【本指名を1本でも増やすためにできること】3つの心構えで稼ぎも変わる?




こんにちは。

美容院に行く時間すらなくて自分で髪を切ってみた元ピンサロ嬢セイラです。

さて12月も中旬になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

お仕事は順調でしょうか?

前々回のコラムでは本指名獲得のために具体策を3点、前回のコラムでは名刺テクニックを伝えました。

今回でこのテクニック特集はラストになりますが、今までの具体的対策とは反対に、今日は抽象的な概念をお伝えしようかと思います。

本指名テクニックシリーズはこちらからご覧ください。

具体策編名刺編

風俗嬢としての心構え

無断欠勤・遅刻をしない

今回は概念的なお話なので、本指名を取るために業界的なテクニックではなく、人として当たり前にできてほしい内容ばかりです。

しかし、その当たり前ができていない嬢が一定数いるのが事実です。

業界特有のテクニック云々以前に、人としての当たり前ができていないと指名は返ってきません。

まずはスケジュール管理について。

無断欠勤・遅刻をしないこと。

当たり前ですよね?

でも、風俗業界では雨が降るとなぜか当日欠勤の子の数が倍増するのです。

謎ですね。

身体・精神が天気に左右されるのは事実ですが、でも自分で決めた出勤予定は守りましょう。

会うのを楽しみにして来店さえたお客様が当日欠勤を知ったらどう思うでしょうか。

出勤していると思ってお店に行ったのに、お目当ての子が休みになってたら悲しいですよね。

不可避な状況を除いてできる限り当日欠勤・遅刻はしないよう出勤しましょう。

お客様からの信頼を失うことになります。

加えて従業員からの信用度も下がります。

自分で決めたスケジュールは守る努力をしましょう。

自己管理をおざなりにしない

上記のスケジュールを守ると関連しますが、スケジュールを守るためには出勤できる身体状態であることが第1条件です。

健康でいるのが一番ですが、健康でいることは難しい業界でもあります。

自分の体質やホルモンバランスを理解し、無理をせずに働いていきましょう。

自分の身体と向き合い、分析していけば傾向は見えてきます。

生理前には体調を崩す、季節の変わり目には風邪をひく、飲み会の次の日は頭が痛い、など、自分の体質を知りましょう。

そしてそれに見合った対策をとりましょう。

自己管理ができない人にお客様の管理はできません。

リピーターの管理がしたいのならば、まず自分の管理をしてからです。

感謝の気持ちを忘れない

多くの人に支えられて今、働けていることを忘れないでください。

お客様の来店にはもちろんのこと、毎日お店を運営してくれている従業員がいるからこそ、お給料をもらえています。

あなたに本指名のお客様がいたとします。

そのお客様はあなただけの努力で、あなたに返ってきてくれたのでしょうか。

答えはNOです。

まずお店の営業努力があって、そのお客様はお店に足を運んでくれたのです

従業員の努力がなければそのお客様に出会うことはなかったでしょう。

お店が毎日運営してくれているから、その中でお客様に会えたのです。

もしかしたらそのお客様はお店によく来てくれていた人かもしれません。

貴女と会ったその日が初来店ではないかもしれない。

ということは、過去に接客を頑張ってくれた女の子がいるということです。

その子のおかげで、そのお客様はまたお店に来てくれて貴方に出会った。

他の子の努力のおかげです。

決して、自分の努力だけで返した本指名ではないことを忘れないでください。

従業員や、他の女の子、そしてお客様への感謝の気持ちを持って働いてほしいと思います。

まとめ

3回に渡り本指名獲得のための行動について書いてきました。

このような記事に目を通しているということは、現状を少しでも変えたいと思っていることと想像します。

この業界において頑張ってみようと少しでも努力をしている人は貴重です。

何も考えずにただ出勤して、言われた最低限のことをこなしてお給料をもらって帰る子が少なからずいます。

その中で頑張ろうと模索している姿は立派です。

しかし、時としてその努力や目標が自分を苦しめることになる。

頑張りすぎて精神のバランスを崩すことが多々あります。

次回は、精神バランスついて書いていけたらいいなと思います!

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

セイラ

援助交際の非効率さに辟易しピンサロの門を叩く。オナクラやヘルスも経験するがピンサロの居心地がよく、気がつけばピンサロ歴は5年。お店ナンバー1を目指して登りつめた結果、得たものは摂食障害と人間不信。でもプラスになったこともある。そんな私の経験でも誰かの役に立てればと思い執筆中。