【あなたはもっともっと本指名を増やせる】男性を虜にする魔性の女を目指そう!




こんばんは、アダルトライターの百花繚乱です。

朝晩冷え込む時期ですので、皆さま体調管理にはお気をつけください。

 

 

ところで「魔性の女」って言葉、あなたもこれまでに一度は聞いたことがあるかと思います。

魔性の女とは男性を惹きつけて離さない、男心を翻弄する、まるで磁力を持っているかのような魅惑的な女性のことです。

同じ女性としては、ちょっと憧れちゃいませんか?

 

風俗嬢にしてもお客様を虜にして離さない本指名率がずば抜けて高い女性って素敵な人が多いです。

それではいったいどんな女性ならば、魔性の女と呼ばれるまでにたくさんの本指名客を返せるのでしょうか?

 

今回はこの部分を掘り下げて考えてみることにします。

魔性の女をもっと詳しく

魔性の女といっても、ただ甘えたり媚びたりして男性を振り回しているようではまだまだです。
(偉そうにすみません…)

そういった女性のことは「小悪魔系」といって、魔性の女とは全く異なるのです。

魔性の女の特徴としては見た目はすごいような美人ではなくても、甘えん坊ではなくても、なぜか彼氏の途切れ目がなかったりどこに行ってもモテたりすることがあります。

性格的には、自立しているサバサバ系の女性像が浮かんできます。

服装もいかにも男性ウケを狙った清楚系のモテファッションではなく、自分の着たいものを好きなように選んで着ています。

 

それでも、周り中の男性たちの心をつかんで離さない・・・それが魔性の女なのです。

芸能人で例えるならば

わかりやすく芸能人で例えるとすると、女優の蒼井優さんなどが当てはまると思います。

 

「えっなんで?そんなに色気もないし、女優の中では特別に美人でもないし」
と、びっくりされた人もいるのではないでしょうか?(蒼井優さんごめんなさい。わたしは好きです!)

確かに彼女は、芸能界の中では人並外れた美貌の持ち主というほどではありません

むしろ笑顔がチャーミングで、親しみやすいような素朴な雰囲気の人です。

 

なぜ、そんな蒼井優さんが魔性の女といえるのでしょうか?

 

過去のことを蒸し返すのもあまり良くないのですが、彼女にはイケメン俳優さんたちがどんどん惹きつけられています。

恋愛遍歴もものすごく、過去にはV6の岡田准一さんや大森南朋さん、瑛太さん、鈴木浩介さん、堤真一さん、三浦春馬さんなどとの交際がスクープされています。

誰とは申しませんが、彼女との結婚のために家まで買った俳優さんもいるそうです。

ほかの女性から恋人を奪い取ってしまう、略奪愛もあります。

 

名だたるイケメンから続々と口説かれてしまうのは、やはりその魔性のせいなのでしょうか?

魔性の女を分析してみる

まず蒼井優さんのルックスは奥ゆかしそうな清純派タイプといえるということには、多くの人が賛成してくれるでしょう。

しかし本当は、意外にも男性的でサバサバした性格の持ち主のようなのです。

 

2016年には「女性セブン」誌で、蒼井優さんがくわえタバコをする様子が暴露されています。

しかもくわえタバコをしていたのは自分の運転するスポーツカーの中だったというのだから、二度驚きです。

 

だって蒼井優さんにくわえタバコや、スポーツカーを乗り回すようなイメージってないですもんね。

そして彼女は、大の大酒飲みでもあります。

普通の女性だったら彼氏の前でくわえタバコをしたり、酒を浴びるように飲んでいたりすればドン引かれることも多いはずですが、なぜか彼女は愛されてしまいます

 

魔性の女の条件のひとつに「イメージとのギャップがある」というものがありますから、それが良いように働いて彼女の魅力を増したのでしょう。

忘れられない伝説の風俗嬢

わたしが昔勤めていた人妻デリヘル店にはすごい女性がいました。

当時確か45歳くらいで、美魔女なのかというとそうではなく、どちらかといえばその辺を歩いていそうな「威勢のいいおかあちゃん」でした。

色黒で、体型も女子プロレスラーみたいでかなりごつい感じ、スタイルがいいなどとは口が裂けようとも言えません。

もちろん美人ではなく、ごくごく普通の45歳のおかあちゃんタイプ。

待機室では姉御肌で、ガラガラのだみ声でガハハハとよく笑う明るい女性でした。

しかし人は見た目だけではわかりません、この人が魔性の女だったのです!

 

まず予約完売していない日がありませんし、本指名のファンで埋め尽くされます

最初は「この人どんな過剰サービスをしているの?まさか本番してる?」なんて、うがった見方をしていました。

魔性の女はなぜかクセになる

たまたまそんなときに見てしまったのが、ホスラブ。
(ホスラブは勝手に開きませんね。はい、自分で開けました…)

するとお店のスレッドには、ほぼその彼女のことしか書かれていないくらいでした。

ほかの嬢の名前もあるにはあるのですが、話題はすぐに彼女に戻ってしまうのです。

彼女のファンの多さを改めて実感できました。

もちろん盛大に叩かれているときもありましたが主に彼女の容姿についてでしたので、同じお店の女性か利用したことのない男性の悪意のある書き込みだと思えました。

 

利用したことのある男性の感想としては、以下のようなものです。

「全然タイプじゃないんだけどクセになる」

「また指名したい」

「今日会いたかったのに、もう埋まってた~」

そして、プレイ内容のことも当然書かれています。

 

彼女は本番以外なら何でもさせてくれるし何でもしてくれるという、めちゃくちゃエロエロなプレイをするみたいなのです。

そして、プレイが終わったら明るくサバサバした友達接客・・・。

彼女もまた、ギャップで男性をメロメロにしていたというわけなのです。

まとめ

魔性の女というものは、持って生まれた才能だというほかないくらい強烈なものです。

 

ただ、ギャップを演出するくらいならば真似できそうではないですか?

 

あなたのウリはどこでしょう?

外見のタイプは?

接客態度は?

 

それらを総合的に見て上手くギャップを作って、お客様にアピールすることができれば、あなたに魅力を感じてくれる人は今以上に増えてくるはずです。

魅力的な魔性の女と呼ばれることを目指して、頑張っていきましょう!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

百花繚乱

アダルト・風俗ライター。お下劣ショークラブからはじまり、出会い系での援助交際、アダルトライブチャット、セクキャバ、デリヘル、ホテヘルなど多種多様な風俗を経験。元メンヘラで、現在は旦那大好きな幸せな人妻。自分の経験を通じて、現役でがんばる女の子たちの力になることができればと精力的に執筆中。