メンタル対処

【自分と向き合い、自分自身の育て直しをする】毒親から生み出される風俗嬢⑬

  • 閲覧数:10

皆さんこんにちは。
Rieです。
皆さんは「毒親」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
毒親とは子供に悪影響を与える親のこと。
前回の毒親シリーズをご覧になってない方は、こちらからご覧ください

毒親育ちの自分との向き合い方

毒親育ちで今現在の人生プランが上手くいってない、毒親育ちだから、何をしても似たようなパターンで失敗する。
いつも男の人に騙される、現在の状況が望んでいない事で溢れかえっている。

自分が毒親育ちだと気が付くと、まず、両親である父親や母親を責めたくなりますよね?
『どうして?ちゃんと私を育ててくれなかったの?』
私も、私の両親が毒親だったと気が付いた時は、人生の中の数々の選択の失敗を全部毒親である両親の責任にして、
逃げてしまいたい気持ちになってしまいました。
『私がこんな風になったのは、あの時のお母さんの責任。』
『私が今苦しいのは、お父さんがあんな事を言ったから』

その時はそれで自分の気持ちは落ち着くのですが、結局何の解決にもならなくて、同じ失敗の堂々巡りでした。
そして夜の世界で、風俗の世界で家族を支えていくという、そんな責任が圧し掛かっている時、私の心情は一変したのです。

…というよりか、自分だけを信じるしか方法は無くなってしまったので、自分の気持ち優先にほぼ第六感で行動するようになってから少しずつ状況が変わっていき始めました。
自分を信頼するという事。自分を尊い、敬う。
どんな状況に置かれても、今日の自分の売上が0でも、自分を信頼し、自分の事を労い続けました。

人生を上昇気流に乗せる為に、毒親育ちの人がしなくてはいけない事は、毒親と向き合うことではなく、毒親に変わって貰う事でもありません。
必要なのは、毒親育ちの自信の無い自分、自分が信用できない自分嫌いな自分と向き合う事なのです。

人生の失敗パターンや、人生の困り事は、勿論毒親が要因です。
これは断言できます。しかし、その毒親を、今からどうする事も出来ません。
また、赤ちゃんに戻って両親に育て直しをしてもらう事も不可能です。
なので、両親から与えて貰えなかった部分を自ら補っていくという作業をしなくてはいけないのです。

「どこからどう見てもあの人は毒親育ちなのに、上手くいって、キラキラしていて、何をやっても楽しそうで…。」

この業界ではやはり数名いる、安定した売れっ子のあの子…。
そんな人、見た事ありませんか?
恐らくそんな人は自分で意識しているのかは分かりませんが、
自分の育て直しを自分でしている、もしくは、無条件での愛をパートナーに与えて貰い、育て直しが出来た状態と言えるそうです。

自分の育て直しをする

自分の育て直しとは、自分の親に自分がなると言う事です。
カウンセリングに行った事のある人は知っているかもしれませんが、
自分が親にして欲しかった子育てを、今から自分が自分にしていくと言う事になります。
自分の親になったあなたは、何も意識していないと両親とそっくりそのまま同じ言葉を自分に語りかけます。
これが、両親の影響を大いに受けるという理由です(これは本当に恐ろしい事です。)。

自分を認めて語りかける

今まで、「なんてダメな子なんだ」と親に言われて現在まで育っていたから、自然と自分に対して「なんてダメなヤツなんだ」と語りかけているのだと思います。
目に見えるものしか評価して貰えない親に育てられたら、目に見える結果で自分の価値を自分で決める様になってしまいます。
この自分で自分を否定している言葉に気付いて、そこの部分を変えていく為には、
両親とのやり取りを思い出さなくてはいけないので、ちょっと苦しくもなったりします。

しかし、苦しくても両親から習慣の様に言われて傷ついていた言葉を、
「そのままでいいよ」
「よくやっているよ」

と優しい言葉に変える事で自分を認める事が大事なのです。
別に、実感が伴わなくても構いません。

花に水をあげるように優しい言葉で語りかける習慣を作る。
だから、自分を育て直すには自分に語りかける言葉を意識的に変えて行くことが必要になります。
自分に語りかける言葉を変える。ぜひやってみて欲しいのです。
ちなみに、自分を否定してもそれはそれでオッケーなので、深く考え込まずに否定する自分をさらに否定しないでいいです。
自分を否定しても、最後は
「うん、そんな自分もオッケー。それも私。」
「そのままでいいよ。大丈夫。」

で締めくくってみてください。
そうやって自分にとことん愛情を持ち、気長に自分を見つめてあげて下さい。

好き嫌いや快不快に従って行動してみる

感覚や直感で行動することで自分に対してメッセージを送っていくという方法です。

例えば、自由にしていいよと自分に対して語りかけても、自分のしたい行動を抑えていたら、
自分に対して発しているメッセージは「自由にするな」ということです。
自分に価値がある、素晴らしい。と語りかけても、自分を過剰に卑下したり、本当は嫌なのに我慢して相手を優先するということは、
「自分には価値がない」
と自分に伝えていることと一緒です。
この行動によって伝えるメッセージによって、自分をすくすく元気に育てることもできれば、
しゅんと落ち込ませることも簡単に出来るのです。

いきなり完璧に自分の好き嫌いや快不快に従おうとすると不安になりますし、戸惑いが出てきますので、
適当に勇気が出せるところから、無理のない小さなところから行動してみてください。
些細なことでも、自分の気持ちを採用できた嬉しさに感動すると思います。
そうやってゆっくり二人三脚で歩んでみてください。
気を付けて意識をしたら、自分に変化があるの事に気が付きます。
自分の嫌なことから逃げる、遠ざけることで「自分は大切な存在なのだ」ということを段々と感じていく事が出来ます。

ざっくり言えば、自分とどう付き合うかってことですよね。
いつも我慢させて蔑ろにするのではなく、時に言うことを聞いてあげて時に守ってあげる。
自分が昔して欲しかった子育てを両親に変わってしてみてください。自分の心はすくすく育っていきます。

自分が見える世界、自由に使えるお金、自分の周りにいる友人もですが、
自分の育て直しが完了したらガラリと変わっていきます。

若くして二児の母になった私は風俗の世界に飛び込む決断をしました。夜の世界の「光」と「影」を自身で経験しました。家族を守るため、風俗とともにがむしゃらに駆け抜けた6年間の濃密なコラムが皆様の元気に変わればと思い執筆活動を続けて行きますのでよろしくお願いします♪ Rie♡"

 
PAGE TOP