【ホメオスタシスを超えて自分を変える】毒親から生み出される風俗嬢⑫




皆さんこんにちは。

Rieです。

皆さんは「毒親」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

毒親とは子供に悪影響を与える親のこと。

前回の毒親シリーズをご覧になってない方は、こちらからご覧ください。

ホメオスタシスって知っていますか?

生まれ変わった自分になる…覚悟して決意する

長らく毒親に支配され、生き辛さを感じながらも頑張って生活し、
毎日のルーティンで仕事をし、接客をし、
それが私の人生なんだと言い聞かせる様に生きている人は多いと思います。

大金を稼ぐ目的で風俗を職業にしている人は実はわずか、
日々暮らしていく為にお金を稼がなくてはいけないからですよね。

そうでない女の子も中にはいらっしゃいますが、私が現場にいた頃の感想としては、
日々の暮らしの為に風俗で辛さと不安定な収入のせいで
情緒不安定な自分に振り回されている様に働いている女の子の方が多かったんです。

 

私の働いていた時も既に東日本大震災の後でしたので、業界全体が不景気でしたし、
勿論そのお客様も不況にさらされていました。
当時の報酬として2万を手にすることが出来たら上出来とまで女の子の間では言われていました。
2万円という金額。20日出勤として一月40万。1年にすると480万円です。
500万円はいきません。世間でいう平均年収にも届きません。

 

しかし、そんな中でも自分の良さを自分で認め、ありのままの自分を大切にする女の子達は、
その数倍の金額を稼ぎ出していました。

その女の子達は安定したお客様が付き、閑散期知らず。収入は高い所で一定です。
妬みが多いこの業界ではありますが、そんなものパワーのある女の子は跳ね除けます。
色んな邪魔が入っても、絶対に揺るがない安定感。

 

私がその時感じた事は、悔しさを糧にという気持ちだけでは収入は変わらないという事です。
良い意味で『他人は他人』と思う気持ちと、本当の自分をそのまま受け止めるという事。
これが出来てこその自己肯定感なのです。
そして自己肯定感は収入に直結しますし、プラスα人生って楽しいな…そんな感情も手に入れる事ができます。

 

自己肯定感は本来世界中の人間は持ってなくてはいけないのですが、
やはり毒親に育てられた毒親の教育や習慣や生活のせいで、
私達がそれぞれに持っているであろう本当は素晴らしい良い部分が、なんだか駄目と感じたり、
全然大したことでは無いのに人生の終わりだと感じたり、悪い見本ばかり見せられたばっかりに、
良いお手本が自分には見当たらなかったり…。

結局、毒親の責任にすることは簡単ですが、
じゃあ、その先は?となると、自分が変わるしか方法はないのです。

私も相当な毒親に育てられていますし、しかも両親ともです。
毒親に共通する事ですが、毒親は全く自分が毒親という自覚がありません。
なので、1から説明しても全く分かって貰えません。

むしろ

『苦労して育てたのに。』

と、言われるのが関の山です。心を改めさせて反省させようなんて、100%それは無理なんです。

 

毒親からの呪縛、影響から自分を解放するたった1つの方法…自分が変わるしかありません。

考え方を変える、自分の見方を変える、物事の解釈を今までとは真逆にしてみる。
これが実は一番大変で、途中でくじけそうになる位の難しさです。
けど、やってみる価値は間違いなくあると思うので、もし、不本意な人生だなと感じているなら、
勇気を出してチャレンジしてみてください。

ホメオスタシスから逃げ切る

人間は絶えず2人の自分と葛藤する生き物です。

生まれ変わりたいと思っている自分 VS 現状をキープしたい自分

この2人が絶えず、葛藤を起こしているのです。そのバトルは毎日毎時間繰り広げられます。

もっと寝続けたい自分 VS もっと活動的でありたい自分

会社に行きたくない自分 VS 働いてたくさん給料を得たい自分

いつも好きなものを食べたい自分 VS 綺麗な生活スタイルで美しさを保ちたい自分

 

 

このように、絶えず2つの欲望が闘っていて、そして結果は欲望が強いほうに従い、人は動きます。
どんなに強い決意をしても、残念なことに人は変わらない方を選択してしまう習性があるのです。

変わりたいと思っても変わらなくてすむ現状維持したいという本能に人間は負けてしまうのです。

これを、ホメオスタシスと言います。

 

私たちが自分を変えようと思っても、ホメオスタシスはなかなか許してくれません。
しかしその限界をひとたび乗り越えて、自分の心や生活パターンが完全に変わってしまった場合には、
ホメオスタシスは新しく変化した状態を維持するために働くようになります。

なので自分が今までの自分の生き方や考え方を変えるというのは、相当な葛藤があります。

駄目な自分の方が楽に感じたり、安心を覚えたり…。

しかし、ホメオスタシスに引き戻されそうになっても、
自分を大切に出来る、輝く主役級の女性になると決意した目標を見据えているのならば、山を越えるまで粘り強く居る事が必要なのです。
山を越えて変わった時には、今度はホメオスタシスが味方をしてくれてなりたかった輝いた女性でいさせてくれる事を維持させてくれるようになります。

一つのホメオスタシスを超えてみてください。そうすれば望む水準を維持する事は難しい事ではないのです。

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

 

 

 

 

Rie

若くして二児の母になった私は風俗の世界に飛び込む決断をしました。夜の世界の「光」と「影」を自身で経験しました。家族を守るため、風俗とともにがむしゃらに駆け抜けた6年間の濃密なコラムが皆様の元気に変わればと思い執筆活動を続けて行きますのでよろしくお願いします♪ Rie♡”