ファッション

【百花繚乱のファッション講座】記録的猛暑!こんな季節はどんなアイテムがいい?~真夏編~

こんばんは、アダルトライターの百花繚乱です。
毎日毎日、とっても暑いですね。
わたしの住む東京でもかなりの猛暑ですが、ニュースを見ると全国的に同じような感じみたいです。
ちょっと外出すれば汗をかいて洋服がぐしゃぐしゃになったり、ベースメイクが崩れてしまったり…この時期はおしゃれに対してやる気も起きにくいかもしれません。
しかしお客様のほうは、いつでもワクワク楽しみに風俗嬢を呼んでいるのです。
そんな一期一会のお客様を心底からガッカリさせてしまう手抜きファッションでは、風俗嬢として失格です。
どんな猛暑だろうと自分を爽やかにかわいらしく演出できる人は、きっと人気も出るでしょう。
百花繚乱の風俗嬢のためのファッション講座Part⑦」は、ずばり~真夏編~です。
おしゃれがやりにくいこの季節、いったいどんな洋服を着れば風俗嬢としてかわいくなれるのでしょうか?
Part①の~入門編~から、ぜひ読み進めていってくださいね。

真夏の風俗嬢ファッションは清潔感が命!

風俗嬢のファッションは、まず第一に「清潔感」がなくてはお話になりません。
あなたのほうだって、不潔っぽくだらしない格好のお客様とプレイをするのは嫌なはずです。
清潔感のあるきちんとした洋服を着ていれば、第一印象は5割は増します
特に汗をかきやすい真夏は、汗ジミの出やすいグレー系や濃い色の洋服は避けたほうが無難です。
お客様のところに着くころには、汗で脇の下部分がじっとり…なんて最悪の事態ですものね。
真夏に汗をかくのは仕方がないことですが、タオルハンカチでこまめに押さえて、メイク崩れも防止しておかなければなりません。
メイクが汗でぐちゃぐちゃに崩れた顔の風俗嬢とプレイをしたい!なんてマニアックな男性は、まずいないです。
お客様のところに着くときには汗も拭いて、爽やかな笑顔とかわいいファッションで颯爽と登場してあげてくださいね。

白のトップスは男性ウケ抜群


いつの時代も男性ウケする洋服の色といえば「ホワイト」。
特に真夏に白い洋服を着た女性は、とっても爽やかに見えて好印象です。
風俗をしているとどうしても「このほうがセクシーに見えるんじゃない?」と黒や赤の洋服をチョイスしてしまったりするものですが、それは間違っています。
男性は風俗嬢丸出しなセクシーな格好をしている女性は、苦手としていることが多いです。
「良いところの会社のOLさん」や「女子アナウンサー」みたいな感じの、清楚な洋服の風俗嬢のほうが圧倒的に喜ばれるのです。
清楚に見せるためにはなんといっても、白のトップスが最強アイテムです。
ブラウスでもカットソーのようなものでもかまいませんが、袖がひらひらしているデザインのものや全体的にふんわりとしたシルエットのものでしたら、男性は即ノックアウトできるでしょう。
そのくらい、白のトップスの破壊力はすさまじいのです。

ワンピースもおすすめ

「汗っかきだし、ブラウスなんて肌に張り付いて逆効果になってしまいそう…」なんてお悩みを持つ人もいらっしゃるかもしれません。
そんなときの強い味方が、ふんわりとした形のワンピースです。
Aラインのシルエットのものでしたら風通しもいいですし、ワンピース1枚でコーディネートが決まるのも嬉しいところ。

ポイントとしてはあまりに布をたっぷり使ったブカブカした形のものよりは、きれい目で大人しいイメージのデザインのワンピースを選ぶということです。
世の男性は、女性のワンピース姿も大好きなものです。
それにお仕事のときには、脱ぎ着がしやすいものが1番嬉しいですよね。
ワンピースでしたらシャワーを浴びる際にささっと素早く脱ぐこともできますし、着るときもすとんとかぶるだけでとっても楽です。
背中に開きがあるタイプのワンピースでしたら、お客様にファスナーの上げ下ろしをお願いすればOKです。
そのこともプレイの一環として、男性は喜んでやってくれることでしょう。

柄物よりも、無地

「百花繚乱の風俗嬢のためのファッション講座」で、何度か言ってきたことがあります。
それは「派手な柄物よりは、無地のほうが男性ウケが良い」ということ。
ボタニカル柄やトロピカルな洋服を着るのも夏らしくって楽しいものですが、男性目線から見ると派手過ぎて、あまりかわいらしく見えないようです。
そういった柄物の洋服は、ぜひプライベートで遊ぶとき用に取っておいてください。
お仕事のときには、基本的には無地の洋服をチョイスしたほうが無難です。
基本は先ほども言った「白」ですが、汚れや食べこぼしなども気になるのなら、白っぽいパステルカラーの洋服も男性ウケは抜群になります。
真夏ですから、淡いブルー系やピンク系も爽やかなイメージを与えられるかと思います。

メイク崩れ対策もしよう

さてここまでファッションのお話をしてきましたが、第一印象でまず見られるのはやっぱり顔ですよね。
ファンデーションやパウダーなどのベースメイク用品は、夏仕様のものを選ぶようにしましょう。
面倒くさがって秋冬と同じベースメイクをしていると、この季節には汗や皮脂でよれたり崩れたりもしやすくなってしまいます。
せっかく清楚な男性ウケファッションをしていても、そんな顔では台無しになりますよね。
コンシーラーで気になる部分をカバーしたら、ファンデーションは夏仕様のものを薄くつけます
厚塗りをすると汗をかいたときに崩れ方がひどくなってしまいますし、そうするとかなり怖い老け顔になってしまいますので、夏場はじゅうぶんに気をつけてください。
涼しげなメイクと爽やかなファッションで、この猛暑を上手に乗り切りましょうね!

PAGE TOP