【必読!!緊急告知!!】ついにNAISHOが〇〇進出!?




こんにちは!

東京最後の夜に美味しいお肉を食べて、大満足の「いろは」です♡

今回の東京出張は体験レポのため、ある場所に潜入したり面談に行ったりとても盛りだくさんでした!

しかし!!!

今回のメインと言って良いイベントが、11月30日に行われます。

今日は告知コラムなので、いつもとテイストが変わりますが、重大発表があるので最後までお付き合いください♡

あれは先月の話・・

10月末日。

NAISHO宛に1通のメッセージが届きました。

差出人は「AmebaTV Wの悲喜劇」さんから。

NAISHOを見て、是非ライターさんに出演して頂きたいとのことでした。

願っても見ないチャンスが巡ってきて、私は嬉しいより「私変わらないと・・。」と焦りを感じました。

英語を勉強していた頃、語学番組はとてもお世話になったので、SHELLYさんが司会MCを務める「Wの悲喜劇」からのオファーは夢を見ているようでした。

そしてNAISHOライターの中から出演するのは、元高級嬢で風俗歴10年のベテラン、NAISHO編集長の泡典子さんです!

29日、呼ばれた先には

29日の午前中、典子さんから都内某所に呼ばれ行ってみると「今から30日AmebaTVの収録に一緒に行く人と打ち合わせするから!!」

数十分後にやってきたのはスレンダーなお姉さん。

AmebaTVの告知と共に、出演する現役風俗嬢さんの詳細と打ち合わせを急遽取材することになり、打ち合わせに同席させて頂きました。

まずはWの悲喜劇がどんな番組なのかを紹介していきます。

Wの悲喜劇ってどんな番組?

AmebaTVの番組で、MCはSHELLYさんが務める「男子禁制」の番組。

日本一過激な女のニュース番組です。

過激さはNAISHOも負けていません(笑)

Wの悲喜劇では「テレビでこんなこと言っていいの?」というレベルの、ヘビーでダークな内容を毎回女子会のように話し合います。

「その時どうしたの?」

「どう思ったの?」

際どい内容も赤裸々に語られる番組は、どんな番組よりワクワクドキドキさせてくれます。

毎週土曜日の23時〜24時にAmeba NEWSチャンネルで放送されていて、再放送は日曜日の17時〜18時です。

詳細はこちら→Wの悲喜劇

一緒に出演する女性はどんな人?

今回典子さんと出演する現役風俗嬢さんは、スレンダーなお姉さん。

声が可愛くて、綺麗なお顔が笑ったら頬もほころぶキレカワな「みやびさん」です。

趣味は読書と好きなバンドのライブに行くこと。

お家にいるのが好きで、小説や漫画などをよく読んでいるそうです。

打ち合わせ兼取材が始まって、笑顔の口から出てきた言葉はとんでもなくヘビーでした。

「私の弟刑務所にいたんです。」

義母に搾取され・・・

みやびさんの弟さんは結婚し、奥さんの実家で暮らすことになります。

しかし幸せな結婚生活とは裏腹に、待っていたのは義母からの給料搾取

子供が産まれても搾取され続け、お金がないことが結果的に犯罪を犯すことになってしまいました。

刑務所に入ることになって離婚しましたが、出所後「もうあの家族とは関わりたくない」と決めて新しい人生を歩みます。

離婚して長く月日経てば、当然新しい恋人ができます。

しかし離婚をして彼女ができても、自分の子供は愛おしいです。

会いに行くと元奥さん含め家族は、弟さんに彼女がいることに対してネチネチ嫌味を言い、元奥さんは子供を親に預けて夜遊びに・・。

話し合いの末、元奥さんとはしばらく会わないことになったそうですが、奥さんに会えないと子供に会えません

未だに元義母からの嫌がらせは続いているそうです。

聞いた時、弟さんの元義母のような酷い人間がこの世にいるんだ・・と衝撃を受けました。

ヘビーな事情を抱えるみやびさんは、どのような風俗人生を歩んでいるのでしょうか?

友達に騙されて・・・。

みやびさんが風俗を始めたきっかけは、友達に騙されたから。

お店に行ったら面接もなしで仕事が始まり、どういう風に接客をしていいか分からずのまま、お客さんが付きっぱなしだったそうです。

しかしパチンコ屋でバイトして手に入れていた、月10万の給料が1晩で手に入るので18歳〜21歳まで風俗のお仕事を続けました。

ある日金銭感覚の狂った同業の女の子と話していて、「私はこうなりたくない。」と思い風俗の仕事から離れます。

普通のバーでしばらく働きますが、家庭の事情で22歳再び風俗に出戻り。

現在も現役嬢としてお仕事を続けてみえます。

放送日は後日Twitterで!!

今回の出演ではみやびさんの他に2名の女性が出演されます。

詳しい放送日は私のTwitterで改めて告知させて頂きますので、お見逃しなく!!

たくさんの人に見ていただけることを願っています♡

NAISHOのメディア進出を機に、私もより一層女性のためになるコラムを書いて行きますので、これからもよろしくお願いします!

Wの悲喜劇お楽しみに♡

典子さんが収録レポート記事を載せているので、そちらも是非ご覧ください!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

下記の友だち追加バナーをクリック!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

友だち追加

いろは

17歳から援助交際を始め「セックス依存症」になった私は18~22歳までの4年間デリヘルで働き続けました。無理な働き方により体を壊し、今でもストレス性の喘息と蕁麻疹と共存しています。現在は風俗ライター・相談員・業界の様々な事情を取材しつつ、メンエスの内勤さんもしています。現役を引退して2年、この業界にまた戻って来たのは、ただただ好きだから。たった1人で悩む女の子のために活動を続けていきます!