いてみると、これまでに抱いていたイメージとはかけ離れた環境。

メンタル面を気遣ってくれたり、いつでも相談に乗ってくれるスタッフさん。

女の子の不安や負担をなるべく減らそうと、仕事の手助けをしてくれる環境がありました。

怖がる必要なんて1つも無かったです。

集団待機だといじめがありそう、なんて心配要素もありますがそんな事もなく、同じ風俗嬢だからこそ分かり合える事や何かあれば相談しあったり、先輩風俗嬢のお姉さん達からはアドバイスをもらえたりもします。

これから風俗で働こうと、今ネットでお店を探したりしている女の子。

どうしようか迷っている方は、是非1度NAISHOに相談してみてください。

風俗経験者のスタッフが風俗について1からお教えいたします!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)