【風俗嬢のあたし】まゆみの場合

風俗で働く女の子の物語。

あなたは彼女たちを批判する?

それとも共感?

まずは1人目。

まゆみの場合

『まゆみちゃん、もう一本行ける?』

120分の仕事を終え、送迎車に乗ったせつな。

お疲れさま、でもなく、その言葉を言われたとき、一気に脱力感が襲った。

あれ?今日って仕事何本行ったかしら?

頭の中で指折り数えてみる。

朝の10時からひっきりなしに付き、お昼ご飯すら食べる暇もなく、今の120分で5本目だった。

5人の男性と対峙しているけれど、どうしてだか顔がちっとも思い浮かばない。

同じお店の、ゆりちゃんが、

『お客さんなんてさ、皆じゃがいもに見えるょ。』

と、屈託ない笑顔を向け言ったことを思い出す。

『あ、ええ、行け・・』

そこまで言ったらドライバーのサカイさんが、割り込んできて、

『疲れてるよね?無理ならいいよ。フリーだから』

ミラー越しにあたしを見ながら口にした。

あたしは行けますよ。と最後の言葉まで言い、後部座席のシートに身体を預けた。

無理ならいいよ。そう言われると負けず嫌いのあたしは、他の女の子が行くのならだったらあたしが!と、躍起になってしまう。

風俗嬢になって3年。

25歳という曖昧な年齢だけれど、あたしは風俗の仕事にやりがいを感じている。

サービスをしたあとのお客さんの素の顔。

ありがとうと言う、労いの言葉。

確かに粘膜が接触する仕事だから、心がしっかりとしていないと流されてしまう。

風俗嬢の矜持を持ち丁寧な接客をしていれば、お客さんは再度指名してくれる。

どうせなら指名をされたい。

それは自分次第だし、自分の器用だと思っている。

ナビの時計をちらっと見やると23時を少し回っていた。

お腹が空いて意識を失いそうだった。

『サカイさん』

背中に声をかける。

サカイさんはまっすぐに前を向いてハンドルを握っている。

あたしたち風俗嬢は商品だから大事にしないとね。が、口癖なおうようなサカイさん。

イケメンだったらモテモテだょね〜。なんて、冗談を言ったりする。

『はい。わかりました。ファミマ?ローソン?』

『ポンタ』

『了解』

あたしとサカイさんは、クスクスと笑った。

意思の疎通とかではない。

あたしがサカイさんを呼ぶときは、必ずコンビニ寄って欲しい時なのだから。

何を食べようかな。

おでんがいいかもな。寒いし。

あと、サカイさんにホットコーヒー買ってあげよ。

翌日を跨ぐ平日のこの時間はあまり車は通ってはいない。

時折照らされる街灯の下の道路に目を落としつつ、あたしはカバンからタバコを取り出す。

細く開けた窓から白い煙が立ち上ってゆく。

フー、フー。

お客さんの前だけはタバコは吸わない。仕事だもの。

あたしは求められている。

風俗嬢の仕事は特にそれを感じる。

どの仕事も同じ。必要とされることにおいては、同じ仕事。

『着きましたよ』

『ありがとう。ちょっとだけ待っていて』

車から降りて、コンビニに入る。

おでんの匂いが立ちのぼり、温かい肉まんやあんまんが売っている。

温かいものは寒いこの時期は心も温める。

(お客さんにも飲み物買って行こ)

あたしは買い物をして、表に出る。

吐く息は白く、夜気の空気はひんやりとすんでいて、あたしは目を閉じて目一杯呼吸をした。

『まゆみちゃん、がんばるね!』

『うん。だって。行くしかないっしょ!』

あたしはわりと大きな声を出し、自分を自分で鼓舞した。

to be continued…

オススメコラムはこちら!

【実録!ホストに狂ったアニオタでバンギャなHINAの足跡①】こうやって私は簡単にホストに堕ちた。

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

下記の友だち追加バナーをクリック!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

友だち追加

藤村 綾
風俗嬢歴20年の風俗嬢・風俗ライター。現在はデリヘル店に勤務。【ミリオン出版・俺の旅】内にて『ピンクの小部屋』コラム連載。趣味は読書。愛知県在住。