看護師風俗嬢が気づいた癌など病気の危険性について4つ




こんにちは☆

夏に向けて真剣にダイエットを始めようとしているりこです!!

−6キロ目標にまずはファスティングから。随時報告しますね♪

今回私がお話したいのは性病のお話です!

6年近く風俗の仕事をしていましたが1回も性病になったことがないんです。

なので実際風俗で働いていた時に私が行っていた予防方法を紹介したいと思います!!

あと、看護師になってから気づいたある病気の危険性を紹介したいと思います。

 

性病について気をつけること4つ!

まずは洗って観察が大切

まずグリンスでよく洗うこと!陰部だけではなく肛門周囲もよく洗うことでばい菌がなくなります。見た目で陰部に異常がある場合グリンスよりも強烈なイソジンをボディーソープに含めて洗ったりもしていました。もし、消毒の時に男性が少しでも痛みを感じたらサービスの時ゴムをつけることをお勧めします。お客さんに「なんで?」みたいな顔をされても自分の身を守るためです。異臭を感じたり、爛れていたり、傷があったり、そんな時はゴムを装着しましょう。仮性包茎の方の場合よくカリとの間にカスがたまっている場合があります。臭いもきついし汚いし…しっかりと皮を剥いて洗うことが大切です。異常を感じたらすぐにコンドームをつけること。ゴムをつけることで性病の感染も予防可能だし、ビジネスホテルや自宅に派遣された時ようにコンドームを持ち歩くことをお勧めします。

辛かった胃腸炎

ちなみに…性病になったことはないけどアナル舐めをした次の日に胃腸炎になり下痢と嘔吐、高熱で苦しんだことがあります。その日から肛門周囲を徹底的に洗い、なおかつアナル舐めをしなくなりました。アナル舐めが原因か分からないですが、2回なったということで気を付けるようにしていました。

癌も感染しますよ!

子宮頸癌はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスによって感染によって発症するのですが、実はこのウイルス性交渉によって感染するのです。男性はこのウイルスを持っていてもほぼ体に害がないんです!性交渉の経験のある女性のうちの約8割の女性がこのウイルスに一度は感染しているといわれますが、ほとんどの場合は自己免疫力によって体からいなくなりますが、何らかの原因で癌が発症してしまうケースもあります。

 

コンドームじゃ防げません!

HIVや梅毒、クラミジアなどの性病はコンドームの着用により感染の予防ができますが、子宮頸癌はコンドームでは防ぐことができないんです。HPVは男性のペニスの皮膚表面にもいてそこから女性の体内に侵入してしまうためコンドームでは防げないと言われています。

 

早期発見、早期治療が大切☆

早期治療をすれば命に係わる病気ではないし、子宮も摘出せずにすみます。風俗のお仕事をするうえで素股をすると男性の性器に触れる機会も多くなるのでHPVに感染する確率も普通の人よりも多くなると思います。見た目や臭いなどで感染を判断することも難しいので1年に一度検査に行き子宮頸癌の予防をしていくの大切だと私は思います。

りこ

この度ライター活動をさせていただくことになったりこです。19歳からAVや風俗の仕事をして来ましたが、現在は医療従事者として働いています。風俗を始めてお金を持ってしまったからこそ始まった、美容整形依存やホストにハマった日々。たくさんのことを経験して来ました。風俗の仕事をして自分が感じたことを発信して行く中で、少しでも悩みを抱えている人の救いになれたらと思います。