【風俗嬢はご褒美として自分にどうお金を使うのか】家にお金を入れているまつうらはちの場合。




こんにちは!まつうらはちです。

風俗で働いてしまうと、こんなにお給料を貰えるんだ!と思う時があります。

私の場合は、ごく普通のお店での勤務が多かったのですが、人気のあるタイプではなかったので、すごいお給料がいいわけではありませんでした。

でも、風俗をしていない24歳女性に比べたら収入があるのは承知しております!

そんな私ですが、贅沢したくなるときがあります。

と言っても、家にお金を入れてたため本当に微々たる金額しか使えません。

今回は私の自分へのご褒美についてお話したいと思います。

まずは食べ物

1回デリヘルのお店で、出前を頼んだときに2000円のお弁当を買いました。

お肉のホルモン弁当だったのですが、とても美味しかったです♡

でも、ここから悲しいお話・・・。

その日もらったお給料は3000円の保証のみだったのです!!!

あまりよろしくないタイミングでのお金の使い方でした。

あとは、妹の誕生日の日に高級な焼肉に連れてってあげた事です。

こちらも美味しかった!

2万円しなかったくらいだと思います。

この時に、私が風俗で働いてたから連れてけたんだなとお仕事に感謝しました

妹には内緒ですが。

あとは、1人で回らないお寿司に行った事です。

1万円ちょっと使ったと思います。

ちょっと緊張しましたが、板さんが緊張しなくていいよーと声をかけてくれました。

あとは、店のスタッフさんとかと、割り勘でご飯食べに行ったりなどにも使ってましたね。

新しい服

冬のコートを5万円くらいのを買って、その日のお給料全部使ってしまった事もありました。

たまにデパートの服を買ってみたり、お高い下着を買ったり。

高い下着の方が丈夫ですが、持っている服は安い物が多いです。

安くて可愛いものを買うときは、男性に好かれそうな服を買う癖がついてしまったと思います。

趣味に使う

好きなアニメのコンビニくじなどを結構やっていました。

お店のスタッフさんの影響でハマってしまったゲームセンターで散財などなど・・・。

お仕事のストレスで、UFOキャッチャーにお金を溶かしていたりもしていました。

ストレスの話はまたお話できたらいいと思っています。

美容にお金をかける

脱毛にお金を使っていました。

脱毛は高いですね(泣)

でも、剃刀で剃ると肌が弱くなってしまうと思い、脱毛して良かったなと思っています。

肌の触り心地が違うみたいで、お客様からも褒めていただきます。

風俗を少し長く続けるつもりの方、収入に余裕のある方は脱毛はおススメです。

でも、余裕のない方は絶対やめてくださいね。

借金は極力しないようにしましょう。

まとめ

結局、思った事は無駄遣いしないことだと思っています。

少しの贅沢はむしろ、ストレスばかりのこの仕事には必要です。

しかし金銭感覚が狂って、生活水準が上がってしまうとあなたの首を締めるのはあなたです。

去年の収入が今年も稼げる保証はありますか?

歳を重ねれば重ねるだけ風俗業界で稼ぐのは難しくなります。

若い子には敵いません・・・。

その為には貯金をしっかりしておきましょう!

今が楽しければそれでいいと思っていましたが、未来を見据えて人生設計をすることが大切だと思います。

オススメコラムはこちら♡

【何で私はお金が貯まらないのだろうか!!】浪費家必見!試して欲しい貯金方法

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

はち

高校時代にメンヘラを発症し高校卒業後は、進学した学校を退学し念願のラブホで働く。一年間の引きこもりニートを経験後、荒治療とも思われるガールズバーで働き始めオナクラ、デリヘル、ソープ、ピンサロと風俗を渡り歩く。またパンチラガールズバーなど変わった女の子のお店に行くのも好きなので、夜のお店や風俗のディープな話が面白く出来たらなあと思ってます!女の子と付き合った事がないですが、女性も好きなバイセクシャル♡