【初心者から上級者まで!】お客様と接する際の心得☆(行動編)




こんにちは!ぽんです( *´艸`)

今日は今までぽんが実践してきた

お客様に好印象を与える接客方法をお伝え出来たらなと思います(/・ω・)/

前回の気持ち編はこちら

まず皆様ご存知の「笑顔」!

 

笑顔が苦手な方って多いと思うのですが苦手だからと言って笑顔を作らないでいると
不機嫌なのかな、自分といると楽しくないのかな、怒っているのかな、等と
マイナスな方向で捉えられがちです(´・ω・`)

 

 

緊張していてもぎこちなくても笑顔でいようとする事によって
自分を楽しませようと気遣ってくれている事が伝わりますし一生懸命さも伝わります☆

 

 

笑顔が得意な方はばんばん笑ってください!!!
「女は愛嬌」という言葉の通り笑顔は女の子自身を華やかに見せてくれたり
自分といる時間を楽しんでいると思わせる事が出来る効果もありますよ(*´ω`*)

動作はなるべくゆっくりと

私たちが直接お客様に触れる時は
洋服を脱がす時、身体を洗う時、身体を拭く時等色々あると思いますが
爪で傷つけたり、服が引っ掛かる事も防ぐためにもゆっくりとした動作にしていました!

 

 

マットの準備や片づけ等はササっとすませてお客様の横ではゆっくりすごすのも
自分と過ごしたいと思ってくれている、と好印象にも繋がりますし
プラスアルファでゆっくりとした動作は丁寧且ついやらしく見えるのでおすすめです(^_-)-☆

姿勢で決まる第一印象

どれだけ笑顔で丁寧に接していても猫背だったり
極端に左右に傾いているとだらけているように見えてしまいます。

モデルさんとかもとても姿勢が綺麗ですよね(*´ω`*)

 

あれと同じ要領で背筋を伸ばして身体のラインが綺麗に見えるように意識すると
スタイルも良く見えますし、シャキっとしている事で真摯さも伝わります☆

会話は相手の目を見て

お客様が話している時は自分が何かしている最中でもなるべくしっかりとお客様の目を見て
相槌を打ちながら聞く。

そうする事によって適当にしている感じもでませんし
お客様からするとしっかりと自分と向き合ってくれていると思わせる材料になります(*´ω`*)

 

自分が話している時は目線を合わせる事はもちろんですが見下すような
自分が相手の目線より上から話す事が無いように気をつけていました!!

下から見る事によって上目遣いにもなりお客様の目には可愛く映れますよ☆

 

お客様との距離はなるべく近く

初対面とかだと尚更距離をとってしまいがちですがそれってお客様も一緒で緊張していたり
どこまで近づいていいものなのか触っていいものなのかが分からないらしいです。

 

なのでこちらから距離を詰めてあげた方がお客様にとってもやりやすいですし、
先に出た方がある程度の線引きができるので
自分のやりやすいようにできる上にお客様から見て積極的な女の子と思ってもらえると
業務的な女の子という印象から外れ

「自分と遊びたいのかな?」

と思ってもらえるので一石二鳥です( *´艸`)

付かず離れずの話し方で

ぽんが一番気をつけていたのは
全体的に丁寧に、でも業務的にならないようにする事です(´・ω・`)

話し方でも敬語だとどうしても業務的に聞こえてしまう。でも初対面の方にタメ口は…
という女の子も多いかと思います。

 

私もその一人だったのですが語尾に♡を付けるイメージで話すだけで
お客様から「楽しそう」と言って頂く事が出来ました☆

とても簡単で単純ですがかなり好評だったのでぜひお試しください♡(笑)

 

もう一つ話し方で気を付けるべき点としては嫌なことを伝える時ですね(´・ω・`)

「〇〇ができない」
この一言でも伝え方によっては本当にできない内容でも
ただしてくれなかっただけだと思われてしまいます。

 

なので女優ばりの演技で申し訳なさそうに
「〇〇はできないんです」と伝えるだけで納得してくれる方も多いです。

「〇〇が嫌」などの自分にとって嫌な内容を伝える際に関しては
先に理由をつけて「〇〇だから〇〇して」

例えば
「今乳首が切れているから触らないでほしいんです」などと
お伝えすると分かってくれる方も多かったです(*´ω`*)

 

どちらの内容に関しても、中には粘ってくる方もいるとは思いますが…(笑)

 

 

今回は行動編についてでしたがいかがでしたか?
難しいようで簡単な事ばかりなのでぜひ実践してみて下さい☆

読んでくださった方々ありがとうございます( *´艸`)

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)