【あなたの手帳で未来が確実に変わる?】結果がついてくるスケジュールと目標の立て方とは

こんにちは!もあなです★

皆さんはいつも、1週間または1ヶ月のスケジュールや目標指数をどのように決めていますか?

風俗一本の場合、副業として風俗で働く場合と状況によりスケジュールを決める際の優先順位は変わってきますが、目標指数の決め方のベースはいつでも同じです。

私は今までに昼職一本、風俗一本、掛け持ちと経験しましたが、今回は一例として、私が風俗一本で働いていた頃のスケジュールと目標の立て方を伝授します。

なんとな〜く働いて1ヶ月過ぎていったな〜と毎月思っている方も、すでに実践している方も、参考になる何かをこのコラムから見つけていただけたら光栄です!

ステップ1・まずはスケールを広げよう

1日、1週間、1ヶ月の目標とスケジュールを立てる前に決めるべきことは1年間の目標とスケジュールです。

なぜなら、1日単位で何かを追っていくよりも、1年先から今を見た方が簡単だからです!

では1年間の目標とスケジュールを決めるために、まずスケジュール帳の空いている欄にこの図を書き込んでみましょう!

WANT / 好きなこと・やりたいこと・わくわくすること・意思・希望

CAN / 得意なこと・できること・強み・能力・才能

MUST / しなければならないこと・求められていること・お金になること・責任・やるべきこと

思考を整理して、何か好きで、何が得意で、何をしなければならないか、枠の外に書き出してみましょう。

自分では気づかなかった、または、気づかないふりをしていた自分の中の本質を知ることができます。

なかなか無いと思いますが、やりたくもない、できない、やるべきでないことをやる意味は無いに等しいですからね(笑)

初めは下の図のようにアンバランスでも良いのです。人間ですから。

次は、それぞれの項目で書き出したことを『いつ行うのか』年間カレンダーに書き写しましょう。

細かく書くことが難しければ、ざっくりと年間の動きが把握できる程度でもOKです!

例えば、

WANT / ハワイ旅行に行きたい。引っ越しをしたい。→いつ行う

CAN / 絵を描くことが得意。コンピューター関連の知識がある。→いつそれを発揮する

MUST / 借金300万円を返済しなければならない。昼職に転職するべき。→いつまでにする

いつやるのかが把握できたら、いよいよ1ヶ月の目標とスケジュールの立て方に進みましょう!

※ちなみにこの図は、起業を考える際の『なにで起業するか』や就活する際の『なんの仕事をするか』『自分はどんなことにやりがいを感じるのか』に使われます。活用できる機会があれば上記のようなことにも使ってみて下さいね!

ステップ2・簡単な計算から”今日の目標”が見えてくる

下のカレンダーは、私が実際に過ごした1ヶ月のスケジュール帳を元に大まかに書き写したものです。

私が実際に決めた1年間の目標とスケジュールを元に考えると、この月は80万円の収入が必要でした。

80万円の収入目標。

これは上述したMUSTにあたる『お金になること』。

つまり『仕事』が最優先となっているということになります。

”MUST=しなければならない”ですから、必然的に仕事の優先順位が高くなる方は多いのではないかと思います。

〜私が毎月の収入目標を決める際に基準としていた指数〜

1日の収入 / 50,000円以上(昔の担当ホストにこう言われたのを覚えていたから)

最低時給 / 5,000円以上(せっかく風俗で働いているなら平均的なキャバ嬢の時給は上回りたかったから)

  • 新しい月を迎える前に決めること
  1. まずは、WANTにあたる『北海道スノボ旅行、友達とランチ』CANにあたる『英会話レッスン』などの予定も考慮し、仮で仕事とプライベートのスケジュールをカレンダーに埋め込んでいく。細かな調整は後ほど。
  2. 800,000円(1ヶ月の収入目標)÷50,000円(1日の収入目標)=16日間(1ヶ月に必要な出勤日数)
  3. しかし、決めた出勤日数は14日間。2日間足りない。
  4. 出勤日数を2日増やすのでは無く、目標指数を増やす判断をした。
  5. 800,000円(1ヶ月の収入目標)÷14日間(1ヶ月の出勤日数)=57,143円※小数点以下切り捨て(1日の収入目標)1日の収入 / 60,000円以上
  6. 800,000円(1ヶ月の収入目標)÷150時間(1ヶ月の出勤時間)=5,333円(時給)最低時給 / 5,500円以上
  7. これらの計算をしながら出勤日数や出勤時間を微調整し、現実的な目標を洗い出す。

1ヶ月の収入目標80万円を達成するための、1日の目標指数が明確になりました!

