【本当にあった風俗の怖い話】お客様の自宅で起こった恐怖の出来事Part②

こんばんは。綾野アオイです。

私がまだ20代でデリヘルで働いていたころに体験した出来事です。

ゾッとするお話、ヒヤッとするお話・・・。

これを読んでデリヘル嬢やめたい!!ってなってしまう方がいても保証はできませんのでご了承ください(笑)

それでは本当にあった怖い話Part②、はじまりはじまり。

Part①はこちらからご覧ください。

昔々あるところに、ちょっと性癖のぶっとんだ攻め専門風俗嬢がいたそうな・・・(日本昔話風)

本当にあった風俗の怖い話

東京都練馬区お客様の自宅/日本人形が見てる

まだ私が攻め専門のデリヘル嬢をしていた20代前半の頃に、一戸建ての古いお宅に派遣されたことがありました。

お客様は40代後半くらいの方で、この自宅は元々両親の物だったけれど、両親ともに既に亡くなり、兄弟は結婚して出て行ったので自分1人でここに住んでいると言っていました。

とても広い家でしたが、お世辞にも片付いているとは言えない家の中でした。

そして通されたのは和室

自分の部屋は散らかっているから、客間として使用していたこの部屋を使おうということでした。

そのお部屋には、無数の日本人形やぬいぐるみなどがあり、それはお客様のお母さまが生前にコレクションしていたもので、捨てるに捨てられず困っているという話をしていました。

もしかしてここ、お母様のお部屋だったのでは・・・?

なんだか罰当たりな気もするけど、まぁこちらはお仕事だしなぁ・・・。

シャワーはまぁまぁ、男性の1人暮らしではこんな感じですよねーという感じで、可もなく不可もなく。

そのままバスタオルを巻いて和室に移動すると、人形の視線が気になって怖い。

そのことをお客様に伝えると、

「そう?僕は慣れてるから平気だけどね~?」

そんな感じでした。

そしてプレイを始めようとすると異変が起こりました。

ガタっ!ガタっ!ガチャガチャっ!

音がするのです。

「ねぇ!いま誰かドア開ける音しなかった?ご家族とか誰か帰ってきたりしない?」

兄弟は他県に住んでいるからそれはないよということを言っていましたが、プレイを始めようとすると廊下の方から、

ガチャガチャっ!ガタっ!ガタっ!

まるで、ここに人がいるんだぞ、ということを知らせようとしているかのような音がドア越しに廊下から聞こえてくるのです。

集中しよう。集中。大丈夫!すぐに帰れるから!!

そう言い聞かせながらプレイをしていると、今度は日本人形(ガラスのケースに個別に入っている)ガタン!といって音をたてました。

「キャァー!」

さすがにわたしは声をあげてしまいました。

そしてお客様も。

「えっ!?なに!?ガラスの音!?なに!?」

いちばん端に置かれていた日本人形の扉だけが開き、人形がこちらを向いて倒れていることがわかりました。

母さん、怒ってるのかなぁ・・・

お客様のその言葉で、ゾッとしました。

チンチンも萎えてしまい、今日はやっぱりもういいですということで、シャワーを浴びて時間まで会話をしようかということになりました。

そしてシャワーを浴び、和室に戻るとお客様が言うのです。

「人形全部こっち見てる・・・」

何を言い出すんだよと思い、人形の方に目を向けると、さっきまで壁に背をつけて並んでいたはずのぬいぐるみが、こちらを向いていました

そして日本人形も。

若干ではあるけれどこちらを向いているように、斜めになっていました。

なによりも、先ほど倒れてきた日本人形。

お客様はうつ伏せの状態で置いたにもかかわらず、こちらを向いていました。

「母さんごめん、ごめんって!もう風俗なんて呼ばないって!ごめんって!この部屋でそんなことしないから!ごめんって!」

そんなことをお客様が言い出し、本当に怖くなって私は時間よりとても早かったけれど、

「この近くにコンビニとかないの!?送って!お願い!送って!そこまで!!」

徒歩圏にはなかったようで、まさかのお客様の運転する車に乗り込み、コンビニに行きました。

「母さん亡くなってもうすぐで49日なんだよなぁ・・そりゃ母さんも怒るかぁ・・・」

あれほど荒れていた自宅だったから、もう結構な期間を1人暮らししていると思い込んでいたけれど、まさかの49日をまだ迎えていないにも関わらずに母親の部屋で風俗嬢とプレイ・・・。

お前やべぇわ!!!と思ったけれど。

もうそれ以降その男性に指名されることはありませんでした。

そして、このことがきっかけではないけれど、私は自宅派遣をNGにしました。

まぁ、ラブホテルでも怖い体験しましたけどね!!

そりゃ亡くなったお母さんも怒るわ!!!!!!

私はその日から日本人形が怖くてダメです。

お雛様すら無理になってしまいました。

以上、練馬区のお客様の自宅で体験した怖い話でした。

オススメコラムはこちら!

【風俗嬢が実際に体験した怖すぎる事件】接客中の本当のピンチに遭遇した事ありますか?

@NAISHO

NAISHOスタッフへのご相談はLINEからどうぞ!

下記の友だち追加バナーをクリック!

ナイショに届くご相談内容参考記事はこちらから!

(女性からのご相談のみお受けしております)

友だち追加

綾野アオイ
アダルトライター/風俗ライター。好奇心から始めたSM店・M性感店でM男遊びにドハマリして貴重な10代と20代を浪費した攻め専門嬢17年生。一目惚れした年下のお客と結婚後もネタ収集と性欲発散のために現在も月2で出勤中。 好きな言葉は予約完売、好きなプレイはアナル開発、連続ドライオーガズム。体の負担や性感染症のリスク、年齢問わず長年勤務できる攻め専門嬢というジャンルを推奨中です。好きな食べ物はグミ。