【接客で悩んでいる方へ!】お客様と接する際の心得!(気持ち編)




こんにちは。ぽんです!

ルックスにもスタイルにも自信が無い私が意識していた

実際にお客様に褒められた事や

ヘルスやソープで面接、講習員をさせてもらう中で

教えていた内容や逆に教わった内容などを.

これからシリーズで書いていこうと思います(*´ω`*)

今回は心得についてです!

「お客様は大切」だと考えることを大前提に!

・数ある店舗の数ある女の子の中から自分を選んでくれている

・決して安くはない金額を払って自分に会いに来てくれている

・お客様が来てくれているから自分はお給料をもらえる

 

 

この3点ってこの業界だと当たり前の話ですが

そこに対する感謝の気持ちってどうしても忘れがちなんですよね(´・ω・`)

 

 

私は自分に自信が無い分会いに来てくださるお客様には

「自分に会いに来てくれる大切なお客様」

という事を忘れないようにしていました。

 

 

接客していていると

無理難題を押し付けてくる方や

過ごす時間さえ苦痛に感じるお客様も多いです

 

 

正直私自身もイラっとしてしまったり

ひどい時は触られることすら嫌だと感じる事は多々ありましたが

そのたびにさっきの3点を自分に言い聞かせて接客していました(笑)

 

 

言い聞かせる事によって

自然と自分に会いに来てくれているお客様と思えるようになりますし

そうする事で意外と切れかけていた仕事スイッチが

仕事モードへと切り替えられたりするのでぜひしてみてください☆

 

 

お客様に王様気分を味わってもらうために

そのために必要なのは、思いやりだと思っています。

思いやりとは相手に対して純粋な親切心から出る行動を指します。

純粋な親切心と考えると少し難しいかもしれませんが、実際はそんなことありません。

私の場合ルックスや体形に自信が本当にないので
お客様目線に立って、どのタイミングで何をされたら嬉しいかを考えて行動するように心がけてきました。

 

 

具体的な例を挙げると、

・プレイ後は素に戻るお客様が大半ですが、「どうぞ」と言いながらそっと下半身にタオルをかけてあげたり…

・室温は大丈夫か随時確認したり…

・スーツのジャケット等のシワになりそうな衣類や、雨や汗で湿ってしまっている方の衣類を自らハンガーにかけてあげたり…

と、言葉で表現するのは難しいですが、自分がされたら嬉しいことをお客様にしてあげる事で最後まで気持ちよく過ごしてもらえます。

 

 

些細な気遣いではありますが、いかに相手の立場に立って行動できるか
お客様からの印象はかなり変わってきます!

 

 

ソープは「王様の気分を味わえる場所」なんて言われていますが

まさにその通りでキャスト側は

至れり尽くせりの状態を作らないとだめな訳です!

 

 

その状態を作るにあたって一番手っ取り早い手段が

思いやりの気持ちを持つ事なんです(/・ω・)/

 

 

先ほども説明した通り思いやりとは親切心の事です。

 

 

何をすればいいのか分からないなんて方も多いかとは思います。

とりあえず「お客様には親切にしよう!」と思って

接客してみてください(*´ω`*)

 

 

私は親切=丁寧で優しいだと思っているので

なるべく王様気分を味わって頂くためも

思いやりを心がけていました。

 

 

気持ちって良い意味でも悪い意味でも

すぐ行動に出てしまうんです。

 

 

なので思いやりの気持ちを少しでも持つだけで

行動が変わってくるのでぜひお試しください(^^♪

 

 

「お客様にまた会いたいと思ってもらおう」

この気持ちも非常に大事です。

 

 

本指名の方がお給料も良いですし

何より探り探りじゃなくて済むので、接客面で見てもやりやすいですよね( *´艸`)

 

 

例えば「この60分だけでいいや」と思って接客するのと

「また会いたいって思ってほしいな」と思って接客するのって

全然内容はもちろん気持ちも変わってきますよね?

 

 

さっき言った通り気持ちって

どうしても行動にでてしまうものなので

「また会いたいって思ってもらおう」

と自分が思うだけでも全然違う接客になります☆

 

 

例えば今まで以上に接客が丁寧になったり

会話を弾ませる事が出来たり

愛想よくふるまえるようになったり

心がけるだけで色々変わってきますよ(*´ω`*)

 

 

私もその時限りで終わらせないように

抜く時は抜きつつもお客様の前では

なるべく楽しそうにふるまっていました(´・ω・`)←

 

私自身が楽しいってことを伝える!

私たちにとっては仕事の時間ですが、お客様にとってはプライベートの時間です。
自分たちはしんどいかもしれませんが、お客様には楽しんでもらいたいですよね。

ですが中には、
(自分にお客様を楽しませることができるのだろうか…)

なんて心配に思う方もいるかもしれません。
そういう方は無理に笑顔を作ったりせずに

「〇〇さんといると楽しい」

と言葉で伝えることで、お客様だけが楽しんでいるわけではないというアピールにもなります。

そうすることによって、場の雰囲気も柔らかくなり、お客様に良い印象を与えるだけでなく
次回以降の指名につながる可能性も上がります。

お客様が何をきっかけでまた来てくれるかは

そのお客様によって変わってきますし

きっかけはなんでも良いんです!!

 

主なきっかけ作りについては、またシリーズ中にかけたらなと思います。

 

 

ここまで読んでくださった読者様いかがでしたか?

「それだけで?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

今回お話しした気持ちの内容や言葉を覚えておいて

接客している自分に言い聞かせるだけで確実に変わります。

 

 

むしろそんな気持ちが微塵もなく

「適当にやっていれば、とりあえず抜けば・・・」

だけ思っている子はルックスやスタイルが良くても

指名率は伸び悩んでいる子が多かったです。

 

 

「〇〇しよう」と思うことで、自分の心がけに繋がって接客に良い影響がでて自然と接客も良くなっていきます。

なので最初は頭の中で思い浮かべるだけでよいので、ぜひやってみて下さい( *´艸`)

 

 

この業界は仕事がついていない時間でさえもしんどいお仕事なので

始めたからにはしっかりと稼いでほしいな、と思っています。

 

 

でも誰にでも愚痴れる内容でもなければ相談できる内容でもありません。

出稼ぎ先や在籍の子の仲良くなっても、「どこか信用しきれない…」

なんてのも、この業界ではよくある話ですよね(´・ω・`)

 

 

だからこそ、そんな方達の力になれたらなと思います。

読んでくださった皆様、ありがとうございました(^^♪

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)