【風俗で働く人に1度は考えてほしいこと】ピンサロ嬢が語るデメリットとメリットは表裏一体?




今年は雪で転ぶことなく過ごせました、元ピンサロ嬢セイラです。

毎回雪が降るとテンション上がっちゃって喜んで外出て、転ぶんですよね。

今年は身の安全を第一に考え早々と帰宅しましたが、電車遅延には巻き込まれました・・・。

もしも雪で転倒して骨折したらお仕事はどうなるのだろう?

ふと思い浮かんだ考えから、今回は風俗業界で働くにあたってデメリットとなる出来事などを考え、メリットへと転化していきたいと思います。

風俗で働いている女の子には、1度今回のコラムの事例について読みながら考えてほしいです!

デメリットをメリットへ

身体は資本

右足を骨折したとします。

OLさんだったら不自由はあるものの出社して、ある程度のお仕事はこなせるはずです。

しかし、これが風俗嬢となると話は変わります。

まず出勤できません。

もちろん一般の仕事でも怪我や病気で仕事ができない場合もありますが、風俗は確実に働くことが難しいです。

お店側も出勤させてくれないでしょう。

働けない=お金が稼げない。

常に自分の身体の安全を考えた行動を取るべきです。

自分の身体をフルに使う仕事だからこそ、少しの危険にも油断してはいけません。

しかし誰にでも予期せぬ出来事は起こりますよね。

後ろを歩いていた人が滑って転んで自分にぶつかって怪我をする、なんて普通は予知はできません。

いつ怪我や病気で働けなくなっても、休養中の生活費と治療費などに対処できるよう、ある程度の貯金を蓄えるのが対策になるでしょう。

完全歩合制のお仕事だからこそ普段から貯金をすることや、もしものことを考えられるようになることは風俗業界だけでなく、一般のお仕事に就いた時にも役に立つと思います。

安定しない

風俗のお仕事の多くは完全歩合制なので稼げる日、稼げない日は出てきます。

給料日直後の月末やイベントの日は稼げても、悪天候の日やイベント直後などは稼ぎが悪くなったりするのはよく聞く話です。

またお店によって稼げる曜日・時間帯も存在します。

ビジネス街近くのお店であれば、平日の昼間にもお客さんが入る場合もあるでしょう。

稼ぎの不安定さを自分の努力で補えることができたら嬉しいですよね。

まず私は天気予報を必ずチェックしていました。

天候によってお店のお客入りの差をチェックします。

お店のイベントの内容・曜日・回数を把握し、イベント後の集客をどうするかも試行錯誤していました。

稼げない要因があるのならそれを分析・解釈し、対応策を考える。

いかにして要因を味方につけるか。

波がある業界であってもその波に身を任せて何の考えもないまま出勤するのではなく、自分でどう攻略していくかが重要です。

効率よく出勤して稼ぐ術を身につけると、かなりお仕事の仕方は変わってくるのではないでしょうか?

性に対する考え方が変わる

1度自分の身体と引き換えにお金を稼いでしまうと、性的な行為がお金を稼ぐツールになってしまう場合があります。

以前オーラ診断ができたり、人を見るとその人がどういう人か診断できる能力をもっているお客さんに出会いました。

その人にこう言われました。

「何も考えずに無垢に純粋に楽しんで性的な行為をしてほしい」と。

なるほどと思いました。

私は自分が気付かない間に、純粋にセックスを楽しむことはできなくなっていたのだなと。

常に風俗嬢である自分を背負って、人と触れ合っていたのかもしれないです。

ただ、これはあくまでも私のケースです。

もともとセックスが好きで仕事とプライベートも分けて考えることができて、私生活には何も支障をきたさない人は心配する必要はありません。

性の奥深さに気づき、新たな楽しみ方なども発見したりして、さらにセックスが楽しくなる人もいると思います。

基本的にオブラートにされているセックスについて詳しく知れる機会になるかもしれません。

まとめ

デメリットもありますが、それは風俗業界に限ったことではありません。

むしろデメリットがない仕事など探すほうが難しいです。

考え方次第でデメリットはメリットに変わります。

デメリットを理解し、メリットに変えて充実した風俗嬢ライフを送ってほしいです!

オススメ記事はこちら!

【ヘルス歴2年目のMimiが満を持してソープデビュー!!】ソープを始めたきっかけとお店選びの仕方

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

セイラ

援助交際の非効率さに辟易しピンサロの門を叩く。オナクラやヘルスも経験するがピンサロの居心地がよく、気がつけばピンサロ歴は5年。お店ナンバー1を目指して登りつめた結果、得たものは摂食障害と人間不信。でもプラスになったこともある。そんな私の経験でも誰かの役に立てればと思い執筆中。