メンタル対処

⑳風俗嬢の為の引き寄せの法則

  • 閲覧数:10

自分のチャンスに気が付くと、違う世界にワープできる!

私は風俗業界で働いている時、数々の女性に出会いました。そして、色んなドラマを見てきました。
現在は、その女の子も風俗業界を引退し、それぞれれの暮らしを忙しく生きています。
一緒に働いた時間は5,6年でしたが、その間に、彼女たちの人生はガラッと変わりました。
もともと身長も大きかった彼女は、
高校時代からの思春期の食べ盛りで私と出会った頃には体重80キロオーバー。
私と出会った頃の彼女の年齢は21歳でした。
自分に自信が無く、声も小さく、こちらが一生懸命に声を聞かないと、
何を話してくれているか、聞き取れない位でした。
彼女は色んな話をしてくれましたが、付き合っていた彼氏の生活費を稼ぐ為に、
風俗に足をふみいれたと言う事でした。その彼氏はというと、
バンドマンの一銭も稼がない人、それなのに彼女には、
『生活費で月に50万は必要だから』…と。
彼氏に言われるまま、50万の生活費を稼ぐために、ほぼ毎日出勤していました。
それでも彼女本人は、その彼氏の事が好きな様子で、彼氏の為に体を駆使して頑張っていました。
無理をして働いているからか、彼女はストレス性の急性胃腸炎になってしまいます。
そして3週間の入院を余儀なくされました。
入院中、1度お見舞いに行きましたが、点滴に繋がれた蒼白い顔をした彼女の顔、
見ているだけで胸が苦しくなる程でした。
21歳の若さで、彼氏の為に風俗で働き体調を崩し入院なんて…と、私はそう思っていました。
しかし、緊急入院してから一ヶ月後、彼女が職場復帰するとスタッフから聞き、
回復した彼女に会うのを私も嬉しく思い、その日の出勤を私は楽しみにしていました。
そして、とてもびっくりな彼女との再会…。
退院して、職場復帰した彼女を見た人は、全員が驚きました。80キロあった体重が、
わずか一ヶ月で20キロ減り、凄く綺麗な女性に変身していたのです。
急性胃腸炎ということもあり、入院中は点滴のみの栄養補給だったらしく、
激やせしていました。
入院した最初の3日間は、
『彼氏と暮らす生活費を稼ぐ事が出来ない…』
そして、彼氏に別れを告げられるかもしれないという、恐怖と戦っていたとも話していました。
しかし、3日経っても、1週間経っても一回たりともお見舞いに来ない彼氏に対して、
『もう嫌だ!』彼女はそう思えました。
それと同時に、『変わりたい!』とも、思えました。

もう、こんなの嫌!、そう思えたら変身の合図

入院した事のある人は、知っていると思いますが、
入院中は、凄く暇です。溶けてしまう位暇になります。
テレビはあっても、テレビしかありません。
その時彼女は、暇すぎたおかげで、自分と向き合うという作業が自然に出来ました。
どうして、50万の生活費を自分が捻出しなくてはいけないのか?
お見舞いに来てもくれない彼氏に、何故愛を注ぎ続けていかなくてはならないのか?
私の人生、この彼氏に捧げていいのか?
自分の心の声を聞きました。
『もう嫌!』
しっかりと、自分の心の声を受け取り、彼氏との決別を決意。
そしたら、自由になった自分のこれからの事を、考えれる様に…
自分の為に時間とお金を使える自由を彼女は手に入れ、
と同時に共依存の関係から、抜け出せることに、成功しました。
退院後の彼女は、見た目も変わりましたが、雰囲気が凄く明るくなっていて、
こちらもご機嫌になってしまう程でした。

チャンスに気が付けたら、ドンドン変わる

彼女は彼氏軸の生き方から、自分軸にシフトしました。
痩せて、雰囲気が良くなった彼女は店に復帰してからは、平均的に上位の成績を維持し、
必死に50万を稼いでいる頃とは比較にならない報酬を得れる様に…
彼女にとっては、良くなった変化ですが、
その前には彼女にしてみれば
『もう嫌~~!!』
と、どん底だった訳です。その時に分岐点があったのが良く分かります。
自分をごまかすか
自分に正直か
彼女は、その彼氏を手放したと同時に
自由な時間
女性としての美しさ
自由に使えるお金
これを手に入れました。必死に手に入れたのではなく、ごくごく自然に…
彼女を見てると、人生のカラクリを見ている様でした。
後に、彼女はお客様として来店された、お医者様とお付き合いし、結婚してしまいました。
そんな事ってあるんだな~と、当時は私もびっくりしましたが、それだけ彼女が変わったという事です。
彼女は今も、幸せに暮らしているのですが、彼女のスタンスは変わらず、自分軸で生きています。
あの、緊急入院した時に、彼女が自分の心の声を捉えなかったら、
彼女は今の生活と真逆の暮らしをしているはず。
我慢することが美徳ではありませんし、
尽くすことが女性の幸せでもありません。言われるがまま望みを叶えてあげるのも愛ではありません。
結構ありがちなのですが、
執着してしまう相手ほど、大した事なかったりします。これは本当です。
そして、付き合う相手も、結婚相手も
自分と同じような波動の持ち主が、自分のもとにやって来ます。
やはり、自分を大切に出来なくて、自分を愛してないと、
自分を大切にしない、自分を愛していない人が、こちらにやって来ます。
これらの中には、重症化している場合、アルコール依存症や、薬物依存症、パチンコ依存症、
これらを抱えている人が著しく多いです。
こんな人たちを、引き寄せない為にも、
自分の心の声を聞き、自分を労わる、自分に対して愛のある選択をしなくてはいけません。
何度も言いますが、
現実の世界は、自分の心の中を映したものです。
現実が変われば、心が変わるのでは無いのです。
一番大切なものは
その時の心の状態です。
『もう嫌だ』そう思っているなら、それは、自分が変身できる大きなチャンスになりますので、
出来るだけ、見過ごさないで欲しいです。

若くして二児の母になった私は風俗の世界に飛び込む決断をしました。夜の世界の「光」と「影」を自身で経験しました。家族を守るため、風俗とともにがむしゃらに駆け抜けた6年間の濃密なコラムが皆様の元気に変わればと思い執筆活動を続けて行きますのでよろしくお願いします♪ Rie♡"

 
PAGE TOP