【風俗嬢だけどクレジットカードが欲しい!】在宅ワーカーのいろはが実際にデビッドカードを作ってみた!




こんにちは!

最近小銭貯金にハマっている「いろは」です。

100均で買ったブタちゃん貯金箱が、いい感じに重たくなっています♡

いっぱいになったら開封するコラムでも書こうかな・・・(笑)

冒頭からお金の話をしましたが、今日のコラムもお金がテーマになります。

皆さんはクレジットカードってお持ちですか?

何かと便利なクレカですが、いつの間にか借金に変わっていたという話をよく聞くので、私は絶対に持たなければいけない訳ではないのかな、と思います。

しかし便利なのには変わりない。

クレカが作りたい!と思っている風俗嬢の方は多いと思います。

今回は実際に私が作ってみたので、クレカって風俗嬢でも作れるの?と思っている人は是非ご覧ください♡

クレジットカードを作るのは難しい?

実は今回私が作ったのはクレジットカードではなく、デビッドカードと言うものです。

私はNAISHOでライターをして報酬を頂いていますが、会社に所属しているわけではありません。

クレジットカードの審査は誰でも通る訳ではなく、安定した収入があり身分のはっきりした人でないと審査は通りません。

私の様にフリーのお仕事では、信頼されないのが現実です。

昼職と風俗を掛け持ちしている人は、風俗1本になる前にクレジットカードを作ることをオススメします。

もちろん風俗のお仕事でもクレジットカードを作ることは難しいです。

お店に在籍しているからアリバイ会社を使って作れるんじゃない?

と思いますがアリバイ会社を使って申請すると、審査に通らない可能性は高いのです。

最悪の場合は利用停止処分になるなど、カードが作れなくなる可能性もあるので、アリバイ会社を使うことはオススメできません。

デビッドカードとクレジットカードの違い

今回私が作ったデビッドカードとクレジットカードの主な違いは支払い方法です。

クレジットカードは買い物の支払いは翌月末であったり、分割で買い物をすることができます。

デビッドカードの支払いは、買い物をして支払いをした瞬間に口座からお金が引き落とされます。

そのため10万円の買い物をしようとしても、口座に9万円しか入っていなかったら支払いはできません。

クレカに比べてかなり不便に感じますよね。

しかし収入が安定していないうちは、クレカよりデビッドカードを私はオススメしたいです。

無駄遣いが減る!

月末のクレカの支払いがやばい。

そんな言葉を良く耳にしますが、払えるか払えないか分からない額を使うのはナンセンスすぎます。

デビッドカードなら即口座からお金が落ちるので「月末ヤバイ」なんてことはありません。

翌月払いだしいいか〜。

なんて思って買った物、今この瞬間に口座からお金が落ちていたら買っていますか?

後払いという余裕がない為、無駄遣いが減る可能性は高いですね♡

デビッドカードは簡単に作れる!

今回私はジャパンネット銀行でデビッドカードを作りました。

なんでジャパンネット銀行にしたかと言うと、オススメのデビッドカードで1番だったからと言う簡単な理由です(笑)

ちなみにデビッドカードにはVISAとJCBといった種類があります。

この2つは加盟店の多さなど違いがあり、VISAの方が加盟店が多いので、私はデビッドカードを作るときはVISAをオススメします。

ジャパンネット銀行は発行手数料や年会費が無料です。

家の最寄りのコンビニがファミマなので、ファミマでポイントが溜まるのも魅力。

また提携ATMがセブン銀行やローソンATMで便利なことも、嬉しい魅力です。

口座を開設する!

まずデビッドカードを作るに当たって、ジャパンネット銀行に口座を開設しなければいけません。

ジャパンネット銀行の口座開設ページから、開設するために必要な情報を入力します。

名前や住所などは入力できますが、つまずいたのが「勤務先について」という項目です。

自営業・自由業を選択すると勤務先や勤務先の電話番号の入力が必須になります。

私の場合は勤務先はない為入力ができません。

面倒だったのでその他を選択して無職ということにしておきました(笑)

無職で審査通るの?と心配になる人もいるでしょうが、無職でもデビッドカードは作れるので安心してください!

アプリで身分証を登録

必要情報の入力が出来たら、本人確認書類の送付方法をアプリで送信するを選択してください。

書類での送付も可能ですが、カードの発行に2週間かかります。

アプリでなら最短5日でカードを発行できます!

次のページに行くと受付番号が貰えるので、しっかりメモをしておきましょう。

カードの発行状況などを見る時と、アプリで本人確認書類を送付する時には必要になります。

免許証かマイナンバーカードでOK

本人確認書類って色々必要なのかな?と不安になりますが、免許証かマイナンバーカードでOKです。

アプリに受付番号と名前を入力して、カメラで撮影し、本人確認書類の送付は完了します!

ちょ〜簡単です!

登録に10分もかかりませんでした。

次回はデビッドカードを実際に使ってみた!

今回は登録をしただけなので、カードが届いたら続編を書きたいと思います!

デビッドカードの使い方や、こんな使い方もできる!というのを紹介していこうと思いますので、お楽しみに♡

オススメコラムはこちら!

【何で私はお金が貯まらないのだろうか!!】浪費家必見!試して欲しい3つの貯金方法

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!


友だち追加
ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)


いろは

NAISHOメディアディレクターをやらせて頂いております。17歳から援助交際を始め「セックス依存症」になった私は18~22歳までの4年間デリヘルで働き続けました。無理な働き方により体を壊し、今でもストレス性の喘息と蕁麻疹と共存しています。現在は風俗ライター・相談員・業界の様々な事情を取材しつつ、メンエスの内勤さんもしています。現役を引退して2年、この業界にまた戻って来たのは、ただただ好きだから。たった1人で悩む女の子のために活動を続けていきます!