ホスト

【ホストクラブで見た光景はあまりにもキラキラしていた】シャンパンコールの嵐に圧倒!?15

  • 閲覧数:55

HINAです♪
ホスト連載お楽しみ頂けているでしょうか?
やっと彼のホストクラブ勤務も始まり、私もこれから色々と変わっていくので是非最後までお付き合いくださいね!
第1話はこちらからご覧ください。

ホストクラブはシャンパンコールの嵐

私はそこまで大金を持ってきたわけでもなかった。
周りにはそりゃあお金持ちだろうなって年上のお客様もいるし、雑誌で見た事があるモデルの子もいた。
楽しいんだけど、場違いじゃないかなっていう気持ちが出てきちゃっていたんだ。
私みたいに一般人だよねって子もいたんだけど、その子たちの指名ホストはシャンパンコールの度にすぐに抜けるから、みんなどことなくつまらなさそうな顔してたんだ。
私もつまらないわけではないし、ヘルプの子は一生懸命話してくれるから話したりしてたんだけど、やっぱりいつも行ってたメンキャバが緩いアットホームな感じだったからどうしても違和感が拭えなかった。
やっと彼が戻ってきた。
「シャンパンコールまじやばいよね」って少し酔っ払いながらも嬉しそうに話されて、「あー本当にこのお店に入れて嬉しいんだな」と思った。
お店の中だし彼の事も上げておかないとなぁって思ったの。
そんな会話もちょっとしたところで、またシャンパンコール。
グランドオープンだけどこんなにシャンパンって入るんだ・・・ってその場にいながらちょっとびっくりした(笑)
別ホストの指名の女の子二人組が、25万~50万のシャンパンを一本飲み干した後にまた入れるっていうのを繰り返してて、シャンパンコールがずっと続いてる状態だった。
私の近くに座ってたキャバ嬢のモデルさんも「ねぇ、ずっといなくて暇なんだけど」って不機嫌になり始めてて。
まぁそうだよね~って他人ごとみたいに思ってたらそのモデルさんも「次、私がいれる。クリスタル2本持ってきて」って言い始めたの。
彼から全然高いお酒いれなくていいよって言われてた私は心の中で「これ私も高いのいれないとまずくない!?」って焦り始めてた(笑)
でもまさかグランドオープンで掛けとかしたくないし、なんか彼の顔に泥塗るような気がして入れれる範囲のシャンパンにしようって思ってメニューと睨めっこ。

私は悩んで10万ちょっとのシャンパンに

この時、生活費とかは最初の頃とは逆転して私が払うことが事が多くなってた。
だから正直30万とかのシャンパンを卸したくても、生活費が頭をよぎっちゃって。
彼自身高いの入れなくていいって言ったし、一応コールはついてるからこれでいいかって10万ちょっとのシャンパンにしたの。
今思えばあの高級シャンパン続きで10万はって思うけど仕方ない。生活の為だもん。
彼に「あの、高いシャンパン続きなのにごめん。これでも大丈夫?」って聞いたら「は!?もうちょっと高いのは?」って言われて内心でお前が言ったんじゃん!って思った。
私も一緒に住んでるとはいえ生活があるから「4万とかよりは10万いってたほうがまだ良くない?ここで私が30万使ったとして生活費は?誰が払うの?」って言ったの。
結果そのシャンパンでいいとの事でそれをいれた。
何とかギリギリ生活費確保できたので安心してた。

オーナーのお客様は10分しかいなかった


そろそろ店閉める時間だよなぁと思って、帰れるように用意してたら銀座のママさんの様な着物の綺麗な女性が入ってきた。
席に座って「リシャール2本お願いね」って言ってリシャール2本入れたと思ったら、追加で「ロマネコンティも」って言ってるのを聞いて「嘘でしょ凄い」ってぽかんとして見てたんだ。
けど本当にお酒卸して現金で支払いして帰っていったの。
そのお客様がラストだったんだけど、今までも高級シャンパンの嵐だったのにたった10分で全部ひっくり返していった。

キラキラした世界は合わない。いつもの日常に

あまりにグランドオープンのキラキラした世界が私には強すぎて「テレビとかで見た歌舞伎町まんまじゃん」ってなっちゃって、やっぱり私みたいな一般人が行くところじゃないよねって思った。
でも彼に来てと言われたら行ってはいたけど、もうグランドオープンも終わって初回のお客様も入れるようになってたから「普通のそこらへんのホスト」になってた。
確かに他のホストクラブより話題になってたから、初回のお客様が入れないこともしばしば。
私もまた普通に風俗に出勤していたし、あれ以降変なお客様に当たる事もなくなっていった。

彼の新規のお客様


私も仕事はしてたけど彼もホストとして頑張っているようだった。
彼と一緒にいる時とかもしょっちゅうお客様から電話が来てて「お客さんでしょ?出なよ」って言っても「こいつめんどくさいんだよね」とか言って出ない時もあった。
ある日「ねぇ、客から電話来たんだけどスピーカーにするわ」って言われてスピーカーでお客様と電話し始めた。
勿論隣には私がいる。

元風俗嬢。田舎から都内に出て風俗嬢として5年間勤務の後に在宅ライターとして活動中。風俗嬢時代はホストにもハマり出勤と出稼ぎを繰り返し、鬱病や合併症に悩む日々が続きました。アニメや漫画が大好きなオタク系元風俗嬢。自らの良い経験も嫌な経験も頑張る女の子の役に立てればと思い執筆活動中!!

 
PAGE TOP