エピソード

【ホストを辞めた彼】私の今後はどうする?22

  • 閲覧数:4

HINAです♪
ホスト連載も終盤になってきました!
今回は彼のことや私の周りを取り巻く環境だったり色々書いていきます。
ホスト連載最後まで見守っていただけるととても嬉しいです♡

お金は無限じゃないし仕事も無限じゃない

保守的でもいいじゃない

馬鹿みたいに化粧品を毎日買えばそりゃお金もなくなっていく。
元々私は貯金が苦手なタイプのくせに、財布にお金が入っていないと嫌という典型的な貯金が出来ない人間に分類されるんだよね(笑)
自慢にならないけどこのタイプの女の子結構いると思ってる。
高級店は回転率は悪かったけどそれなりに稼げた。
でも本当に客入りが少ない日はほぼ全員お茶引いたり。
保証もついているわけではないからそこが痛手だった。
しばらくしてこの高級店はやめることにしたんだ。
それが間違いだとも思わなかった。
いつもの在籍店は相変わらず不況を知らないのかってくらい大繁盛!
これもすごいと思うけど回転率も悪くないし、保証がついてるからお茶を引いても安心感はあったんだよね。
でもどんどん仕事が減っていって新しい女の子に仕事が行く。
当たり前なんだけど上手くそれを乗り越えられない自分が嫌で、一旦ここで風俗をやめてキャバクラに戻ろうかとも考えた。
結果在籍は残したままキャバクラでしばらく働くことに。
我ながら保守的というか・・・(笑)
ずるいよなぁこれ、と思いながらも夜はそんな自由も案外きいてしまう世界だからね。

キャバクラは有名店を選んだ

キャバクラはなんとなく有名店で、在籍人数も鬼の様にいるところを選んだ。
時給も悪くなくて条件もそこそこ良かったから、まずは体験入店することに。
仲が良かった社長のお客様達にはキャバクラを接待の場として利用することもあるだろうと思って、予め連絡はしていたの。
そしたら体験入店の日に社長のお客様が「HINAちゃん〇〇に体験入店してるんだっけ?今から行くけど空いてるかな」って言われて黒服に確認を取ってVIPルームに。
風俗嬢のHINAとして会うことはあったけど、キャバ嬢のHINAは初めてだから私もどうしようかなって考えてた。
流石遊びなれてるだけあって、体験入店で40万近く使ってくれたんだ。
私もそのまま本入店はしたけど、正直そこのキャバクラの空気管があまりにも独特で結局2週間で辞めちゃって、また風俗に戻った。

そんな時に彼がホストをやめた


私は次の在籍店を探していて、デリじゃなくてホテヘルにしたらどうかなというスカウトさんの言葉を信じてホテヘルに勤務することを決めた時に彼が「ホストやめるわ」って言ってきたの。
「え?なんで?」
「もういいかなって暴力沙汰とか日常茶飯事だしもう夜の仕事はいいや」
「あー、そっか。なんか仕事するの?」
「出会い系サイトのサクラの仕事やるから12時間勤務でも給料は30万以上だから」
その時はまだ出会い系サイトのサクラに対しての取り締まりも、今ほど厳しくはなかったけど私が言える事じゃないけど危ない道を行くタイプだなーって思った。
彼は出会い系サイトのサクラで12時間業務で19時には仕事が終わる。
私はホテヘルで19時に上がれるように時間配分を考えて、お店に伝えてその時間には完全に上がれるようにしてもらった。
新しいホテヘルはみんないい人で、私の友達が別店舗に在籍してたこともあってすぐに打ち解けられたんだ。

ホテヘルはただ楽しかったし1番稼げた


ホテヘルをやって色々なお客様について接客して、嫌なこともあったけど回転率は最高にいいし近隣のホテルかレンタルルームに行って、終わったら事務所に1回戻るから気が楽。
ちゃんと店長さんやスタッフさんと話が出来るから本当に安心して働けた。
そんな時にお店から提案として「HINAちゃんサイトに載せるようのムービーで絡みありなんだけどお願いできないかな?ギャラは出すよ!」って言われて・・・。
でもいくらギャラが出ても、絡みありが誰でも見れるネットに載せられるのは流石に抵抗が。
元々別店舗に在籍してた友人に相談したら「断りなそれはやめなよ」って言われて、そうだよねって思って断ったんだ。
断ったからって私の回転率が下がることはなかった。
でも彼は夜を辞めて、一応昼の仕事についたし時間帯的にも昼に働いてるわけだし。
私は退勤時間に合わせてはいるけど風俗には変わりない。
「このままでいいのかな」って漠然と思い始めたんだ。
でも今昼のお仕事をやろうと思って何が出来る?
なかなか風俗と掛け持ちなんて出来ない気もするし、昼行った後に夜は風俗とかハードすぎる。
私の体調とかメンタル的にはもたない。
考えなきゃいけないけど今はまだしばらく風俗をしていたいと思って、結局考えたけど「今のまま」を選んだんだ。

オススメコラムはこちら!

【閑散期を乗り切るにはどうしたらいい?】2、3月の閑散期に向けて知っておいて欲しいこと

元風俗嬢。田舎から都内に出て風俗嬢として5年間勤務の後に在宅ライターとして活動中。風俗嬢時代はホストにもハマり出勤と出稼ぎを繰り返し、鬱病や合併症に悩む日々が続きました。アニメや漫画が大好きなオタク系元風俗嬢。自らの良い経験も嫌な経験も頑張る女の子の役に立てればと思い執筆活動中!!

 
PAGE TOP