【これからセクキャバで働く女の子へ】Rie流いいお店の見極め方




こんにちは!Rieです。

前回のセクキャバで稼ぐ!第1弾は見て頂けたでしょうか?

これからセクキャバで働いてみようかな?と考えている女の子の為に、今回はセクキャバのお店選び編を書いていきます。

  • お店選びで失敗はしたくない!
  • 初めてのセクキャバで右も左も分からない!
  • 面接時に注意するポイントは?

こんな思いのある女の子は是非読んで見てください!

セクキャバお店選び編

自分に合ったお店を選ぶには?

私が働き、そして引退して数年が経過した今。

働いていたお店が私に合っていて良かったなと、心底思う事があります。

働いている間は色々ありましたが、上手く目標を達成し卒業できたので、結果良かったという感じなのかもしれません。

働くお店によってお給料が思った以上に少なかった場合、私はまだ引退できずにダラダラと歳をとっていたでしょう。

稼ごうと思ったら繁盛店に入店するのが勿論大切なのですが、繁盛しているお店だからと言って、稼げるかといえば絶対にそうではありません。

店内の雰囲気やボーイとキャストのパワーバランスも、見学に行った時に見なくてはいけないポイントです。

個室型風俗店とは違いセクキャバではキャバクラの様な内装の店が多く、ボーイもキャストも同じ空間で接客をします。

いわゆる特別扱いをされているキャストも絶対に店には存在しますし、売れっ子も成績が不審な子も、理由が分からなくとも重宝されていたりする子もいるわけです。

それを見てキャスト達はテンションが上がったり下がったり、そんな気持ちにも襲われたりします。

だから上手く統制が取れて、キャストの心のバランスに気を配る事のできる男性スタッフがいるかいないかで、恐らくお給料は万単位で違ってくるでしょう。

そこを見分けるのは、見学や体験入店では難しいのです。

しかし働き出して1週間もすれば、大まかな内情は目に見えて来ます。

向いてなかった場合は1週間くらいを目安に見切りをつけ、多店舗に移る事も考えた方が良いかもしれません。

ある女の子にとっては稼げて働きやすいけど、別の女の子にとっては全然稼げず普通のバイトした方がマシ。

そんなこともあるのです。

どの女の子が働いても働きやすく稼げるお店と言うのは存在しません!

セクキャバだけでなくヘルスやソープ、夜の世界だけでなくお昼のお仕事にも言えること。

店の給料システム・ボーイとの相性・その店の客層なども、店を選ぶ時のポイントにもなります。

客層とエリアのリサーチは忘れずに!

セクキャバに限らずお店の客層は、お店のエリア・料金などで変わってきます。

例えばネットでクーポンをバンバン出しているお店は、やはり若い20代のお客様が多い傾向にあります。

数十年店ををリニューアルしながら経営しているお店は、年配の方が多いです。

立地については、安い居酒屋が立ちならぶ通りには大学生のお客様、新社会人の若い人が多く、高級な飲み屋街の近くは年配の方が増えてきます。

自分の性格だけでなく接客スタイルに合いそうな客層を考えて選ぶことが、働きやすさに繋がってきますので、お店の近くに何があるのかなどのリサーチもしてください。

セクキャバはヘルスの「抜く」、ソープの「挿入」というお客さんの根本的な目的があまりないのです。

一応時間制なので長くいて貰おうと思えば数時間、閉店までもいてもらう事が可能。

あまりにも自分の接客スタイルとかけ離れた客層だと、自分に無理を長時間枷ることになるので、注意してください。

体験入店に潜む罠

店舗に目星を付けたら面接を申し込むのが通常の流れですが、体験入店を勧められて流れで入店というケースがとても多いように思います。

体験の流れで入店と言いうのも別に悪い訳ではないのですが、私がキャストとして働いている時『今日は体験入店の子が来るから、在籍のキャストは気を付けて遠慮するように。』とボーイに言われていました。

その気を付けるの意味は長く働いて知ったのですが、体験入店の女の子には出来るだけキャストは優しく接する。

働きやすさを、さりげなく体験入店の女の子にアピールする。

ボーイは体験入店の女の子には、やりやすそうなお客様を付ける。

ボーイは個人的な友達や知り合いに連絡し、お客様として来店してもらい、体験入店の女の子に指名を取りやすくしてあげる。

そう言った事は割と日常的に行われていました。

面接は絶対にすること

体験入店で意外に上手くいくと思ってしまい、流れで入店という事になります。

正式に入店してしまうと、そんなフォローはもちろん無くなり、自力勝負が当たり前

「思っていたのとは違う!」

そう感じない為には、やはり面接をしっかりすること。

店によって違うとは思いますが、面接担当は最低時給の話はしません。

頑張ったらいくらまでいけるかという話はします。

  • 最低時給
  • 最高時給
  • 指名のバック料金
  • お酒のバック料金
  • 給料日

などの大切な話は、面接の時に聞くようしましょう。

見た目で最初に言われる時給が違います。

これはセクキャバではアルアルなお話です。

それは個室型になっていないお店は、店にいるお客様全員がキャスト1人1人を確認できるため、見た目が華やかだったり可愛かったりすると、お店の宣伝にもなるからです。

出来るだけメイクは気合いを入れて面接に臨んでください。

入店してからはお客様の指名数で、いくら稼げるかは変わってきます。

見た目は二の次。

愛想が良く、人当たりが良いというのが強みになっていきます。

最初の時給で悔しい思いをしない為にも、面接当日は気合を入れていった方が間違いありません。

ボーイの存在

その他の風俗とは違い、セクキャバはお客様に快楽を提供する場所ではありません。

お客様にはモヤモヤの時間が続く訳なのですが、時には無理な要求をしてくるお客様も少なくないので、キャストが危険な目に合う事もあります。

ボーイはそんなキャストを上手く助けるのが仕事。

しかし、すぐに助けて貰わないと危ない時もありますので、普段からボーイと良い人間関係を構築することもキャストには必要になります。

焦っていても慌てて決めない!

この業界で働く女の子1人1人には、様々な理由を持った子が多いです。

しかし「お金がない!急いで決めよう!」と、お金の理由で焦っていては良いお店も見逃してしまいます。

お店選びは絶対に焦らず、慎重に行なってくださいね!

オススメコラムはこちら!

【セクキャバで働く!】高収入を得る為に必要な事

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

Rie

若くして二児の母になった私は風俗の世界に飛び込む決断をしました。夜の世界の「光」と「影」を自身で経験しました。家族を守るため、風俗とともにがむしゃらに駆け抜けた6年間の濃密なコラムが皆様の元気に変わればと思い執筆活動を続けて行きますのでよろしくお願いします♪ Rie♡”