ステップ3・経過確認と目標指数の修正

10日や15日の区切りで目標に対しどのくらい達成できているかの確認作業を行い、必要に応じて目標指数の修正を行います。私の場合は15日を区切りにこの作業を行なっていました。

  • 目標指数を上回っているケース
  1. 15日までの段階で、合計収入542,670円
  2. 542,670円(15日までの収入)÷7日間(15日までの出勤日数)=77,524円(平均収入)1日60,000円以上の目標はクリア。
  3. 542,670円(15日までの収入)÷80時間(15日までの出勤時間)=6,783円(時給)最低時給5,500円以上の目標もクリア。
  4. 800,000円まであと257,330円
  5. 257,330円(16日以降の収入目標)÷7日間(残りの出勤日数)=36,761円(1日の収入目標)に減らすことも可能。しかし、後半失速して月末に焦ることを避るため当初の目標のままに。
  • 目標指数を下回っているケース
  1. 仮に前半の合計収入が257,330円であれば、後半で542,670円を売上げなければならない。この場合、大幅な修正が必要。
  2. 542,670円(16日以降に必要な収入)÷7日間(残りの出勤日数)=77,524円(1日に必要な収入)しかし、前半で1日の平均収入が36,761円であったにもかかわらず、後半で急に1日40,763円も増やすことは相当難しいこと。
  3. “1日に必要な収入基準”で考えてみよう。542,670円(16日以降に必要な収入)÷40,000円(修正後の現実的な1日の収入目標)=14日間(必要な出勤日数)
  4. 7日間(当初の出勤日数)+7日間(増やすべき出勤日数)=14日間(必要な出勤日数)になる。しかし、すでに旅行も決めてしまったし、体力的にもハードになるため、あと出勤日数を7日間も増やすことは現実的ではない。
  5. 仮に3日間なら出勤日数を増やせるとなれば、542,670円(16日以降に必要な収入)÷10日間(当初の出勤日数7日間から3日間増やした後半の合計出勤日数)=54,267円(更に修正後の現実的な1日の収入目標)1日の収入 / 55,000円以上
  6. 仮に増やした3日間は各8時間の出勤時間とする。70時間(当初の後半の出勤時間)+24時間(増やした3日間の出勤時間)=94時間(修正後の後半の合計出勤時間)
  7. 542,670円(16日以降に必要な収入)÷94時間(修正後の後半の合計出勤時間)=5,773円(修正後の時給)最低時給 / 5,800円以上

1ヶ月の収入目標80万円を達成するための、新たな1日の目標指数が決まりました!

日々お仕事をする中で、「昨日は目標に8,000円届かなかったから、今日はその分を取り戻すために63,000円目標で、本指◯本、フリー含め◯本頑張ろう!」と意識できると後になって大きな誤差に悩まされることもありません ♪

まとめ

この月は2日間を残して目標の800,000円を達成し、最終的に963,570円の収入を手にすることができました。

ただ漠然と「1ヶ月100万円稼げたらいいな〜」ではいつまで経っても叶いません。

学生時代は数学が一番嫌いな教科でテストは白紙で出していた私ですらできる簡単な計算のみで、こんなにも明確な目標指数を出すことができます!

途中経過でまだ努力が必要な状況であればしっかりと気持ちを切り替え、どうしたら達成できるのか冷静に修正し直し、達成できたら自分をたくさん褒めてあげて下さい♡

ベースとなる目標を元にスケジュールを決めることで、その日その時に何をすべきなのかが分かり、充実感もでてくるでしょう。

あなたが大きく掲げた夢や目標はどんどん近づいて来ます!

悩み、相談いつでもお待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい ♪

btn_line今すぐClick!!お店探しの相談は24時間受付中♪

もあな
キャバクラからソープまで経験。自身のソープ在籍時には女の子から相談を受けることが多く、ポジティブな思考の持ち方についてアドバイスをしてきた。自身の経験を”誰かのために”発信したいと思い、風俗ライターを始めることに。悩みを抱える現役風俗嬢の女の子たちに「何事も楽しむ方法」を知ってほしいと切に願っています!現在は生活の拠点を海外に置き、毎日をポジティブに生きている。