【美容整形手術の痛みについて】整形の痛みには耐えられる?Part⑥(後編)




こんばんは。綾野アオイです。

  • 美容整形手術をしてみたいと思っている方
  • 興味はあるけど怖いと思っている方
  • ダウンタイムについて心配がある方
  • 整形バレが怖くて踏み出せずにいる方
  • 費用の心配
  • 美容クリニックの選び方
  • 整形手術後の周りへの対応
  • 注意点やメリット・デメリット!!

その他いろいろ♡♡シリーズでご紹介していきたいと思います。

Part⑥前半はこちらからご覧ください。

今回は、美容整形手術って痛くないの?どのくらい痛いの?について(後編)です。

興味のある方は是非読んでくださいね(^^)/♪

結局痛みは耐えられるレベル!

Part⑤(前編)でもいくつかご紹介してきましたが、結局痛みは耐えられるレベルです。

耐えられるというか手術が始まってしまえば耐えるしかないんですけどね!

麻酔の針が痛みのピークであることが多いので最初を乗り越えれば大丈夫です。

麻酔を打たれた瞬間「やっぱりやめまーす!」なんて言う人はいないと思います。

そしてなにより痛みの先にある自己満足(美)を求めて我慢できるのでしょう。

痛いし怖い!だけどそんなことよりも整形したい気持ちの方が大きいから我慢もできちゃいますよね♪

鼻中隔延長(耳介軟骨移植)

この整形内容は鼻の高さを出すものではなく、鼻先を伸ばすという表現が当てはまると思います。

鼻中隔とは鼻の穴の間にある仕切りになっている部分のことです。

自分の耳から耳介軟骨を取って鼻中隔に移植をします。

この整形手術は2時間~3時間という手術時間を要するため、全身麻酔での手術でした。

眠っている状態で手術が進められるので痛みというものは感じませんでした。

術後に目が覚めると鼻にギプスを着けられた状態なので5日後まで確認することができません。

抜糸は7日後で、抜糸の痛みはないです。

鼻尖縮小

鼻尖縮小(びせんしゅくしょう)は、鼻先を細くする整形手術です。

小鼻縮小とは違うので鼻の幅自体は変わりません。

鼻先の軟骨を糸で閉じて留めるという方法です。

この手術は鼻中隔延長と同時に行ったので全身麻酔での手術でした。

なので痛みは全くありませんでした・・・という痛みの情報がなくて申し訳ないです。

鼻尖縮小を単体で手術する時には通常、クリーム麻酔と局所麻酔を併用するそうです。

友人は鼻の麻酔って意外と痛くなかったよ!鼻先をゴリゴリされている感覚が怖かったけど、と言っていました。

だいたい60分程度の手術時間で鼻中隔延長と同じく5日間ギプスを装着することになります。

鼻下短縮(人中短縮・上口唇短縮)

この手術は読んで字のごとく鼻の下の長さを短くする整形手術です。

鼻の下のライン(鼻の幅)に沿って数ミリ皮膚を切り取るという方法です。

傷跡は必ず残るうえに鼻の下は隠れにくい箇所なので結構(カナリ)リスクのある整形手術です。

それと上唇も若干厚くなるので一難隠して一難出現!!なんてことも可能性としてあるので慎重に検討したい箇所でもあります。

麻酔は鼻の下に局所麻酔を数か所。

ほとんど痛くなかった記憶なので、ここは痛みを感じにくい箇所なのかもしれません。

(唇や目元などに比べると痛みが少なく感じたのは個人的な意見です。)

術後の痛みもなく抜糸も痛くありませんでした。

ボトックス注射

ボトックス注射はボツリヌス毒素製剤の一種で、ボツリヌストキシンという薬を打った箇所の筋肉の働きを一時的に止める作用があります。

私は眉間にボトックス注射をして、眉間に縦にシワが入ってしまうことを抑制させる効果がありました。

そしてはじめてこの注射を打ったときは麻酔無しでした。

眉間にアイスノンをあてて痛みを緩和させて注射を打つという原始的な方法です。

この方法でも痛みは耐えられるレベルです。

クリーム麻酔をして涙袋にヒアルロン酸を注入した時なんかよりも痛みは各段に少ないです。

眉間だったからアイスノンで大丈夫だったように思いますが、ボトックス注射は目尻のシワや、口角、噛み合わせ付近(顔周りエラ)に打つことも多い注射なので、注射を打つ箇所によってはクリーム麻酔や局所麻酔をする必要があるかもしれません。

私がボトックス注射を打ったクリニックでは麻酔はオプションで別料金でした。

打つ箇所によって痛みは変わるが、眉間はアイスノンで充分でしたよという感想です。

フェイスリフト(糸のみ皮膚切除ナシ)

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、フェイスリフト集団訴訟問題がありましたよね。

側頭部や顔面の疼痛・皮膚の引き攣れ・脱毛といった後遺症で集団訴訟があったということでしたが、私はそういった後遺症などに悩まされることはありませんでした。

耳の付近の皮膚を切り取り、肌を引き上げるという方法もあるようですが私が施術した方法は頭皮から針を刺して、糸でお肌を引っ張り上げるという方法でしたからまさに集団訴訟のアレです。

局所麻酔は正直痛い!頭に針ぶっ刺されるんだから痛い。想像以上に痛い!!

頭部からこめかみにかけて局所麻酔を数か所ぶっ刺された記憶がありますが、痛い以外の表現ができないくらい痛い。

当時まだ20代だったので、正直やった意味ないんじゃないかなって思ったけどクリニックでゴリ押しされたので…

10年以上効果あるとか言われたけど多分それは大袈裟だなと今更思う今日この頃。

まさに集団訴訟にあったゴリ押しが当てはまってる件はスルーで!

当時100万円近くだったのに今30万円代ですってよ!!謎の割引してもらった記憶・・・

ほうれい線は確実に薄くなりますし、頬肉もリフトアップ効果抜群です!

ただ当時20代の私には必要なかったなぁ・・・やるなら今でしょ!

術後1週間くらいは少し痛いのと、エクステしてる人は外しておくべき。

そして術後2ヶ月はエクステつけるのも美容室でシャンプーしてもらうのも控えた方が良いです。

針さして糸通している箇所にエクステつけられたら激痛!シャンプーも患部押されると激痛です。

私は美容室に行った後悔でそこから怖くて1年近く美容室に行きませんでした(笑)

次回は豊胸手術についての記事です(*^-^*)

お楽しみに♡

オススメコラムはこちら!

【飽きられないではなく飽きさせない本指名嬢になる】たった2つの方法でお客さんは虜になる?

綾野アオイ

アダルトライター/風俗ライター。好奇心から始めたSM店・M性感店でM男遊びにドハマリして貴重な10代と20代を浪費した攻め専門嬢17年生。一目惚れした年下のお客と結婚後もネタ収集と性欲発散のために現在も月2で出勤中。 好きな言葉は予約完売、好きなプレイはアナル開発、連続ドライオーガズム。体の負担や性感染症のリスク、年齢問わず長年勤務できる攻め専門嬢というジャンルを推奨中です。好きな食べ物はグミ。